ジャイアンツ愛・いやそれ以上!

[ジャイアンツ愛]10/03 巨 10-6 ヤ → 来季はこういう活発な打線を数多く見せてください

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人 10-6 ヤクルト → 対 ヤクルト 17勝8敗0分 神宮球場

勝利投手:戸 根 6試合 1勝 0敗 0S セーブ : 敗戦投手:秋 吉 43試合 5勝 6敗 10S ・投手リレー 巨人:中川→桜井→高木勇→戸根→篠原 捕手:宇佐見 ヤクルト:ギルメット→石山→山本→松岡→近藤→秋吉 捕手:中村 ・本塁打 巨人:坂本15号2ラン、宇佐見4号ソロ、マギー18号ソロ、山本1号満塁 ヤクルト: フジテレビONE にて観戦 解説:谷繁元信 実況:田中大貴 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 今季のレギュラーシーズン最終戦となった、東京ヤクルトスワローズとの25回戦が神宮球場で行われた。巨人は本塁打攻勢で序盤に3点を奪うも、2番手の桜井が2回5失点の大乱調で逆転を許す。それでも巨人は代打・亀井の適時打などで六回に6対6の同点に追い付く。同点のまま迎えた九回、先頭の相川が遊撃内野安打で出塁すると、その後満塁とし、2年目の山本がグランドスラムを放ち10対6と勝ち越しを決めた。最後は5番手の篠原が試合を締め、ゲームセット。今季最終戦を制した巨人は、72勝68敗3分でシーズンを終えた Yomiuri Giants Official Web Site ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キャプテン坂本を筆頭に、助っ人マギーに加えて、若武者二人の計4本のホームランという、来季こうなったら良いな~という攻撃を見せて終わった今シーズン

正直なことを言えば、CSがかかったゲームで、彼らの活躍が見たかったところだけど、ま、それはしゃーない

順位が確定したことで、菅野の登板は回避し、中川を先発に持ってきた投手陣。桜井、ハヤトゥー以外はまぁまぁだったのではなかろうかと

その桜井は、ちょっと今の段階では使い所がないな…(涙)谷繁にもそんなような事を言われてたけど、ケガをしたことで大学時代の球威は消えてしまったので、ここからはキレを増すことと、とにかく低めを徹底できる制球力を身につけないと、来季も厳しい。 秋季キャンプと自主トレで身体を鍛え抜いて、来季は「お!変わったな」という姿を見せてくれないことには、ローテ入りはおろか1軍ベンチに入ることすら難しい

今日に関して言えば、2軍でもシーズン終盤には活躍していた吉川尚が目立ってた。 入団時に比べて一回り大きくなった身体に加え、内田二軍監督に徹底して鍛えられた力強いスイングで猛打賞。守備と走塁でもアピールを見せて、来季の活躍が楽しみになる活躍だったと思う

中でも2打席目のヒットは低めの球にも関わらず、しっかりヘッドが立ったスイングで、1軍でもバッティングで貢献できそうな予感。1軍レベルのピッチャーのキレと変化球に目が慣れてくれば、それなりに結果を残せそう

出遅れてしまい、今シーズンに華々しい結果を残すことはできなかったけれど、その出遅れが今に繋がっているのなら、決して遠回りだとは思わないし、まだ新人賞のチャンスはあるので、来季は先輩である広島の菊池と共に、プロ野球ニュースの PLAY OF THE DAY の常連になるような活躍を期待してます

それとやっぱり宇佐見かなぁ~

あのバッティングはやはり魅力的、ただ、守備に関しては課題多すぎ(笑)とはいえ、ファーストへのコンバートは私は反対です。相川が引退した今、小林一人がキャッチャーを張るシーズンはやはり怖いし、来季のファーストは阿部と村田、もしくはマギーも含めた3人でローテさせるべきだと思う。出来れば小林と二人、阿部の自主トレに参加して、小林はバッティングを、宇佐見は守備を徹底的に鍛えて、相手投手の左右に合わせて、二人の先発をやりくりするような形が作れれば、他球団に比べてのアドバンテージが取れる

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人戦速報
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

y08y04 さん

>センターラインをまずしっかり固めないことには始まらない

もちろん、そうですね。
中でも坂本、吉川尚のコンビが機能するとなれば、かなり期待できそうです。
いずれは、坂本の後継者も検討しなければいけない時期が来るかと思いますが、個人的には吉川の守備がさらに向上するなら、ショート吉川、セカンド坂本に入れ替えて、坂本の守備負担を少なくするってところも(いずれは…ですけど)、検討出来そうな気がしています

村田に関しては、今年のような起用のされ方だと、自身の記録への時間がかかりそうだということもあるかもしれませんね。阿部にしても節目のホームランは意識しているでしょうから、ホットコーナー2つに、マギーを含めた3人では、チャンスも減ってしまいますし

>後ろの3人がしっかりしているチームが優勝に近い

ファームでの西武との最終戦
澤村のピッチングは球速を少し抑え、キレを重視して上で制球も安定していた感じで、あぁいうのが上でも出来るのであれば、心もとなかった後ろの投手陣に、来季は澤村が加わってくれそうだという期待を感じました。
あとはカミネロの改造と、マシソンの残留が決定すれば、ある程度、形は見えてくるかと…

その上で、若手の中継ぎ候補は数はいますので、その中で抜きん出た選手が何人かでてくれれば…という感じですね

いずれにしても、来季も投手力中心のチームにせざるを得ないのは、わかっていることで。どれだけ打っても、点を取られれば意味ありませんから、攻撃力の向上ばかりにとらわれず、今までの良かったところはしっかりと継続、成長させてほしいですね

borderless さん

>来季開幕時に先発に名を連ねばならないという視点からの物足りない部分

まぁそれはしょうがないですね、来季の開幕で自信を持って名を連ねそうなら、もう少し早く結果を出していてほしいですし。

>この秋から来季キャンプに掛けてどれだけ守備力が向上するか否かでしょうね

とはいえ、少なくとも、マギー、中井よりは美味いですし、バントの成功率がそこそこあるくらいであれば、起用して我慢するという選択肢はあるかと思います。
ある程度使っても、今シーズンの重信ほど、三振の数は多くなさそうですし、キレイなヒットは少なくとも、内野安打でそれなりに稼いでくれそうな期待感はありますね

>岡本選手は考えてる次元がまだ常に思いっ切り強く振るという事のみと思われ

内田コーチが率にこだわりすぎる岡本に対して、そうしろと言ったらしいですから、そこはもうしょうがないかと。まずは、常に自分のスイングが出来ること(それはそれで、難しいことですね)をやってからでしょう。そういう意味では、しっかりとツボに入った時には飛ばす力はあるわけで、あとは2軍ではなく、1軍レベルでの駆け引きや読みが必要になりそうです。
もちろん、大成するには時間がかかるでしょうが、かつて筒香がそうであったように、同じくらいの我慢を出来るかどうか、その判断ができるかどうかが来季注目したいところでっすね

宇佐見に関しては、来年もキャッチャーで頑張るみたいな記事も目にしましたが、まぁコンバートするかどうかは、ひょっとすると、さ来季くらいの課題になるのかもしれませんね。

源五郎 さん

>宇佐美選手のコンバートには「賛成派」です

いいですね、色んな意見があって。それだけ宇佐見のバッティングには皆期待しているってことですし

コンバート派の中にも、ファースト派、外野手派といますしね

まぁ、私はキャッチャーとして何とか頑張って欲しい派ではありますが、もしもコンバートするなら他の方のコメントにもあげているように、ライトで!という感じでしょうか?
仮にバッティングの調子が落ちたり、故障などがあったとしても、ライトならまだ補えますし・・・(まぁファーストもそうですけど、個人的にはファーストはベテラン、助っ人枠として残しておきたいところ)

>競合は覚悟で安田選手か中村選手には行って欲しいですねぇ

去年は特攻して、2度クジを外しましたが、出来れば毎年、目玉となる選手には特攻してもらいたいですね、数年に1度でも当たればデカいですし、なにげに1位以外のドラフト指名選手の人選は、ここ数年、大きく外していない(投手限定ですけど)ので、まぁまぁ期待できると思いますし

[ジャイアンツ愛]10/03 巨 10-6 ヤ → 来季はこういう活発な打線を数多く見せてください

ming様

更新お疲れ様です。

まずは2017年も目出度く全試合リポート、大変お疲れさまでした。
お仕事等々、ご多忙な中の全試合全イニング出場、敬意を表します。
選手同様、少しお休みくださいね。
でも、思い立ったように更新してくださいね。

悪夢の13連敗中に、生涯初のコメント投稿をさせていただいてから
あっという間にシーズン終了してしまいました。
(連敗記録と連勝記録を更新して優勝! は残念ながら・・)

巷では今シーズンの総括的な話が踊っていますが・・

来年に向けて明るい話題は、畠投手と、宇佐見捕手の活躍でしたが・・
個人的には、池田投手も。

畠投手は走り込みを始めたようですね。
ガンガン走りこんでほしいところです。

宇佐見捕手の起用法が話題になっているようですが・・
難しいところですね。

1.育てるには時間のかかる捕手というポジション。
2.現状の宇佐美捕手の捕手としての状況(キャッチング等々)。
3.反比例して、ここで一発・一本の場面で、もしかするとチーム内で一番期待できそうな打撃。
4.小林捕手という、投手陣から信頼されている現状正捕手。

思うままに現状を考えてみましたが、
いい提案事項は出てきません(汗)

ただ、試合に出ないことには何も始まらないかなぁ~
とは思います。

監督になったつもりで、何か方向を打ち出さなければならないのであれば・・

捕手 小林
1塁 宇佐見
2塁 吉川
3塁 マギー
遊撃 坂本

代打の切り札 阿部

でしょうか。
(村田は去就不明なコメントでとりあえず割愛)

当方、「まずは守りから」なもので。
センターラインをまずしっかり固めないことには始まらない、ということで。


あとは、本日の読売新聞に出ていましたが、救援陣ですね。

持論ですが、後ろの3人がしっかりしているチームが優勝に近い、なもので。
2012年の優勝時の、スコット鉄太郎はほぼ完璧でしたので。

とりとめのないコメントでしたが
オフの間も立ち寄りますので更新、楽しみにしています。



こんな記事も読みたい

10/3VS巨 2017最終戦は今年らしい負け方で終了。【雄平よ大志を抱け!】

【2017 ヤクルトvs巨人 第25回戦】ジャイアンツ、若手野手が躍動しまくり!?来季に繋がる勝利で今シーズン終了!そしてサヨナラ相川に感謝の一言!!【孤独のプロ野球】

この勝利は単なる消化試合の1勝ではない!【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

ジャイアンツは変わることが出来るかも知れない【NO NAME】

10月3日(火)対スワローズ@神宮球場【首都圏5球場巨人戦観戦記】

11年目の無念、意地と希望の貯金4【137のブログ@スポナビ+】

皮肉なもんですね。【博多の熱烈G党オジサン】

巨人、最終戦勝利 相川ヒット・山本満塁弾・吉川猛打賞【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconming

巨人戦を見続けて40ウン年。愛するがゆえに厳しいことも言ってしまいますが、それも大好きだからこそ。たま~にマスコミ系に記事書いたり、アマチュアの野球チームにコーチしたりしてます。
  • 昨日のページビュー:142
  • 累計のページビュー:12266230

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 7/2 巨人 2-3 広島 すげぇペナントになっちまったもんだ…ある意味、負の奇跡だわ
  2. 7/22 巨人 2-4 阪神 初回の3点は今の巨人にはキツイわ…立岡には難しい打球判断だったか?
  3. [ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた
  4. 巨人を去ってゆく選手たち・・・皆の明るい今後を願います
  5. 7/1 巨人 3-10 広島 今日は完全に白旗!、先発が持たなきゃ巨人は勝てん(涙)
  6. 8/21 巨 1-4 阪→ 痛すぎる敗戦…これで限りなく赤に近い黄色信号に…(涙)
  7. [ジャイアンツ愛]6/6 巨 5-8 西 → 西武に勝利をプレゼントした形に…暗黒臭がハンパないな(涙)
  8. 9/14 巨 4-5 中→ 11連戦の初戦でこれはちょっと痛い…いや皆の言いたいことはわかる
  9. [ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます
  10. 7/3 巨 3-6 ヤ→ ここまで来たら、一度、最下位になってリセットしたほうが良いのでは?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
2010
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss