『サッカー不毛の地』から『隠れたサッカー大国』へ

その他

山田卓也リーグ優勝&リーグベスト11

元日本代表の山田卓也選手の所属するタンパベイ・ラウディズが、北米リーグ(NASL)のリーグで初優勝を飾りました。また、レギュラーシーズン全試合に出場をし、ディフェンダーながら3ゴールを挙げ、チームを牽引した功績が認められ、リーグベスト11にも選出。 2010年よりラウディズでプレーをし続ける唯一の選手として、クラブそしてリーグを代表する選手となる活躍を収めました。 ...続きを読む»

アメリカで活躍する日本人選手たち皆始動!

前回は、Major League Soccer(MLS)の開幕、そして田中輝和選手のデビューなどについて書かせてもらいましたが、MLSの下部に位置する独立リーグ二つ(USL PROと、North American Soccer League)も開幕しました。 この独立リーグたちには、今季6名もの日本人選手たちがプレーをしております。この6名中、元日本代表の山田卓也選手と、吉武剛選手が所属するタ......続きを読む»

NYコスモス、スコールズの引退試合相手

マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ選手の引退試合の相手として、何とチームもスタジアムも持たない、幻のチームニューヨーク・コスモスが発表されました。 1984年に潰れた北米リーグの超人気クラブであったコスモスのスター選手ペレ氏が現在は、同ブランドの名誉会長を務め、元フランス代表のエリック・カントナ氏が、強化部長を務めるものの、チームはおろか所属選手すら存在しません。 ......続きを読む»

北米リーグ開幕!

北米独立リーグが無事に全米各地で開幕し、日本人の活躍が目だった開幕戦となりました。 今季より移籍を果たした廣山望選手率いるリッチモンド・キッカーズは、リーグの顔的存在となった原田慎太郎選手のピッツバーグ・リバーハウンズを2-1で撃破。 また、今季よりFCタンパベイでチームメートとしてプレーをする山田卓也選手と、吉武剛選手は、来季よりMLS入りをするモントリオール・インパクトを山田......続きを読む»

2011年、北米の日本人選手出揃う

2011年度、北米にてプレーをする日本人選手が全員、クラブと以下のとおり合流しました。 今年は、昨年の9名から7名へと減少をしたものの、それでも日本人対決など、楽しみなシーズンになるものと思われます。 ・原田慎太郎:ピッツバーグ・リバーハウンズ(ユナイテッド・サッカーリーグ) ・廣山望:リッチモンド・キッカーズ(ユナイテッド・サッカーリーグ) ・松下幸平:アトランタ・......続きを読む»

カントナ、コスモスの強化部長に就任

北米リーグ時代のNYコスモスがメジャーリーグサッカー(MLS)入りを目指して活動を再開したことは以前にも本ブログでご紹介させていただきましたが、この度、元フランス代表のエリック・カントナ氏を強化部長として迎えたことが発表されました。 MLS自身、2013年に20チーム目としてNYにクラブ設立を目指していることを公にしており、それに向けて各種団体が水面下で動いております。その中の有力な団......続きを読む»

日本人選手・米国組シーズン終了!

メジャーリーグサッカー(MLS)の下部に位置する、独立リーグUSSF Division 2リーグと、United Soccer League 2)の、2010年度の全日程が無事に終了しました。今季、米国に挑戦をした日本人選手総数は8名。そして米国経由で、トリニダード&トバゴに1名。以下に、それぞれの成績を書かせていただきます。皆さん、本当にお疲れ様でした! ■原田慎太郎(USL2、ピッ......続きを読む»

原田慎太郎、最優秀DF賞+4年連続ベスト11

アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)の下部に位置する独立リーグ、ユナイテッドサッカーリーグ2の、ピッツバーグ・リバーハウンズに所属する原田慎太郎選手が、アメリカに移籍して以来、4年連続となるベスト11に選出されました。 また、昨季は最終選考にまで残りながら獲得を逃した最優秀DF賞を今年は見事に獲得しました。 今年はまた、リーグ最優秀選手賞(MVP)の最終候補3名にもノミネー......続きを読む»

星出悠、CONCACAF CLで豪快ゴール

トリニダード・トバゴの名門、ジョー・パブリックFCに初めての日本人プレーヤーとして所属する星出悠選手が、北中米カリブ海地域(CONCACAF)チャンピオンズリーグ予選で、メキシコリーグのサントスと対戦。 試合は残念ながら2-5で敗れるものの、10番を背負う星出選手は豪快なミドルシュートを突き刺しました。 CONCACAFチャンピオンズリーグに出場をする初めての日本人選手にも星出選......続きを読む»

山田卓也、日本人として初めてキャプテンマークを

メジャーリーグサッカー(MLS)の下部に位置する独立リーグUSSF Division 2の、タンパベイ・ラウディズにて今季からプレーをする山田卓也選手が、アメリカにおいて日本人として初めて、キャプテンマークを巻いてチームを牽引することになりました。 【独立リーグで活躍する日本人たち】 ...続きを読む»

W杯の新星は?アンケート、本田リード

メジャーリーグサッカー(MLS)公式サイト上にて「今ワールドカップで生まれる新星は誰?」と言うアンケートに日本代表の本田選手がノミネートされており、本ブログ投稿時点で38%の得票で一位です。 その他、ノミネートされた選手: ■ドイツ代表:メスート・オジル ■ニュージーランド代表:ウィンストン・リード ■チリ代表:アレクシス・サンチェス ■南アフリカ代表:シフィウェ・チャバラ......続きを読む»

日本快勝にアメリカでは?

日本代表の快勝にアメリカでも賛辞、賛辞です。 メジャーリーグサッカー(MLS)公式サイトは、「Rising Sons」とSunとSonを文字っての見出しで、トップページで、「デンマークを軽くかわした」と報道。 最大手「ウォールストリートジャーナル」の公式ブログでは、「クリスティアーノ・ロナウド風FKと、デビッド・ベッカム風FKで快勝。日本と対戦する際にはセットプレーを与えるな!」......続きを読む»

日本人対決開幕 in U.S.A.

アメリカの独立サッカーリーグ、USSF Div2(仮称)が開幕をし、開幕戦から日本人対決が実現しました。 吉武剛・西村卓朗が所属するクリスタルパレス・ボルチモアと、山田卓也が所属するタンパベイ・ラウディズが開幕で激突。右サイドDFと右サイドMFの西村、吉武コンビが右サイドから攻撃を仕掛け、山田がボランチとして迎え撃つ中、1-0でタンパベイが勝利しました。 また、このボルチモアに昨......続きを読む»

アメリカでのサッカービジネス

「サッカー不毛の地」と言われ続けてきたアメリカ。 しかし、移民の流入により、彼ら一世から、二世、三世と定着し始めてきたアメリカでは、その様相も大きく変わってきました。 先ず、元々論として、「アメリカ人の定義」から入らないといけないと思います。アメリカ人と言うと今までは、所謂、金髪、青い目、白人をイメージすると思いますが、アメリカ人と括るとき、様々な人種が入り混じっており、彼ら・彼女らを全......続きを読む»

吉武剛・西村卓朗ボルチモア入り

メジャーリーグサッカー(MLS)下部に位置する独立リーグ、USSFディビジョン2のクリスタルパレス・ボルチモアに吉武剛選手と、西村卓朗選手の入団が正式に公式サイト上で発表されました。 クリスタルパレスは、原田慎太郎選手が2007年より、プレーをしてきたクラブで、これにより、今季このリーグでは日本人6名が対戦することとなります。 (写真:クリスタルパレスボルチモア公式サイトより......続きを読む»

米女子プロリーグ、LAソル活動停止

昨年開幕をした米国の女子プロリーグ(WPS)は、ロサンゼルスを本拠地とするロサンゼルス・ソルの活動停止を発表しました。 メジャーリーグサッカー(MLS)のLAギャラクシーをも保有するAEG社がソルの活動権をリーグに返還したことを受け、WPSは代替のオーナー候補と交渉を続けた結果、合意に至らず、この度ソルの活動停止と言う残念な結果となりました。 ソルには、日本代表の宮間あや選手をはじめ、米......続きを読む»

山田卓也アメリカへ

元日本代表の山田卓也選手が、メジャーリーグサッカー(MLS)下部に位置する独立リーグ、USSFディビジョン2(*)に新規加入するタンパベイ・ラウディズに入団することが発表されました。 公式サイト上でも「日本を代表する中盤」と表示され、オーナーのアンドリュー・ネスター氏は「彼を獲得することが出来て有頂天だ。彼はクラブに深み、リーダーシップ、そしてパッションを持ってきてくれる、チームのアイコンとな......続きを読む»

吉武剛移籍

メジャーリーグサッカー(MLS)下部に位置する独立リーグについて先日本BLOGで紹介致しましたが、その中で、チャールストン・バッテリーでプレーをしていた吉武剛選手が、クリスタルパレスUSAに移籍することになりました。 昨季、バッテリーで新人王を獲得したり、チーム内2位のゴール数を上げ、週間ベスト11にも5回選出されたことが評価され、MLSも含む複数のクラブから打診があった中で、ボルチモアへの移......続きを読む»

アメリカ下部リーグ新体制に

本ブログで何度か、日本人選手が活躍していることで、紹介して参りましたが、メジャーリーグサッカー(MLS)の下部に位置する独立リーグのユナイテッドサッカーリーグ(USL)と言うリーグが存在します。 このUSLより、昨季終了後より、何チームかがUSLの方針に沿わないということで、分離し、新たな独立リーグを新たに立ち上げる動きが始まりました。 この新リーグは、かつてペレ選手などがNYコスモスで......続きを読む»

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 旧年中はご愛読、誠にありがとうございました。 MLSからの転職もあり、一アメリカサッカーファンとしての更新に昨年から変わりましたが、本年も変わらぬご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。 今年最初の記事は、やはりMLSの名門、DCユナイテッドが新監督を発表したことにしたいと思います。 ここ2年間、DCユナイテッドは、MLSカップ王者、プレー......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconmls_sum

メジャーリーグサッカー(MLS)は1996年にアメリカで開幕したプロサッカーリーグ。MLSは、スポーツビジネスが盛んなアメリカらしくサッカー専門のマーケティング会社としてサッカー・ユナイテッド・マーケティング(SUM)を設立しました。この両者は、近年のアメリカサッカー成長のシンボル的な存在である。当ブログではそのMLS/SUM国際部、そしてスペインリーグFCバルセロナ国際部を経てLeadOff Sports MarketingのGeneral Managerに就任した中村武彦が、「サッカー不毛の地」と称されてきたアメリカにおける「隠れたサッカー大国」をニューヨークから発信していきます。(http://www.leadoffsportsmarketing.com)
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:817961

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. MLS史上最大数のアジア人選手たち!
  2. ベッカムとMLSサッカービジネス総括
  3. 更に豪華移籍続々MLS
  4. ベッカムの去就
  5. 遂に!ニューヨークの新サッカー専用スタジアム
  6. 山田卓也リーグ優勝&リーグベスト11
  7. NYレッドブルズ、豪華な補強を敢行
  8. アメリカで活躍する日本人選手たち皆始動!
  9. MLSのFIFAへの挑戦
  10. MLSオールスターはチェルシーと対戦!

月別アーカイブ

2013
05
02
01
2012
11
08
06
04
03
2011
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss