<カープブログ>神様 仏様 石本様

何故、カープは意外と進取の精神があるのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

今日のカープは、終盤いつものように粘りを見せたものの、3対1で負けました。

ただ、巨人も負けるので今日もマジックは減り6。ズンズン減ってますね。 順調すぎて、CSで勝ち抜けるのか、勝手に不安がよぎったりしています。

私自身は横浜に住んでいるから、10日・11日の東京ドームで優勝決めてほしいんですが、 一方広島出身という立場で考えると、広島の地で、そして新しいスタジアムで決めて貰いたい 気持ちも強く、微妙な気持ちです。でも、やっぱり広島で優勝ですよね。

巨人はすっかり勢いなくしてきてますから、来週の中日3連戦@マツダスタジアムで 歓喜の瞬間が訪れることを祈ってます。

今日、カープの元監督マーティ・ブラウンの記事を見ました。 閲覧先は、週刊ベースボールオンラインです。

少し話それますが、私の彼に対する印象は、以下のような感じ。 ・お好み焼き食いすぎて、プクプクに太ってしまった ・嫁を広島でゲットした ・ベースを投げたりして、よく退場したが、その分熱血漢 ・選手時代も良くヘッスラしてて、熱い男だった

で、元に戻して、この記事は彼が監督になって、 何を変えたのか、そして、広島が好きだ、と語っているものです。

その中で、2006年監督就任時のことに触れています。

要は、新しいものをどんどん取り入れてくれ、カープを変えてくれと球団から言われ、 先発完投型から分業制にしたり、ブルペンで投げまくるのは辞めたり、 スポーツ心理学の本を読ませたり、いわゆるメジャー流をどんどん取り入れて来た、 というようなことが書いてありました。 他にも、私の記憶では、フィジカルトレーナーみたいなのもかなり権限移譲を図ったようです。

以前から思っていたのですが、なんでカープって意外と進取の精神があるんでしょうかね? その指示元は、カープの松田オーナーな訳ですが、そもそもなんでメジャー意識を取り入れようとか したんでしょうか?ジョールーツも外国人の監督として来ていましたし。

今年で言えば、チーム力が向上したのもあるでしょうが、新井やエルドレッドなどベテランは 積極的に休養させていますよね。野村とか6回くらいできっちり投げ終わりますし。

万年Bクラスの時代には、地元広島ではケチョンケチョンに批判・非難されていたオーナーですが、 (ホント、自分も含めて、いろんな人から広島弁でボロクソに言われてました、巷では…) こういう新しいものを取り入れる気持ちは強いんじゃないかと思うんですよね。

この進取の精神、新しい物好き(?)、メジャー流を取り入れようみたいな背景がなぜあるのか、 ご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。

ずっと分からないんですよね、この背景が。

どうぞお願いいたします。



週刊ベースボールオンラインより

”監督として契約して日本に来たとき、球団からはこれまでカープがやってこなかったことを どんどんトライしてほしいと言われたんだ。カープの野球を変えるために私が採用されたんだともね。”

(引用元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20160912-04&from=top_photo2)  ※有料制ですので、閲覧できなかったら申し訳ありません。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カープ
タグ:
新井貴浩
黒田博樹
マーティー・ブラウン
MLB
メジャー
松田オーナー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

何故、カープは意外と進取の精神があるのかな?

大変貴重な情報をありがとうございました。

そうだったんですね、マネーボールが愛読書だったんですね。
おっしゃる通り、見た目の印象とは違います(笑)

確かにカープは出塁率は12球団中1位で.347ですし、
カープの中継見ていても解説やってた前田智徳は、「カープの○○選手は、
打率は低いが出塁率は高い」などコメントしていたことを思い出しました。

球団経営の舵を切らなければいけないタイミングが契機となり、
色々と行動に移していった、ということが良く理解できました。

また、日本ハムについては今後、情報集めて勉強してみます。

どうもありがとうございました。

何故、カープは意外と進取の精神があるのかな?

もともと、若いころはアメリカに行ったこともあるようですし、「マネーボール」が愛読書。
ビスコンティの映画から座右の銘をとるなど、見た目と違って(笑)、海外に目は向いていますよ。

もっとも、球場の基本構想は、球団職員の提案に市がのっかったという流れですし、選手起用については、監督やコーチの権限です。
Tシャツなどグッズ販売で近年、成果を上げているのは甥の松田一宏氏。
そういう人をそういう場所につけて自由に行動させた、という意味では大きいですが、本人の直接の業績ではないです。
他方、カープアカデミーは先代の道楽から始まっていますが、いまだに成果らしい成果は上げられず、ずっとお荷物のままです。
また、大リーグ流といっても、日ハムのように徹底しているわけではないですし、よく言えば家族主義、悪く言えばなあなあ。
すべてがうまくいっているわけではないです。

いずれにしても、大きく変わり始めたのは、2004年ころからですから、そんなに昔ではないです。
巨人戦の中継が減って収入が激減した一方で、新球場建設機運が盛り上がるなど、賭けに出るタイミングが合致したことが、案外、大きかったのかもしれません。

ちなみに日ハムが変わるきっかけになったのは北海道移転ですし、DeNAや楽天やソフトバンクが変わったのは球団売却があったからです。
必ずしも、オーナーひとりの意向だけで変わるわけではないですね。

何故、カープは意外と進取の精神があるのかな?

ハリー様

コメントありがとうございます。

確かにお金がない、広島は移民が多い県(確かハワイにいる日本人の方は広島出身が最多なはず)だし、
意外と開拓者精神的なものがあるのかもしれませんね。私なりに思い当たった「気質」ですが。

あと、弱すぎたから、改革しやすいという雰囲気もあったのかもしれませんね。

視野を広げていただき、ありがとうございます。

何故、カープは意外と進取の精神があるのかな?

そうですね、地方なので保守的なイメージがあるかもしれませんが、意外と革新的な部分も多いですね。
新球場建設時の大リーグ的要素取り入れもしかり、ドミニカのアカデミーにしてもそうだと思います。
ただ、なぜかというと、私もよくわかりません。まあ、広島人気質の点と、カネがなかったので、それにかわる独自のものをとりいれなければ、という二点かな。

こんな記事も読みたい

9/3VS広 デイビーズが7回1失点の好投で4勝目!【雄平よ大志を抱け!】

今永昇太、7回93球無失点交代問題とブルペンの登板数問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

【巨人vs中日 第19回戦】どうしたジャイアンツ!?またも本拠地で中日に負け越し!問題点が凝縮された試合かも? 【孤独のプロ野球】

ひとやすみ【カープ一筋40年の独り言】

* オレ的MVP選考委員会も悩んでいるよ(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

今日はカープの日ではなかったけど、Mは6に。 広島 1-3 ヤクルト【二つの歓喜をもう一度!】

減り続けるマジック【きたへふ おおの かわくち つた゛】

ごめん、石原【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

ブロガープロフィール

profile-iconmokkorin

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:54941

(11月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. それぞれの4年目:鈴木誠也と前田智徳 
  2. お店での観戦、ユニフォーム
  3. 塹江選手を全力で応援したい
  4. 【初投稿】カープに関するブログ
  5. ソワソワ
  6. 何故、カープは意外と進取の精神があるのかな?
  7. ありがとうございまーすっ!

月別アーカイブ

2016
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss