バスケットボールおぼえがき

2017年 雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

第10回目。

2017年をバスケットボール的に振り返ると、充実した1年だったと感じる。1980年代から1990年代の大学卒業までバスケ部に入って、卒業後も地方の実業団やクラブチームでプレーした私のような連中にとっては、日本のバスケットボールに関する情報が、いくらでも出てくる状態は嬉しいの一言だった。日本のバスケの試合を観たり、選手の特徴を知ったり、選手やチームの背景を感じて過ごすことが出来る日が来るとは正直、あまり思ってなかったので。実際、マイケル・ジョーダンのザ・ショットを最後に、あまりNBAも観なくなり、正直その後は、日本でサッカー熱が凄くなり、私自身もサッカーの情報をたくさん耳にして、観るスポーツはサッカーにシフトしていっていた。

今は、サッカーも好きだけど、バスケが一番面白いと感じている。まだまだ日本のバスケは、マニアックな部類に入るかもしれないが、観たいと思わせるコンテンツになっている。一番大きいのは、やっぱりBリーグの存在。正直、bjリーグは一度も観た事がなかったし、実業団も観ていなかった。bjリーグは、純粋にトップでは無いと感じていたし、実業団はプロでは無いし、応援したいと思うチームも選手もいなかった。それが、Bリーグが発足して、純粋に日本のトップ選手が競いあうプロリーグが出来て、観る側も何の斟酌も無しに純粋に楽しめるようになった。日本のバスケが一本の線で繋がる体制になった事が、プレーする側からも、観戦する側からも大切なんだと感じた。そこにいる選手は同じなんだけど、プロとして飯を食って行く覚悟や努力を知るようになった。例えば、Bリーグに所属する後輩は給与面での大きな改善を感じていて「足がつぶれるまでバスケをやる」と言っていたそうだ。自分の母校の後輩の活躍も気になるようになるし、住んでいる土地のチームも気になる。そこからアンダーカテゴリーや日本代表、はたまた日本人で海外に挑戦している者なんかが繋がって観ることが出来る。NBAも観るが、プレーを楽しむという感覚であり、肩入れをして熱くなって応援するおらが町のチームが出来ると、NBAを観る熱量も下がっている事に気づく。でも、それが本当のプロスポーツの楽しみなのかもしれない。NBAに日本人が入ることが出来たら、その時は肩入れをしてNBAを観るんだと思う。その日が来ることも楽しみの一つではある。昔、サッカーのワールドカップに日本が出場していない時、取材に行っていた日本の記者が現地の人に「自国が出場していないのに何故」と聞かれた話を思い出した。そうは言ってもNBAは、バスケットボールにとっては最高のコンテンツであり、圧倒的なパワーを持つ、バスケがメジャーになれると思わせてくれる砦のような存在であるのだけれども。

ウェブや雑誌、ポッドキャストなど、幅広いメディアが日本のバスケを扱ってくれている。月刊バスケットボールだけだった情報は、様々な角度から出てくるようになり、その内容も王道から邪道まで様々になってきている。「ダブドリ」という雑誌は、安定の対極にありながら挑戦し続けているような人たち皆が元気づけられるようなバスケ以外の人たちにも読んでほしい内容だ。メディア以外でも、バスケウェア関係も日本発のウェアのレベルは世界的にみても多種多様で、ナイキに引けを取らないエッジの効いたブランドが出てきている。「ダブドリ」の中で出てくる記事の中に「バスケは最高の遊びですよ。でも思う存分遊ぶためには、そのイメージを具現化するスキルが必要」っていう言葉があり、この言葉に日本バスケの成長がかかっていると感じる。日本が世界で一定のポジションにつくには、身体的にどうしても不利なスポーツの一つだと感じるが、世界のトレンドをしっかりと追いつつも、日本独自のバスケが様々な方向から発展して、世界を相手に何かを魅せられる事が出来れば、私的には大きな成功だと思うし、出来ると思っている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
育成
日本代表
Bリーグ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20180107 ウィザーズ vs バックス【バスケのデータ見ながら語ります。】

20180106 セルティックス vs ウルブズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconmj000023

  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:20073

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 川崎ブレイブサンダース 球団売却構想
  2. FIBA アジアカップ 2017
  3. FIBA アジアカップ 2017 vs韓国
  4. Bリーグ 2017-18 開幕戦
  5. インターハイ 2017
  6. ディフェンス・ルーズボール・エナジー
  7. Bリーグが開幕して
  8. 2017年 雑感
  9. FIBA U19 ワールドカップ 2017
  10. FIBA アジアカップ 2017 vsチャイニーズ・タイペイ

月別アーカイブ

2018
01
2017
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss