『サッカー不毛の地』から『隠れたサッカー大国』へ

mls_sum

メジャーリーグサッカー(MLS)は1996年にアメリカで開幕したプロサッカーリーグ。MLSは、スポーツビジネスが盛んなアメリカらしくサッカー専門のマーケティング会社としてサッカー・ユナイテッド・マーケティング(SUM)を設立しまし もっと見る
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:818307
  • (10月19日現在)

最新の記事

サッカーアメリカ五輪代表ドキュメンタリー

メジャーリーグサッカー(MLS)から五輪代表に召集されている若手選手にスポットライトを当てたドキュメンタリービデオ集をご紹介したいと考えました。 日本と同組に入り、今から個人的にもとても楽しみにしております。 「DREAMING OF BEIJING」 ...続きを読む»

ブランコvクラウディオ・ロペス

今期のメジャーリーグサッカー(MLS)は、新加入した多くの名の知れた選手たちのおかげで面白い対決が増えました。 先日行われました、バロシュケロット率いるコロンバス・クルー対ガジャルド率いるDCユナイテッドの対戦のように、この両選手はアルゼンチンでも、ライバルチーム同士である、ボカジュニアーズと、リバープレートにて対戦をしています。 今節行われたシカゴ・ファイヤ対カンザスシティ・ウィザーズ......続きを読む»

MLSコミッショナーBlog開始

メジャーリーグサッカー(MLS)のコミッショナー、ドン・ガーバー氏が公式ブログを開設しました。 2週間に一度、金曜日に更新される予定で、MLSについて、あるいはファンからの問い合わせなどに答えるものとなる予定であります。 記念すべき第一回は、アメリカ合衆国における移民の移り変わり、そしてそれに伴うサッカー人気の上昇、多くいる競技人口のファンへの転換の重要性、そしてITの急速な発展とその重......続きを読む»

トロントFCに復活!

メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCに、ホンジュラス代表のアマド・ゲバラが移籍してきた。 2003年に初めてMLSへ移籍し、当時メトロスターズ(現:NYレッドブルズ)でプレー、翌年、2004年にリーグMVPを獲得。2007年シーズン開幕前に、古巣モタグア(ホンジュラス)に復帰をしたものの、今回再びMLSへ舞い戻ってきた。 ホンジュラス代表でも主将を務め、代表キャップ数は105で......続きを読む»

MLS新加入チーム、シアトルのチーム名発表

2009年シーズンからメジャーリーグサッカー(MLS)に新加入をすることが決定しているシアトルをフランチャイズにするチームの名前が発表された。 『シアトル・サウンダーズFC』 シアトルはサッカーの歴史も深く、もともとMLSの下部に位置する独立リーグの、ユナイテッド・サッカー・リーグ(USL)にシアトル・サウンダーズが参戦しており、地元ファンに愛されてきた。 かつては木下桂選手も所属......続きを読む»

LAギャラクシー爆勝!

開幕戦を0-4で落とし、昨季の不本意なシーズンを今年も払拭出来ないのか、と周囲が不安視する中、主役二人が試合を決めた。 今年よりシーズンに新加入をしたサンノゼ・アースクエイクスを本拠地のロサンゼルスに迎えての試合。かつてのカリフォルニア・クラシコの復活、そしてサンノゼの監督は、昨季までギャラクシーを指揮していたフランク・ヤロップ氏、ドノバンもかつてはサンノゼの顔であったなど、さまざまな因縁が詰......続きを読む»

MLS今年のオールスターの相手は・・・

毎年オールスターは東西対決ではなく、リーグのオールスター対海外のクラブチームという企画であるメジャーリーグサッカー(MLS)が今年のオールスターの対戦相手、会場そして日時を発表した。 今年の対戦相手は、イングランドのプレミアシップリーグのウェストハム・ユナイテッドとなり、会場はトロントFCの本拠地である、BMOフィールドとなった。日時は7月24日(東部時間午後7時)。 この海外クラブチー......続きを読む»

MLS13シーズン目開幕

メジャーリーグサッカー(MLS)の13シーズン目が開幕しました。 開幕戦から番狂わせや綺麗なゴール、そして予想を超える大観衆が押し寄せ、MLSの盛り上がりが感じられるものでした。 早速クラウディオ・ロペスがデビューゴールを決めるなど、今週の「週間ゴール」を決めるオンライン投票でハイライトもどうぞ! ハイライトと投票はこちら。 ...続きを読む»

Football. Futbol. Soccer. MLS.

メジャーリーグサッカー(MLS)13シーズン目が開幕しました。 本日は先ずは今シーズンMLSが立ち上げた新キャンペーンのご紹介です! 【プロモビデオ】 「Football. Futbol. Soccer」 ...続きを読む»

レフティモンスター、太平洋を渡る

元日本代表の平野孝選手がこの度、アメリカにある独立リーグで、何度かこのBlogにて紹介させていただいておりますUnited Soccer League(USL)のバンクーバー・ホワイトキャップスに移籍をした。 メジャーリーグサッカー(MLS)とは直結はしていないものの、MLSの下部リーグと言う位置づけにある独立リーグであり、過去に何人もの日本人選手が移籍をしてきた。 これにより平野選手は......続きを読む»

クラウディオ・ロペスMLS入り

元アルゼンチン代表のクラウディオ・ロペスがカンザスシティ・ウィザーズに入団することを発表した。 アメリカ代表で、ウィザーズの大黒柱であったエディ・ジョンソンがプレミアシップのフラムに移籍をしたことにより空いた穴を埋める形となった。 ウィザーズはこれで3人目のアルゼンチン選手となり、同時にMLS自身アルゼンチンからのスター選手が増えてきている。例としてはDCユナイテッドが契約をした、元アル......続きを読む»

ありがとうハワイ

ありがとうハワイ!感謝ビデオ。 今大会中の動画や写真集です。 ...続きを読む»

感謝

NYに戻ってきました。 パンパシのためにハワイ入りをして実に1ヶ月と9日間の出張。 夢が現実に。 <イベント中の写真類> 日記に記せないほど色々な感情が絡み合い、今は心の中で整理をすることしかできません。 一つだけ不動な感情は「感謝」です。 今は関係者皆様にただ、ただ感謝しております。 もう少し気持ちが落ち着いたらパンパシのことは書こうと......続きを読む»

LAギャラクシープロモビデオ

いよいよパンパシフィックチャンピオンシップが迫ってきましたが、そんな中、本大会に出場をするロサンゼルス・ギャラクシーのプロモビデオです。 少しでも雰囲気が伝わればと思って掲載します。 【プロモビデオ】 ...続きを読む»

パンパシへ本気のギャラクシー

日米豪間で環太平洋地域王者を決する「パンパシフィックチャンピオンシップ」に向けて、各チームが準備を始めようとする中、ロサンゼルス・ギャラクシーも例外ではない。 ルート・フリット氏を監督に迎え、デビッド・ベッカム、そして先日のアメリカ代表の試合にて、歴代代表ゴール記録数でトップに躍り出た、弱冠25歳アメリカサッカー界の至宝、ランドン・ドノバンと役者が揃う。 GMのアレクシー・ララス氏も「我......続きを読む»

MLS、日本進出

メジャーリーグサッカー(MLS)はこの度、MLS史上初めて、日本に最初の一歩を踏み出したことを発表した。 東京に本社を持ち、LA、NYにオフィスを展開するMLJ社とMLSは、MLS公式サイトを携帯電話上にて日本語で開設することに合意した。 MLS社長マークアボット氏も「昨年Youtube社とも提携をしたように、今回の契約も、我々がどれほどMLSが自分たちのニューメディア戦略を現在改革して......続きを読む»

シカゴ・ファイヤ:「ベスト・バイ」

メジャーリーグサッカー(MLS)、シカゴ・ファイヤが2008年度シーズンの胸広告に、大手電器製品量販店の「Best Buy」が掲出されることになった。 両社間で、複数年に渡る億単位の契約が合意された。 世界中のスポーツビジネスでは、当たり前であるユニホームなどへの広告掲出だが、アメリカスポーツ界では、タブーとされている。それを昨季MLSは解禁することに踏み切った。 これにより、ML......続きを読む»

LAギャラクシー、MLSスターを獲得

メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは、この度、FCダラスより、カルロス・ルイス選手を獲得した。 カルロス・ルイスは2002年、元々はギャラクシーに入団し、その年にいきなり26試合に出場し、24得点を叩き出し得点王、及びMVPに輝いた。翌年も同様に得点王に輝くものの、アメリカ代表のランドン・ドノバンの加入により、FCダラスに移籍した。 MLSでは通算で140試合に......続きを読む»

週刊パンパシ開始

2月20日と23日にホノルルにて開催されるPan-Pacific Championshipの公式サイトにて、「週刊パンパシ」が開始された。 参加チームの近況情報や大会に関連する情報が更新される。 また「海外トピックス」ではアメリカ国内及び世界にてどのようにPPC、あるいはPPC出場チーム関連情報が報道されているかも一目で解るように毎日各記事がピックアップされている。 【PPC公式サ......続きを読む»

MLSスーパードラフト間近!

メジャーリーグサッカー(MLS)に新入団する選手たちはドラフトを経る。このドラフトの前に、ドラフト候補生たちを一同に集めて関係者の前で最終チェックを行う「MLSコンバイン」がフロリダで行われた。 ロサンゼルス・ギャラクシーの新監督となったルート・フリット氏なども熱心に目前で繰り広げられる若手選手たちのプレーに熱視線を送った。 このコンバインには、大学サッカー、MLSなどの監督やコーチの推......続きを読む»

元メキシコ代表・ダビーノ、FCダラス入り

メジャーリーグサッカー(MLS)のFCダラスが、元メキシコ代表DFのドゥィリオ・ダビーノと2年契約をしたことを発表した。 昨季DF陣の中心選手であった、クラレンス・グッドソンをサンノゼ・アースクエイクスに獲得された後の補強として今回の移籍が成立した。 クラブ・アメリカでは通算323試合出場し、11ゴールを挙げている。代表キャップ数は84。 年齢からピークは過ぎているのではないか、と......続きを読む»

MLS注目の五輪代表(2)

前回ご紹介した北京五輪アメリカ代表の素顔に迫るドキュメンタリーの第3話でございます。 メジャーリーグサッカー(MLS)のトレーニング風景や、選手たちの五輪へのこだわりをご覧下さい。 【第三話】 ...続きを読む»

NYレッドブルズ11人目の監督を発表

13年間のチームの歴史の中で、メジャーリーグサッカー(MLS)ニューヨーク・レッドブルズは11代目となる新監督を発表した。 今季途中から不調なスタートを切ったMLSのシカゴ・ファイヤ監督を務め、プレーオフ東地区決勝まで導いたファン・カルロス・オソリオ氏である。 ファイヤの前は、コロンビアリーグ、ミジョナリオス監督、プレミアシップ、マンチェスターシティの助監督などを務めてきた。 NY......続きを読む»

MLS注目の五輪代表

メジャーリーグサッカー(MLS)にて、所属チームで主力として活躍をしており、アメリカ五輪代表として名を連ねる4名の選手を取り上げるプロモーションビデオを公式サイト上で発表。 是非ご覧ください。 1)サシャ・クリスタン(チバスUSA) 2)スチュアート・ホルデン(ヒューストン・ダイナモ) 3)マウリス・エデュ(トロントFC) 4)アルトゥーロ・アルバレス(FCダラス) アメリカ......続きを読む»

Pan-Pacific Chamionshipチケット販売開始

新興リーグが集う、環太平洋地域の王者を決するパンパシフィックチャンピオンシップのチケットが18日(火・現地時間)より販売させることが発表された。 開催初年度は、Jリーグよりヤマザキ・ナビスコカップ王者のガンバ大阪、メジャーリーグ王者のヒューストンダイナモ、スーパーリーガ準優勝のロサンゼルス・ギャラクシー、そしてまだリーグ戦中であるAリーグ代表が参加をすることになっている。 【以下プレスリ......続きを読む»

デニウソン解雇か

メジャーリーグサッカー(MLS)、FCダラスのデニウソン選手が解雇になる可能性が高くなった。 今季途中に特別指定選手枠で獲得されたデニウソンだが、8試合に出場し、PKによる1ゴールのみに終始。 減棒も含んだ交渉中であるが、今季限りでFCダラスを去る可能性が高くなってきた。 ...続きを読む»

MLS2007年度トップ10ゴール発表

メジャーリーグサッカー(MLS)の2007年度シーズントップ10ゴールが発表されました。 【トップ10ゴール集】 ...続きを読む»

Pan-Pacific Championship '08

29日(現地時間)ホノルル市内にあるヒルトン・ハワイアン・ビレッジにて、サッカーユナイテッドマーケティング社(SUM)主催で、環太平洋地域にまたがる新規大会を発表する記者会見が行われた。 【公式本番サイト】 プロモビデオや、組み合わせ、チーム紹介、インタビュー、その他。 主な出席者は: ・SUM:ネルソン・ロドリゲス、シニア・バイスプレジデント ・Jリーグ:鬼武健二、チェアマン ......続きを読む»

日米豪、新規大会立ち上げへ

今から3年前、ただの夢でした。 でも、その夢を捨てずに持ち続けてきました。 隙があればあちこちでプレゼンしました。 色々な方々からの励ましや、ご支援、時にはお叱り、ある時は冷笑も・・・。 でもここまで引っ張ってきました。 何を言われても意地でここまで引っ張ってきました。 もうだめかぁ。。。と絶望の淵まで落とされてもしつこく粘りました。僕の手から剥ぎ取られそうになっ......続きを読む»

MLS'07年度ベスト11発表

2007年度メジャーリーグサッカーのベスト11が以下の通り発表された(動画をそれぞれお楽しみ下さい): GK: ・ブラッド・グザン(チバスUSA)-'07MLS最優秀GK、アメリカ代表 DF: ・マイケル・パークハースト(NEレボリューション)-'07MLS最優秀DF、アメリカ代表(アイルランド代表候補) ・エディ・ロビンソン(HOUダイナモ) ・ジョナサン・ボーンスティン(チバ......続きを読む»

1 2 3 4 5 6 8 10 11 12

このブログの記事ランキング

  1. MLS史上最大数のアジア人選手たち!
  2. ベッカムとMLSサッカービジネス総括
  3. 更に豪華移籍続々MLS
  4. ベッカムの去就
  5. 遂に!ニューヨークの新サッカー専用スタジアム
  6. 山田卓也リーグ優勝&リーグベスト11
  7. NYレッドブルズ、豪華な補強を敢行
  8. アメリカで活躍する日本人選手たち皆始動!
  9. MLSのFIFAへの挑戦
  10. MLSオールスターはチェルシーと対戦!

このブログを検索

月別アーカイブ

2013
05
02
01
2012
11
08
06
04
03
2011
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss