夢と現実 備忘録

全日本選手権へ7 宮原知子 四年間無敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮原知子 四年間無敗

今シーズン戦績 GP NHK杯 5位 191.80 (65.05(31.02 34.03) 126.75(58.23 68.52)) GP アメリカ 優勝 214.03 (70.72(36.77 33.95) 143.31(72.23 71.08)) GP ファイナル 5位 213.49 (74.61(39.39 35.22) 138.88(67.00 71.88))

12/10現在 世界ランキング 5位 3247ポイント 日本人中1位 シーズンランキング 9位 925ポイント 日本人中3位 シーズンベスト 214.03 世界7位 日本人中2位 パーソナルベスト 218.33 世界5位(現役中3位) 日本人中1位

選考要綱 B) グランプリファイナル出場者上位2名:該当 C) ワールドスタンディング上位3名:該当 D) シーズンワールドランキング上位3名:該当 E) シーズンベストスコア上位3名:該当

全日本不出場者への救済条項にも該当

救済条項 ただし、過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本選手権大会へ参加できなかった場合、不参加の理由となったけが等の事情の発生前における同選手の成績を上記選考基準に照らして評価し、大会時の状態を見通しつつ、選考することがある。

彼女が、最後に日本人選手に敗れたのは2014年1月25日のこと 台北にて行われた四大陸選手権で、村上佳菜子に敗れて2位に終わった それ以降、日本人選手に負けたことはない (例外:2015年のジャパンオープン(フリーのみの団体戦)において、浅田真央より低いスコアだった)

ケガ明けの今シーズンは、全日本以外の大会は調整段階なので、日本人に負けることもあるかなと思っていたが、NHK杯では白岩本郷を上回り、スケートアメリカでは辛くも坂本の上に出た 辞退するかとも思われたグランプリファイナルにも出場して、最強の挑戦者樋口にも勝ち、前回のオリンピックから今度のオリンピック選考会までを対日本人無敗で過ごす形になった

パーソナルベストの218.33は僅差ながら日本人選手最高で世界で五番目(次回のオリンピックに出る可能性のある選手中3番目)のスコアである それも、210点台を出した他の日本人現役選手は、プレッシャーのあまりかからない試合で出したスコアであるが、彼女だけはグランプリファイナルというグレードの高い試合でのスコアである 公認大会で210点を上回るスコアを出したのはすでに5回 それも、四大陸、世界選手権、グランプリファイナルと、価値ある大会でしっかり点を出している 国内参考記録ではあるが、全日本でも210点オーバーが2回

現役の日本人女子シングルの選手の中で、世界選手権のメダリストもグランプリファイナルのメダリストも彼女しかいない さらに言えば、全日本選手権の優勝経験者も彼女しかいないのだ

世界選手権、四大陸選手権、グランプリファイナル、この三つの大会で、すべて銀メダル以上を持っている日本人女子選手は過去に、荒川静香、村主章枝、浅田真央、安藤美姫の四人しかいない そういった中に名前を連ねる選手である (四大陸選手権の開始が1999年なので、それ以前の選手、伊藤みどりなどはここには入ってこられない) 実績だけで見るなら、他の日本人現役選手と比べて頭3つくらい抜きんでており、常識的にはオリンピックの大本命である

問題は、ケガからの回復具合のみと言ってよいだろう 復帰戦のNHK杯から、中一週で試合、というのが続いている 辞退しても誰にも叱られることはなかったであろうファイナルに出ることを選んだのであるから、ケガの状況は悪くはなく、それよりも試合勘の回復を優先させられるくらいの状態ではあるのだろう ただ、過密日程であることは確かで、ファイナル直前には平気なつもりでいたのが、出てみたら状態が悪化した、ということがあり得る それは仮にあったとしても明かされることはないので、実際に滑ってみるまで分からないが、懸念事項としてあげられる

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
平昌オリンピック
全日本選手権
フィギュアスケート
宮原知子

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【ファイナル終了】女子シングル:グランプリシリーズ主要選手出場大会&順位一覧【情熱的氷滑芸術】

【ファイナル終了】男子シングル:グランプリシリーズ主要選手出場大会&順位一覧【情熱的氷滑芸術】

ジャンプ女子 W杯・第4戦、初の団体戦で日本が圧勝 高梨、伊藤、岩渕、勢藤が優勝! 第5戦は12/17【0 to zeroのhorizon】

全日本選手権へ6 樋口新葉 内弁慶の飛躍【夢と現実 備忘録】

「なでしこ」か?【猫と観るスポーツ】

全日本選手権へ5 坂本花織 正直なシンデレラ【夢と現実 備忘録】

どんな形であれ人々の注目を集めることに快感を感じる人もいます【Armar know Jack Bigwild】

全日本選手権へ4 三原舞依 不運は力でねじ伏せる【夢と現実 備忘録】

ブロガープロフィール

profile-iconminor

  • 昨日のページビュー:132
  • 累計のページビュー:834484

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 樋口新葉のグランプリファイナル進出条件
  2. 全日本選手権へ3 本田真凛 幸運の星の下
  3. NHK杯終了後 ファイナル進出条件(樋口 三原 坂本 宮原)
  4. 全日本選手権へ7 宮原知子 四年間無敗
  5. 全日本選手権へ1 本郷理華 最後の砦
  6. 全日本選手権へ8 紀平梨花 伝統を継ぐもの
  7. 全日本選手権へ6 樋口新葉 内弁慶の飛躍
  8. J2最終節 プレーオフ圏争い 残留争い
  9. NHK杯後 女子シングル グランプリファイナル進出条件1
  10. 全日本選手権へ4 三原舞依 不運は力でねじ伏せる

月別アーカイブ

2017
12
11
2011
02
01
2010
12
2009
10
09
06
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss