『サッカー不毛の地』から『隠れたサッカー大国』へ

遂に!ニューヨークの新サッカー専用スタジアム

このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーリーグサッカー(MLS)、ニューヨーク・レッドブルズが長年待ち焦がれた、自身のサッカー専用スタジアム「レッドブル・アリーナ」への引越しが開始されます。

土曜日のトロントFCをもって、NYレッドブルズの前進、メトロスターズ時代から間借りをしてきたジャイアンツスタジアムの利用を終えました。

94年W杯、99年女子W杯、05年/09年の北中米カリブ海地域ゴールドカップ決勝などに使用され続けてきたジャイアンツスタジアムですが、NYジャイアンツから間借りをMLS開幕以来してきたため、NFLのシーズン中はアメリカンフットボールのラインが引かれたピッチで試合をせざるを得なかったり、人工芝というハンデ、そして何よりも会場使用料に苦しんできました。

また、アメフト用のスタジアム故に、収容人数も9万人近く、上記したW杯などの大イベントであれば、お客さんで膨れ上がるものの、平均観客数1万6千前後のMLSの試合では、スタジアムが閑散としてしまい、TV映り、お客さんの盛り上がり、スポンサー満足などに悪影響を及ぼすものでした。

何よりもスタジアムまでのアクセスも、車か、シャトルバスしか方法がなく、気軽に応援に行きたいと考えるファンの足を遠ざけるばかりでありました。

しかし、来期より開幕する、レッドブルアリーナは、サッカー専用スタジアムで観客収容人数も2万5000人強。芝生も天然芝となり、何よりもアクセスは、マンハッタンより地下鉄で気軽に行けるものとなりました。

ビジネス面からも、賃料を払い、またスケジュールの融通も利かなかった立場から、今度は貸す側となり、賃料を取ることが可能となります。多くのイベントに貸せば貸すほど、賃料のみならず、駐車場代、売店売上も伸び、利益が増大します。

収容人数もMLSの平均観客数で丁度良いキャパシティ故に、TV映りも良くなりますし、何よりも会場に足を運んだファン、スポンサーにとっての観戦体験は格段とよくなりますし、選手もモチベーションがあがります。

NYに観光に立ち寄った際には、新しい観光名所として足を運んでみてはいかがでしょうか?


mls_sum-119982.jpg




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
New York Red Bulls
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

勝点9+第4節=?【スペイン監督日記】

右 相四つ気味 がっぷり リバプール対ユナイテッド【* 紅きダニューブ】

Real【アメリカ経由ヨーロッパ行き】

ブロガープロフィール

profile-iconmls_sum

メジャーリーグサッカー(MLS)は1996年にアメリカで開幕したプロサッカーリーグ。MLSは、スポーツビジネスが盛んなアメリカらしくサッカー専門のマーケティング会社としてサッカー・ユナイテッド・マーケティング(SUM)を設立しました。この両者は、近年のアメリカサッカー成長のシンボル的な存在である。当ブログではそのMLS/SUM国際部、そしてスペインリーグFCバルセロナ国際部を経てLeadOff Sports MarketingのGeneral Managerに就任した中村武彦が、「サッカー不毛の地」と称されてきたアメリカにおける「隠れたサッカー大国」をニューヨークから発信していきます。(http://www.leadoffsportsmarketing.com)
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:814844

(09月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. MLS史上最大数のアジア人選手たち!
  2. ベッカムとMLSサッカービジネス総括
  3. 更に豪華移籍続々MLS
  4. ベッカムの去就
  5. 遂に!ニューヨークの新サッカー専用スタジアム
  6. 山田卓也リーグ優勝&リーグベスト11
  7. NYレッドブルズ、豪華な補強を敢行
  8. MLSのFIFAへの挑戦
  9. アメリカで活躍する日本人選手たち皆始動!
  10. MLSオールスターはチェルシーと対戦!

月別アーカイブ

2013
05
02
01
2012
11
08
06
04
03
2011
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss