ジャイアンツ愛・いやそれ以上!

[ジャイアンツ愛]7/25 巨 1-2 広 → 2番セカンドの攻守に今日は差が出てしまったか・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人 1-2 広島 → 対 広島:3勝12敗0分 岐阜・長良川球場

勝利投手:野 村 16試合 6勝 4敗 0S セーブ :今 村 41試合 1勝 1敗 18S 敗戦投手:マイコラス 17試合 8勝 5敗 0S ・投手リレー 巨人:マイコラス→森福→西村 捕手:小林→相川 広島:野村→中崎→今村 捕手:會澤 ・本塁打 巨人: 広島: 日テレG+ にて観戦 解説:山本昌 実況:町田浩徳、上重聡 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 岐阜で行われた広島東洋カープとの15回戦。先発のマイコラスは初回に一死一、三塁のピンチを背負うが、その後は安定した投球で七回まで点を与えない好投を見せる。一方の打線は広島先発・野村を前に決定打が出ず、三回から七回まで3人で攻撃が終了してっしまう。試合が動いたのは八回。それまで好投を続けていたマイコラスが一死二塁の場面で野村の代打・西川に適時内野安打を許し先制されると、一死一、二塁から菊池の中前適時打で2点目を与えてしまう。打線は最終回、二死三塁のチャンスで坂本が右前適時打を放ち1点を返すも、阿部が内野ゴロに倒れ、1対2で試合終了。好機にあと一本が出ず、惜敗した Yomiuri Giants Official Web Site ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マイコラスぅ~~~気持ちはわかるけど、あそこまで怒りを顔に出しちゃうと、ベンチがギクシャクしちゃうでしょうに・・・

マギーの守備に関しては、土の地方球場だし、ある程度は織り込み済みのはずなんで、もうしょうがないと思うしか無い(これまで逆に予想以上の守備で助かったケースもあるし)。 ただ、先制の場面はもう少しこぼした球への反応は機敏にすべきだったと思う

一方でそれも含めて走らせた広島ベンチの積極さは相変わらずで、首位独走のチームの余裕というか、失敗を恐れないチームのムードがさらに上積みされていて、本来追いかける立場の巨人があぁいうプレーをしなければいけないのに・・・と見ながらちょっと歯がゆくなりました

終わってみれば、最後の阿部の打球も菊池以外なら取るのが精一杯という感じだったと思うので、2番、セカンドの差が勝敗を決定づけたと言えるかもしれません 去年もそうですし、カープとやる時は毎回口にしているような気がしますが、とにかく私の中では常に攻守に菊池にやられている印象で、大事なところで菊池に打たれ、あと一歩のところで菊池の守備に阻まれている感じ

そのマギーも9回の併殺の場面は必死で全力疾走しましたが・・・その前のストレートの空振りの残像が焼き付いていたか、フォークをひっかけちゃいましたね。フォークを狙ってすくっていたら・・・とタラレバと言いたくなりますが、しょうがありません (本人も失点の責任を感じてるでしょうし)

あとはやはり阿部ですかね… 初回のチャンスに空振りではなく、逆方向へ流し打てるようなバッティングができていれば…(あれは坂本を走らせてのエンドランだったのかな?だとしたら、阿部に色々と考えさせるのをヤメさせようとしての事だったのかもしれないけれど、だめでしたね(涙))

まぁこちらも相手の4番には仕事をさせなかったわけだから、その辺に関してはおあいこってところか…でも、仮に初回に点を取っていたとしても、広島は終盤には追いつけるって自信がありそうだし、事実、こちらが隙を見せた時の集中打は、さすが首位!って感じで強かった

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人戦速報
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

makura さん

お久しぶりです、返信が遅れてすみません

>澤村がいれば...片岡がいれば... 愚痴ってもキリがないか

そうですね、どうしても無い物ねだりをしてしまいたくなりますね。

>捕手3人体制を取り続けていても昨日のような代打の出し方では

結局、實松の出番とか無いですからね
最悪の自体を考えて、守りに入る余裕はないですから、
ベンチ入りメンバー自体にも攻めの姿勢がほしいなとは思います

[ジャイアンツ愛]7/25 巨 1-2 広 → 2番セカンドの攻守に今日は差が出てしまったか・・・

クルーズが楽天にトレードが決まりました
外国人選手は出場枠がありますから 仕方ないでしょうか

昨日のセカンド守備とか... あの敗戦からのこの発表で 複雑な気持ちです
なんかもっといい手があるのに使えない事情とやらで 色々と絡まって、結果が今期の成績だと思います

澤村がいれば...片岡がいれば... 愚痴ってもキリがないか。

なぜ阿部をスタメンで出し続けるのか
彼は休養させながら使えばもっと打てるはずです
阿部、村田、マギー、そして亀井までスタメンで出してしまうと
代打陣が薄くなって去年と変わらない現状でキツイですよね

この状態で捕手3人体制を取り続けていても昨日のような代打の出し方では
1点が入るとは思えません
緊急時対策の寺内、石川が第三捕手と考えて 代打枠として誰か上げて欲しいような...







taigahiro さん

>今シーズンは貧打、これに尽きます

まぁ今シーズンに限らず、去年も、その前も・・・なんで、さすがにちょっとストレスは貯まりますね

>条件付きで守らせるかと思いきや、後半全試合ですからね

土のグラウンドではバランス型で来ると思いましたが、先日の5安打が監督の頭にチラついているのか、もうセカンドマギーを外せなくなってしまった感じです

>打ち損じというよりもこれが精一杯のバッティング

スイングスピードそのものは、決して悪くないと思うんですけどね、なかミートポイントがズレていることがちょっと心配です。

打順に関しては、結局のところ、広島のように相手に合わせて、力の差のない組み合わせパターンが作れるほどバリエーションが無く、ただ順番を入れ替えるしかできないというのが厳しいですね。

>早めの継投も視野に入れての戦いですね

さすがにルーキーに何とか7~8回まで!なんて言えませんしね(涙)

pug さん

>接戦の終盤では守備固めを早めに出すという選択肢も必要

だからこそ、余計に先に点を取る展開に持ち込みたいんですけどね
そのための超攻撃型なので、それが機能しないとどうしても、こういう負け方になってしまいますね

まぁ、そういう打線なのでしょうがないんですけどね

>噛み合わないなという感じ

あちらを立てれば、こちらが立たず、守備を重視すれば攻撃力が極端に落ちて、そのまた逆も然りみたいな感じですからね
そんな中で、1人、2人、チーム状態に関係なく元気な若手が引っ張ってくれるといいんですけど、今の若い子はみんな大人しいからなぁ(笑)

こんな記事も読みたい

7/25VS中 無茶苦茶なシーソーゲームはまさかの幕切れで勝利!【雄平よ大志を抱け!】

すっごーい!! 今永7回無失点の快投!! そしてGOU砲で勝利だ!!【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

山﨑康晃のスライダーは夏場を乗り越えるための助けになるのか問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

【2017 巨人vs広島 第15回戦】本気でコイに勝つ気ある?ジャイアンツ、助っ人を責めるよりベンチのセンスの無さに嘆いた夜!!【孤独のプロ野球】

足らざるを補えない【巨人応援隊】

無能 無策のプライド野球【G党歴40年】

ジャイアンツの捕手3人制は何の為?【no title】

マシソンが来季も元気に投げれればいいけど【NO NAME】

ブロガープロフィール

profile-iconming

巨人戦を見続けて40ウン年。愛するがゆえに厳しいことも言ってしまいますが、それも大好きだからこそ。たま~にマスコミ系に記事書いたり、アマチュアの野球チームにコーチしたりしてます。
  • 昨日のページビュー:400
  • 累計のページビュー:12231428

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 7/2 巨人 2-3 広島 すげぇペナントになっちまったもんだ…ある意味、負の奇跡だわ
  2. 7/22 巨人 2-4 阪神 初回の3点は今の巨人にはキツイわ…立岡には難しい打球判断だったか?
  3. [ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた
  4. 巨人を去ってゆく選手たち・・・皆の明るい今後を願います
  5. 7/1 巨人 3-10 広島 今日は完全に白旗!、先発が持たなきゃ巨人は勝てん(涙)
  6. 8/21 巨 1-4 阪→ 痛すぎる敗戦…これで限りなく赤に近い黄色信号に…(涙)
  7. [ジャイアンツ愛]6/6 巨 5-8 西 → 西武に勝利をプレゼントした形に…暗黒臭がハンパないな(涙)
  8. 9/14 巨 4-5 中→ 11連戦の初戦でこれはちょっと痛い…いや皆の言いたいことはわかる
  9. [ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます
  10. 7/3 巨 3-6 ヤ→ ここまで来たら、一度、最下位になってリセットしたほうが良いのでは?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
2010
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss