バスケットボールおぼえがき

Bリーグ 2017-18 開幕戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

第9回目。

今シーズンも息子やその友だちたちと一緒にBリーグ開幕戦に行ってきた。応援している京都ハンナリーズと三遠ネオフェニックスの一戦。京都ハンナリーズは、新加入の選手が7名と多く、またその陣容は、昨シーズンと比較して期待できるもので、どんなチームになっているのかワクワクフルフルしながら、選手名鑑も違う出版社のものを計4冊も購入するなど完全に無駄な出費をして(全然読めていない)開幕戦を待ちわびていた。三遠ネオフェニックスには、昨シーズンまで京都ハンナリーズにいた川嶋勇人がいるので、そこも楽しみの一つとして。

息子のバスケの練習時間の都合で、少し試合開始に間に合わなかったのだが、会場から「わあっ」という声援がもれ聞こえてくるので、子どもたちも気が焦ってきて、釣られて私も気持ち早歩きになる。会場に入ると、物凄い声援で、会場中に応援の声や拍手が響いている。席は、せっかくの開幕戦なので、目の前で選手が躍動する姿を子どもたちにみせたい一心で、思い切ってコートからすぐの席を購入した。

今シーズンの京都ハンナリーズの戦術や戦略を、じっくりと観察しようと思っていたが、選手の体のぶつかり合いや高い技術に感動して、戦術の事をすっかり忘れて、中学生の時にNBAを初めて見た時のような気持ちで純粋に見入っていた。子どもたちも、観客と一緒になって三遠ネオフェニックスの選手のフリースローに対して大声でブーイング。選手のワンプレーワンプレーにかっこいいな~とか、上手いな~、こんなに体当てているのか~など、目の前で繰り広げられる筋肉質の戦いに、プロスポーツの醍醐味を感じながら一緒に観戦した。

昨シーズンの開幕戦も生観戦をして大いに楽しんだのだが、昨シーズンの京都ハンナリーズは、チャレンジャーとしての楽しみが中心だった。平均年齢が30歳を超え、お世辞にも選手層が厚いとは言えない部分をチーム力でカバーし、アルバルク東京や栃木ブレックスなどの強豪チームを倒した時の爽快感がたまらないというようなチームだった。今シーズンも、まだまだどのようなシーズンになるのかは分からないが、元川崎ブレイブサンダースの日本代表候補である永吉佑也の加入もあり、チームとしての格がなんとなく上がっているように感じた。バスケットボールをしている人なら分かってもらえると思うが、チームの雰囲気で、試合をする前から自然と圧を感じる相手とそうでない相手がいる。昨シーズンの京都ハンナリーズは、強豪チームからすると、やはりくみし易いチームの一つであったのは間違いない。現にシーホース三河には勝てる気がしなかった。初戦を観る限り今シーズンは、そういった印象は減っているように思う。今シーズンは、昨シーズンのように強豪相手に虚をつくようなゲームで勝つという試合は減っていって、ガチンコの勝負相手とみなされていくのではないかと期待したいと思う。ただ、三遠ネオフェニックスには、昨シーズン主力として活躍したPFのロバート・ドジャーと元NBAプレーヤーのSG、カルティエ・マーティンの外国籍選手2人がベンチにもおらず、その部分は差し引いて考えないと、と言い聞かせているのだが、どうしても初戦で18点も差がつくと期待してしまう。 

京都ハンナリーズは、洛南高校出身で東海大学で学生ナンバーワンPGとも称されていたルーキーの伊藤達哉がフィットしている印象で、三遠ネオフェニックスの鈴木達也が激しくディフェンスで当たりにいっても、ハンドリングよく巧みにキープし、なおかつ隙があればドライブを繰り出していた。ディフェンスも試合を通して激しく当りにいっていて、2戦目ではルーズボールに飛び込んでいき、ジュリアン・マブンガや片岡大晴が、すぐに駆けつけて手を差し伸べ、チームに勢いを与えてくれるプレイヤーになっている。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Bリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

部活でいじめられたことありますか?【半人前バスケコーチの独り言】

【NBA17-18】プレシーズンが開幕、ウォリアーズとレイカーズがともに敗れる。#NBAPreSeason【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

17-18シーズンプレビュー ホーネッツ編【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconmj000023

  • 昨日のページビュー:8
  • 累計のページビュー:18861

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 川崎ブレイブサンダース 球団売却構想
  2. FIBA アジアカップ 2017
  3. FIBA アジアカップ 2017 vs韓国
  4. インターハイ 2017
  5. Bリーグ 2017-18 開幕戦
  6. ディフェンス・ルーズボール・エナジー
  7. Bリーグが開幕して
  8. FIBA U19 ワールドカップ 2017
  9. FIBA アジアカップ 2017 vsチャイニーズ・タイペイ

月別アーカイブ

2017
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss