『サッカー不毛の地』から『隠れたサッカー大国』へ

NYコスモス、スコールズの引退試合相手

このエントリーをはてなブックマークに追加

mls_sum-244373.jpg
マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ選手の引退試合の相手として、何とチームもスタジアムも持たない、幻のチームニューヨーク・コスモスが発表されました。 1984年に潰れた北米リーグの超人気クラブであったコスモスのスター選手ペレ氏が現在は、同ブランドの名誉会長を務め、元フランス代表のエリック・カントナ氏が、強化部長を務めるものの、チームはおろか所属選手すら存在しません。 現在はライフスタイルブランドとして、マーチャンダイジングや、クリニックを中心に事業展開をしているものの、チームとしてはまだ形を成しておりません。一方でMajor League Soccer(MLS)の20番目のチームとして参入をするのではないか、と噂されているものの、MLSへの供託金、スタジアム建設、シングルエンテティシステム、フランチャイズ問題、既存協賛企業とMLS協賛企業間の調整など、中々参入障壁は高く、その上、MLS入りをした際の勝敗に伴う名門のイメージ管理など問題は多く、今の段階では現実的とは言いがたいことも事実であります。 ただ、スポーツビジネスの究極の形は「勝敗に左右されずに安定した収益源を確保すること」なので、MLSに参入をしない場合、そういう観点に近い、ブランド事業というのは面白いのかもしれません。 バスケットボールでもリーグには参画せず、マーチャンダイジング、クリニック、そして不定期の興行で十分そのブランド力を維持しておりますので、今後のニューヨーク・コスモスの動向、そしてポール・スコールズ選手の引退試合に招聘される選手たちに注目です。
mls_sum-244372.jpg




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

アーセナルの移籍状況【ベンゲル 俺の話を聞け~】

留学ジャーナル【ともにつぎへ】

リバプールがヘンダーソン獲得で合意。【J SPORTS プレミアリーグナビ】

ブロガープロフィール

profile-iconmls_sum

メジャーリーグサッカー(MLS)は1996年にアメリカで開幕したプロサッカーリーグ。MLSは、スポーツビジネスが盛んなアメリカらしくサッカー専門のマーケティング会社としてサッカー・ユナイテッド・マーケティング(SUM)を設立しました。この両者は、近年のアメリカサッカー成長のシンボル的な存在である。当ブログではそのMLS/SUM国際部、そしてスペインリーグFCバルセロナ国際部を経てLeadOff Sports MarketingのGeneral Managerに就任した中村武彦が、「サッカー不毛の地」と称されてきたアメリカにおける「隠れたサッカー大国」をニューヨークから発信していきます。(http://www.leadoffsportsmarketing.com)
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:814950

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. MLS史上最大数のアジア人選手たち!
  2. ベッカムとMLSサッカービジネス総括
  3. 更に豪華移籍続々MLS
  4. ベッカムの去就
  5. 遂に!ニューヨークの新サッカー専用スタジアム
  6. 山田卓也リーグ優勝&リーグベスト11
  7. NYレッドブルズ、豪華な補強を敢行
  8. MLSのFIFAへの挑戦
  9. アメリカで活躍する日本人選手たち皆始動!
  10. MLSオールスターはチェルシーと対戦!

月別アーカイブ

2013
05
02
01
2012
11
08
06
04
03
2011
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss