『サッカー不毛の地』から『隠れたサッカー大国』へ

D.C. United

MLS新人王は弱冠17歳

メジャーリーグサッカー(MLS)の2010年度新人王は、弱冠17歳、DCユナイテッド所属のアンディ・ナハール選手に決定しました。 13歳のときにホンジュラスから移住をしてきたナハールは、DCユナイテッドのアカデミーに入り、数々の賞を獲得。 今年に入りDCユナイテッド2人目となるアカデミー出身としてのトップ契約を交わし、170センチと小柄ながら快速ウィングとして26試合に出場し、5......続きを読む»

MLS初の豪州プレーヤー

メジャーリーグサッカー(MLS)のDCユナイテッドが、カタールリーグのアル・ラヤンから、ダニー・アルソップ選手を獲得したことを発表しました。 豪州代表経験のあるダニーは、マンチェスターシティなどでプレー経験もあり、ストライカーを探していたDCユナイテッドの目に留まり、今回の契約に至りました。 DCユナイテッドGMのデーブ・キャスパー氏は、「MLS初の豪州プレーヤーだが、即戦力ストライカー......続きを読む»

VolkswagenとDCユナイテッド

何度もこのBLOGでご紹介させていただいておりますが、メジャーリーグサッカー(MLS)は、アメリカスポーツ界では珍しいユニホーム広告を昨季解禁しました。 ここまで以下の通り8チームが胸広告を決めてきた中、各チーム安売りはしない慎重な姿勢で吟味をしております。 ・ロサンゼルス・ギャラクシー:ハーバ・ライフ(健康食品) ・チーバスUSA:コメックス(塗料) ・ヒューストン・ダイナモ:アミ......続きを読む»

MLS07年度MVP発表

メジャーリーグサッカー(MLS)2007年度MVPにDCユナイテッドのルキアノ・エミリオ選手が選出された。 移籍1年目にして、最終選考に残った、NYレッドブルズのパブロ・アンヘル、シカゴ・ファイヤのクワテモク・ブランコを差し置いてのMVP受賞となった。 今季は得点王となる20ゴールも記録した。DCユナイテッドもエミリオ選手を獲得するまで3年間彼のことを観察してきた。その中で、この選手は確......続きを読む»

2007MLS得点王は?

レギュラーシーズンを終え、プレーオフに突入をするメジャーリーグサッカー(MLS)、プレーオフの良い点、悪い点共に前回の日記で簡単に説明しましたが、この度、2007年シーズンレギュラーシーズンの得点王がDCユナイテッドのルキアノ・エミリオに決定した。 ブラジル人のエミリオは今シーズン、ホンジュラスのCDオリンピアより新加入し、20得点挙げた。得点王ランキング2位となる、NYレッドブルズのエースで......続きを読む»

DCユナイテッド、レギュラーシーズン王者に

メジャーリーグサッカー(MLS)はプレーオフ制度を敷いている。 合計で13チームのMLSでは、1部リーグと2部リーグに分けることは難しい。それ故、入れ替え戦が存在しない。しかし、一方で無理にチーム数を増やすことで、リーグの質の低下は避けたいと言うジレンマもある。 このような状況下で、もしある特定のチームがシーズンの早い段階で優勝戦線から離脱した場合、入れ替え戦がないために、選手のモチベー......続きを読む»

モレノ、歴代MLSゴール数トップに

DCユナイテッドのエースであり、ボリビア代表のハイミー・モレノが、メジャーリーグサッカー歴代ゴール数1位となる109ゴール目を挙げた。 ...続きを読む»

DCユナイテッド買収

米メジャーリーグサッカー(MLS)の、DCユナイテッドが、投資家グループに$33百万で、買収されたことを発表した。 この投資家グループのリーダーで、不動産事業を全米でも有数に手広く運営する、ビクター・マクファーレン氏はMLS初のアフリカン・アメリカン投資家となり、ここまでMLS、そしてアメリカにおけるサッカーがあまり普及しきれていなかったアフリカン・アメリカングループへの象徴となる可能性を秘め......続きを読む»

MLS最優秀DF賞

メジャーリーグサッカー(MLS)が今シーズンの最優秀DF賞、カムバック賞、そして最優秀審判賞をそれぞれ発表した。 最優秀DF賞には、DCユナイテッドの大型ストッパー、ボビー・ボスウェルが選出された。プレミアシップリーグのブラックバーン・ローバーズに移籍をしてしまった2004年度MLSベストイレブンに選出されたDCユナイテッド主将のライアン・ネルセンの抜けた穴を埋めるべく、2005年にドラフト外......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmls_sum

メジャーリーグサッカー(MLS)は1996年にアメリカで開幕したプロサッカーリーグ。MLSは、スポーツビジネスが盛んなアメリカらしくサッカー専門のマーケティング会社としてサッカー・ユナイテッド・マーケティング(SUM)を設立しました。この両者は、近年のアメリカサッカー成長のシンボル的な存在である。当ブログではそのMLS/SUM国際部、そしてスペインリーグFCバルセロナ国際部を経てLeadOff Sports MarketingのGeneral Managerに就任した中村武彦が、「サッカー不毛の地」と称されてきたアメリカにおける「隠れたサッカー大国」をニューヨークから発信していきます。(http://www.leadoffsportsmarketing.com)
  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:817084

(04月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. MLS史上最大数のアジア人選手たち!
  2. ベッカムとMLSサッカービジネス総括
  3. 更に豪華移籍続々MLS
  4. ベッカムの去就
  5. 遂に!ニューヨークの新サッカー専用スタジアム
  6. 山田卓也リーグ優勝&リーグベスト11
  7. NYレッドブルズ、豪華な補強を敢行
  8. アメリカで活躍する日本人選手たち皆始動!
  9. MLSのFIFAへの挑戦
  10. MLSオールスターはチェルシーと対戦!

月別アーカイブ

2013
05
02
01
2012
11
08
06
04
03
2011
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss