独断と偏見の相撲ランキング

優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

千秋楽まで優勝の行方がわからないと思われた初場所だったが、 あっけない形で決着した。

14日目、首位を走る稀勢の里関が勝利し 1敗で追いかける白鵬関が敗れた事で稀勢の里関の初優勝となったのだ。

もし千秋楽で白鵬関と優勝をかけての戦いとなれば すんなりと優勝が決まらない可能性もあっただけに、 敵失という形で早々に賜杯を手にできたことは稀勢の里関にとって幸運だっただろう。

兎にも角にも、 血のにじむような厳しい稽古を行い、 何度となく近づくも、手繰り寄せることが出来なかった賜杯をようやく手にしたのだ。 稀勢の里関は今までの苦労が報われたはずだ。

1ファンとして祝福したい。 本当におめでとうございます。

稀勢の里関の優勝を受けて、さっそく審判部は横綱審議委員会の召集を打診したとのことだ。

横綱審議委員会委員長の守屋氏は 「優勝したという結果があるため、千秋楽の結果は昇進と無関係で良い」 との個人的な見解まで発表している

確かに、今場所の優勝に加えて、先場所は準優勝という結果を残しているため 2場所連続優勝かそれに準ずる成績を挙げるという 横綱昇進の条件を稀勢の里関はクリアしていることになる。

加えて昨年の年間最多勝という実績面を鑑みると 場所後の横綱昇進はまず間違い無いだろう。

今場所は、稀勢の里関の明確な綱取り場所ではなかったはずだが、 日本出身横綱が待望されている状況を考えても、 稀勢の里関が優勝した時点で「横綱稀勢の里」の誕生は既定路線だった様に思われる。

ただ、だからこそ 千秋楽の白鵬関との優勝をかけての取り組みを経ない形で、 稀勢の里関の優勝が決まってしまったのが残念でならない。

実績面では横綱昇進の条件を満たすとは言え 綱取りという重圧を制して優勝するという、今まで綱を張ってきた力士たちが成し遂げてきた横綱としての心の戦いを 稀勢の里関が、決着をつけずに横綱に昇進してしまうことに他ならないからだ。

もし、千秋楽で優勝をかけた一番で稀勢の里関が白鵬関に勝利できたのであれば 今まで勝負所で白鵬関に敗北し続けたという歴史に終止符が打つことになり、最大の重圧の中で 勝利する力を持っていることが証明されることにもなったのだ。

精神的なもろさという一番の課題を克服し、第一人者たる白鵬関と伍して戦うことができる力士であると認知されることになれば 綱を張ることに、大きな異論は出ないはずだ。

それこそ「横綱稀勢の里」の正当性を確かにできる唯一の方法であったはずだ。 稀勢の里関が綱を張るのであれば、そんな誰もが納得する形での昇進を望んでいたと思うのだが、 その機会は永遠に失われてしまった。

稀勢の里関の、初優勝をくさすつもりなどさらさらない。 また、実力、実績ともに十分であり綱を張っても問題はないはずだ。

しかし、心の戦いを明確に制した姿を見せずに綱を張ることは 横綱に上がった後、必ず影響を及ぼすはずだ。

横綱となれば、負けに対しての周囲の批判は大関時代とは比較にならない。 その時に必ずこう付け加えられる 「綱取りを明確に果たした力士ではない」 と。

今場所は、まだ1番残っている。 優勝をかけた一番ではなくなったが、第一人者白鵬関との取組であることに何ら変わりはない。

この一番に勝つことができれば、前述した「横綱稀勢の里」の正当性をいくばくか確かなものにすることができるだろう。 逆に、敗北すればこの先ずっと色眼鏡で見られることになるだろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。

>TCE00076315さん

コメントありがとうございます。


>横綱の弱い時代には正当な新横綱は生まれないということになるね。

ご指摘いただいたようには、考えてはおりませんが
正当性という部分が過激すぎたためそのように感じられたのかもしれませんね。
誤解を与える表現だとしたら、申し訳ないです。

正当性が失われたという意味は、簡単に言えば横綱昇進について相撲ファンが完全に納得できないままの昇進ということを指しています。

文中にも書きましたが、綱取りと明言されていない場所で優勝することより
綱取りと明言された状態で優勝することは重さが違うでしょうから。
それを成し遂げてから横綱に上がることが、本当に求められていることだと考えております。


ともあれ、稀勢の里関の横綱昇進はほぼ確定とのことなので、
横綱として優勝を積み上げていくことが
今回の昇進が間違っていなかったことの証明になるとも考えます。

てことは?

>優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、
>「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。

この考え方で行くと、横綱の弱い時代には正当な新横綱は生まれないということになるね。
弱い横綱が引退したら、ずーと横綱不在になるわけだ。

こんな記事も読みたい

不器用で頑固。萩原寛が追い求める「稀勢の里寛としての相撲道」は今日も続く。【黒髪のかねろの整理場所】

目の前にある試練に打ち勝ってこそ真のガチンコ横綱だ【スポーツ観戦やぶにらみ】

17.1.21 おめでとう、稀勢の里【巨人を見る】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点
技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら+3点
敢闘点:勝ちたいという強い想いが相撲に出ていたら+3点
土俵態度:だめ押し等見苦しい行為があったらマイナス点をつけます。
特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら点数をつけます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1142033

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  2. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  5. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  6. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  7. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜
  8. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  9. 横綱の意地は見せられなかった。しかし日馬富士関は理想の横綱に近づきつつある。
  10. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜前頭上位編〜

月別アーカイブ

2017
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss