『サッカー不毛の地』から『隠れたサッカー大国』へ

アメリカ代表

アメリカ代表監督にクリンスマン!

長らく噂されてきた、ユルゲン・クリンスマン氏のアメリカ代表監督就任が発表されました。 FIFAワールドカップ南アフリカ大会で快挙を果たしたボブ・ブラッドリー監督は5年間の任期でしたが、その後任としてクリンスマン氏が正式にその座に就任しました。 これでアメリカ代表は1995年のボラ・ミルチノビッチ監督以来となるアメリカ生まれではない外国人監督を迎えることとなりました。 クリン......続きを読む»

米代表・デンプシー、フラム歴代得点王に

米代表のクリント・デンプシーが、英プレミアシップリーグ、フラムにて記録を次々と塗り替えました。 先日、アメリカ人としてプレミアシップにおけるシーズン最多得点記録を更新したばかりでしたが、それだけに留まらず、フラム在籍中通算33ゴール目をあげ、クラブの歴代最多得点記録も塗り替えました。 ...続きを読む»

米代表、17歳決勝弾デビュー

先日開催されましたワールドカップ後、アメリカ代表が再び、南アフリカに、南アフリカ代表との親善試合「ネルソン・マンデラチャレンジ杯」のために赴き、1-0で勝利を収めました。 アメリカ代表は、ワールドカップメンバーをほとんど含まない、テストとしてほぼMLS組で遠征。MLS新人王候補のルーキーセンターバックのティム・リーム選手や、弱冠17歳でNYレッドブルズでデビューしたてのストライカー、フ......続きを読む»

アメリカ代表、ブラジル戦メンバー発表

8月10日(現地時間)新ジャイアンツスタジアム(メドーランド・スタジアム)にてブラジル代表を招いて行われるアメリカ代表のメンバー18名が発表されました。 18名中、14名は南アフリカで開催されたワールドカップメンバーであります。 チームを率いるのもボブ・ブラッドリー監督で、「大会中、我々をサポートしてくれたファンたちへのチームのお披露目、そして感謝を示す絶好のイベントになる」と、......続きを読む»

2010南アW杯、アメリカ国内で歴史的な盛り上がりを記録

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会を終えましたが、今回のアメリカ国内における盛り上がりは、歴史的に見ても最高位に入るものであったと言われております。 ■イングランド代表とアメリカ代表が対戦をした開幕戦は、視聴者総数1千7百10万人もの数となり、NBAファイナルズの最初の4戦どれよりも高い視聴者数を記録しました。また、ベスト16のガーナ戦は、1千9百40万人を記録。これはNBA......続きを読む»

本当に強い

説明の必要もないと思います。 ここまで全試合、底力と、「常に前に」と言う諦めないサッカーでここまで結果を出してきたアメリカ代表。 本当に強いです。 弱冠28歳にして3度目のW杯。真のリーダーとしてアメリカ代表を牽引するランドン・ドノバン。 ベスト16でドイツを回避し、ガーナと。勝てばウルグアイか韓国。 ひょっとするとベスト4が。 【劇的な決勝ゴールシーン】......続きを読む»

イングランドに引き分け!

アメリカ代表はイングランド代表GKグリーンのアンラッキーな守備に助けられ1-1と言う貴重な引き分けを得ました。 今回のW杯の放映権にESPNとUNIVISIONは併せて425億円を投入し獲得。4年前、この権利は40億円でありました(当時メジャーリーグサッカー(MLS)のマーケティング会社サッカーユナイテッドマーケティング社(SUM)が権利を獲得)。 この試合は、ESPNにとって最......続きを読む»

脅威のアメリカ代表U20事実

アメリカは人種の坩堝故、多国籍なことで知られています。 それ故、二重国籍で、アメリカ代表よりもイタリア代表を選んだジュゼッペ・ロッシや、セルビア代表を選んだネベン・スボビッチなどの話題はさほど新鮮ではありません。 しかし、この逆の事実はあまり知られていません。 メジャーリーグサッカー(MLS)公式サイト上での、アメリカ代表U20監督、トーマス・ロンゲンのインタビュー内で、「......続きを読む»

豪華アメリカ代表30名発表

アメリカ代表、ボブ・ブラッドリー監督がワールドカップ予備選考30名を発表しました。 コンフエデレーション・カップで、アメリカ代表ストライカーの座を手中にしたものの、その直後、交通事故で戦線離脱を余儀なくされたFCショー(仏)のチャーリー・デービスはメンバー入りしませんでした。また、期待されていたフレディ・アデュ(アリス・希)も選考から漏れました。 代わりに、アリスFC(希)で調子......続きを読む»

米国W杯招致プレゼン

南アフリカにてアメリカW杯招致委員が実施したプレゼンビデオです。 ESPNのスポーツセンター風に制作されており、興味深いです。 南アフリカW杯へのチケット購入数最多なのがアメリカ人ファンと言うことからうかがえるサッカー人気の高まり、そしてアメリカにて整備されたスタジアムを用いた場合に予想される観客総動員数が500万人。 【アメリカW杯招致ビデオ】 アメリカW杯招致公式サイト ......続きを読む»

W杯、MLS看板対決

2010年ワールドカップ抽選にて、同グループに入ったイングランド代表と、アメリカ代表。 メジャーリーグサッカー(MLS)としては、看板選手である、デビッド・ベッカムと、ランドン・ドノバンの対決に注目が集まっています。 ドノバンは今季MLS最優秀選手賞に輝き、現在アメリカ代表のキャップ数、ゴール数、アシスト数全てにおいて歴代1位の成績を残しており、先般、「ベッカム実験」と言う暴露本で、両選手の......続きを読む»

豪華絢爛なアメリカ五輪代表

アメリカサッカー協会はアメリカ五輪代表を発表しました。 世界中の8つのリーグ(MLS、メキシコ、ポルトガル、オランダ、イングランド、イタリア、スペイン、スウェーデン)が集められたアメリカ代表は、ベンフィカで活躍するフレデイ・アデュや、ビジャレアルのジョジー・アルティドールなど国際経験豊富な海外組みが顔を並べた。 またプレミアシップで5名ものアメリカ人GKが活躍をしていることからも解るよう......続きを読む»

サッカーアメリカ五輪代表ドキュメンタリー

メジャーリーグサッカー(MLS)から五輪代表に召集されている若手選手にスポットライトを当てたドキュメンタリービデオ集をご紹介したいと考えました。 日本と同組に入り、今から個人的にもとても楽しみにしております。 「DREAMING OF BEIJING」 ...続きを読む»

MLS注目の五輪代表(2)

前回ご紹介した北京五輪アメリカ代表の素顔に迫るドキュメンタリーの第3話でございます。 メジャーリーグサッカー(MLS)のトレーニング風景や、選手たちの五輪へのこだわりをご覧下さい。 【第三話】 ...続きを読む»

MLS注目の五輪代表

メジャーリーグサッカー(MLS)にて、所属チームで主力として活躍をしており、アメリカ五輪代表として名を連ねる4名の選手を取り上げるプロモーションビデオを公式サイト上で発表。 是非ご覧ください。 1)サシャ・クリスタン(チバスUSA) 2)スチュアート・ホルデン(ヒューストン・ダイナモ) 3)マウリス・エデュ(トロントFC) 4)アルトゥーロ・アルバレス(FCダラス) アメリカ......続きを読む»

ランドン・ドノバン快挙

米国代表において最も重要なサッカー選手を毎年、全米中のメディアの投票によって選ばれる「Honda Soccer Player of the Year」が発表され、アメリカ代表及びメジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーの主将を務めるランドン・ドノバン選手が、4度目の受賞をした。 この賞が出来てからの17年間で4回受賞する選手は初めてとなった。 ドノバンは20歳の時に2......続きを読む»

アメリカ代表U20紹介

遅ればせながら、U-20のアメリカ代表について少々。 ここまでの快進撃を誰が予想したことか。但し、若年層におけるアメリカ代表は世界大会でそれなりに好結果を残してきており、この大会も6大会連続11回目の出場となっている。 1989年(U20):ベスト4-ケーシー・ケラー(ボルシア メンヘングラッドバッハ ) 1999年(U17):ベスト4-ランドン・ドノバン(LAギャラクシー)、ダマーカ......続きを読む»

ドノバンハットトリック

米国代表は25日(現地時間)、タンパにて開催された国際親善試合にて、エクアドル代表を米メジャーリーグサッカー(MLS)、ロサンゼルス・ギャラクシーのランドン・ドノバンのハットトリックで、3-0で下した。 ドノバンは、これで通算Aキャップ数87の内で30ゴールを挙げ、米国代表歴代ゴール数3位となった。 米国代表は、28日(現地時間)、ダラスにてグアテマラ代表と対戦することになっている。 ......続きを読む»

アメリカ代表メンバー強化合宿

北中米カリブ海地域選手権(ゴールドカップ)及び、コパ・アメリカへの準備として、今月25日と28日(共に現地時間)に国際親善試合を実施するアメリカ代表が強化キャンプを19日(現地時間)から開始をする。 今回召集された24名は、11名が米メジャーリーグサッカー(MLS)の国内組で、残りの13名が欧州から呼ばれた。また、代表暫定監督を務めるボブ・ブラッドリー氏の息子のマイケル・ブラッドリーなど若手の......続きを読む»

アメリカ代表再びメキシコ代表を下す

北中米カリブ海地域のライバル同士である、アメリカ代表とメキシコ代表が7日(現地時間)、満員となる63,000人の大観衆を前に、アリゾナ州フェニックス、フェニックス大学にて国際親善試合を実施し、アメリカ代表が2-0でメキシコ代表を下した。 メキシコ代表にとって今回の試合は、新監督ウーゴ・サンチェス氏及び、新しいアディダス社製ユニホームのお披露目試合であった。それだけにメキシコ代表のスタメンは、ラ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconmls_sum

メジャーリーグサッカー(MLS)は1996年にアメリカで開幕したプロサッカーリーグ。MLSは、スポーツビジネスが盛んなアメリカらしくサッカー専門のマーケティング会社としてサッカー・ユナイテッド・マーケティング(SUM)を設立しました。この両者は、近年のアメリカサッカー成長のシンボル的な存在である。当ブログではそのMLS/SUM国際部、そしてスペインリーグFCバルセロナ国際部を経てLeadOff Sports MarketingのGeneral Managerに就任した中村武彦が、「サッカー不毛の地」と称されてきたアメリカにおける「隠れたサッカー大国」をニューヨークから発信していきます。(http://www.leadoffsportsmarketing.com)
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:818796

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. MLS史上最大数のアジア人選手たち!
  2. ベッカムとMLSサッカービジネス総括
  3. 更に豪華移籍続々MLS
  4. ベッカムの去就
  5. 遂に!ニューヨークの新サッカー専用スタジアム
  6. 山田卓也リーグ優勝&リーグベスト11
  7. NYレッドブルズ、豪華な補強を敢行
  8. アメリカで活躍する日本人選手たち皆始動!
  9. MLSのFIFAへの挑戦
  10. MLSオールスターはチェルシーと対戦!

月別アーカイブ

2013
05
02
01
2012
11
08
06
04
03
2011
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss