夢と現実 備忘録

スキージャンプ ワールドカップ女子 日程

このエントリーをはてなブックマークに追加

スキージャンプ女子のワールドカップが間もなく開幕します 今回はその日程を並べておきます 予選もありますが、それは省略して本選の日付だけです

HSはヒルサイズの略です

12/1 リレハンメル(ノルウェー) HS98 12/2 リレハンメル(ノルウェー) HS98 12/3 リレハンメル(ノルウェー) HS138 12/16 ヒンターツァルテン(ドイツ) HS108 団体戦 12/17 ヒンターツァルテン(ドイツ) HS108 1/6 ラスノフ(ルーマニア) HS97 1/7 ラスノフ(ルーマニア) HS97 1/13 札幌(日本) HS100 1/14 札幌(日本) HS100 1/19 蔵王(日本) HS102 1/20 蔵王(日本) HS102 団体戦 1/21 蔵王(日本) HS102 1/27 リュブノ(スロベニア) HS100 1/28 リュブノ(スロベニア) HS100 2/3 ヒンツェンバッハ(オーストリア) HS94 2/4 ヒンツェンバッハ(オーストリア) HS94

2/12 平昌(韓国) HS109  オリンピックゲーム

3/11 オスロ(ノルウェー) HS134 3/24 オーベストドルフ(ドイツ) HS106 3/25 オーベストドルフ(ドイツ) HS106

開催地は、北欧~中欧と日本です。 スキージャンプは北米ではワールドカップは行われません

ワールドカップは各試合で獲得したポイントの合計で争われます 優勝は100ポイント 2位80ポイント 3位60ポイント 4位50ポイント 5位45ポイント 以下6位40ポイント、7位36ポイント 8位32ポイント 9位29ポイント 10位26ポイント 11位~15位は 10位から各2ポイントづつ減っていき、 16位が15ポイントで、以下30位まで1ポイントづつ減っていきます

昨シーズンは17戦出場で9勝、表彰台を逃したのは2回だけ、という高梨選手が1455ポイントでワールドカップ通算53勝の新記録も打ち立て、通算4回目のワールドカップ制覇をしました 2位は伊藤有希選手。初優勝を含む5勝、表彰台11回と大健闘。ワールドカップポイントは1208ポイントで高梨選手と247ポイント差 まだ開きはありますが堂々の2位でした 昨シーズンは高梨選手、伊藤選手の両者が出場した試合では、必ずどちらかが表彰台に乗っていて、順不同でワンツーフィニッシュが7回ありました

3位は4勝して1109ポイント獲得したノルウェーのマーレン ルンビュ選手 ソチオリンピックの金メダリストであり、16-17シーズンも世界選手権覇者となって2位の伊藤、3位の高梨を表彰台で従えていたドイツのカリーナフォークトは723ポイントで総合5位、 前シーズンに総合二位だったオーストリアのダニエラ イラシュコは717ポイントで総合6位、女子ジャンプの黎明期に高梨のライバルで二人のサラ、として名をはせていたアメリカのサラ ヘンドリクソンは311ポイントで総合14位でした

今シーズンはオリンピックへ向けての戦いでもあります 高梨選手の安定感は際立っていますが、シーズンで1勝しかできなかったのにその1勝を世界選手権に合わせる、ソチオリンピック覇者のフォークトはやはり怖い存在です また、昨シーズン大きな飛躍を遂げた伊藤選手が今シーズンはいよいよ総合優勝に挑むことにもなります



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スキージャンプ
タグ:
伊藤有希
高梨沙羅
スキージャンプ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

宮原 完全復活,坂本 覚醒【アメリカ大会感想】【情熱的氷滑芸術】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対明大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【シリーズ終了】女子シングル:グランプリシリーズ主要選手出場大会&順位一覧【情熱的氷滑芸術】

ブロガープロフィール

profile-iconminor

  • 昨日のページビュー:132
  • 累計のページビュー:834484

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 樋口新葉のグランプリファイナル進出条件
  2. 全日本選手権へ3 本田真凛 幸運の星の下
  3. NHK杯終了後 ファイナル進出条件(樋口 三原 坂本 宮原)
  4. 全日本選手権へ7 宮原知子 四年間無敗
  5. 全日本選手権へ1 本郷理華 最後の砦
  6. 全日本選手権へ8 紀平梨花 伝統を継ぐもの
  7. 全日本選手権へ6 樋口新葉 内弁慶の飛躍
  8. J2最終節 プレーオフ圏争い 残留争い
  9. NHK杯後 女子シングル グランプリファイナル進出条件1
  10. 全日本選手権へ4 三原舞依 不運は力でねじ伏せる

月別アーカイブ

2017
12
11
2011
02
01
2010
12
2009
10
09
06
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss