スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−

走!!全日本大学駅伝!!戦国時代突入~プロローグ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

全日本大学駅伝が行われました。学生駅伝2冠目を獲得すべく かの地に降り立った東海大。ダークブルーのユニフォームは 躍動し、優勝する事が出来たのか……結果はこうなりました。

優勝:神奈川大学(20年ぶり3度目) 2位:東海大学 3位:青山学院大学 4位:駒澤大学 5位:東洋大学 6位:中央学院大学 (以上次回シード権獲得) 7位:早稲田大学 8位:帝京大学 9位:山梨学院大学 10位:法政大学 ・ ・ ・ ・

というワケで優勝は神大でした、いやぁ強かった……

伏兵と言ったら失礼かもしれませんが、よもや優勝まで かっさらうとは思いませんでした。何せ、箱根では もう今回シード権を獲得するまで何年もシード権から 遠ざかっていて、この大会にも2年ぶりに参加するという事で まだまだ、目下のライバルは青学か?と思っておりました。

その東海大の区間配置は、こういうモノでした……

1区:鬼塚 2区:塩澤 3区:館澤 4区:關 5区:中島→湊谷 6区:國行 7区:三上 8区:川端

補員

郡司 阪口 西川 松尾

唯一入れ替えがあったのが5区で、中島と湊谷が入れ替わりました。

それにより、補員は全員黄金世代の2年生のみ……

最初は「これで大丈夫か?」と思いましたが、まぁ……大丈夫でした。 正確には「上級生が大丈夫」でした。黄金世代は、まず外さない、 でも上級生には不安がある。正直、出雲で好走した三上以外は、 ちょっと不安でしたが……結果的には上級生の好走で2位に。

むしろ鬼塚、關が本来の力を出し切れずに、苦戦する事になります。

それを救ったのが上級生の好走で、特に川端や湊谷といった 「黄金世代」が入ってくるまでのエース格が、実力を出し切りましたね。 そして國行にしてもしっかりと走れて、これなら箱根本戦でも使えるだろう という安定感を魅せました。結果的に最終区で川端が神大のエース・鈴木に 競り負けた形となり、準優勝でしたが、後々に繋がるレースだったと思います。

この駅伝では神大が優勝し、戦国駅伝の様相を、いよいよ呈してきました。 全8区間の区間賞も、東海大を含め、全て違う大学の選手が獲りました。

もう2強ではありません。箱根でどこが優勝するのか、サッパリ読めません。

これは東海大とて安泰ではない、という事の証明です。観る側としては 面白くなってきた!!でもあり、簡単には勝てないな……であり、複雑ですが……

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
箱根駅伝(駅伝)
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

上尾ハーフマラソン見どころ紹介(2017年11月19日)【日本大学駅伝部を応援しています!】

日体大記録会5000m、世田谷246ハーフマラソン(2017年11月12日)結果【日本大学駅伝部を応援しています!】

第94回箱根駅伝の戦い方~神奈川大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝の戦い方~順天堂大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝の戦い方~早稲田大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

首都大学東京ラグビー部2017-36【Dream Rider  西山淳哉】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対早大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

第94回箱根駅伝の戦い方~東洋大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconmodoki

スポーツをのほほんと愛する人間がお送りする、のほほんとしたブログ。
ちなみに好きなスポーツチームはJ清水と楽天イーグルスです。

選手やチーム等の誹謗中傷はNGです。
愛のある批判なら多少OKですけどね。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3183844

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 赤っ恥!!J1順位予想&結果
  2. コンフェデ終了、東アジア選手権以降が楽しみ。
  3. 戦え!!イラン戦&シリア戦、メンバー発表!!
  4. 日本人・李忠成
  5. これだけいるぞ!!予備登録メンバー更に追加!!
  6. ストーブリーグで暖まろう2017~ねぇ、楽天だよ~
  7. 発表。野球日本代表。
  8. ストーブリーグで暖まろう2016~新加入と退団~
  9. ヤングなでしこの裏で……
  10. 新戦力を試した試合

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss