ジャイアンツ愛・いやそれ以上!

[ジャイアンツ愛]7/23 巨 6-8 De → 今の状態を考えれば五分は上出来か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人 6-8 DeNA → 対 DeNA:7勝7敗1分 横浜スタジアム

勝利投手:山崎康 43試合 2勝 1敗 15S セーブ : 敗戦投手:高木勇 11試合 1勝 2敗 0S ・投手リレー 巨人:大竹→森福→西村→中川→マシソン→高木勇 捕手:小林 DeNA:久保→パットン→三上→砂田→山崎康 捕手:戸柱 ・本塁打 巨人:マギー10号ソロ、亀井2号3ラン DeNA:桑原10号ソロ、戸柱6号2ラン、筒香14号2ラン TBSチャンネル2 にて観戦 解説:槙原寛己 実況:新タ悦男 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの15回戦。巨人先発の大竹は桑原に初回先頭打者本塁打を浴びるが、打線は三回に同点とし、さらにマギーのソロ本塁で2対1と勝ち越す。その後は六回に大竹ら巨人投手陣が打ち込まれ一挙5点を失い、2対6と4点をリードされる展開。それでも打線が粘りを見せ、八回に陽の適時二塁打と亀井の3点本塁打で4得点、6対6と試合を振り出しに戻した。しかし同点で迎えた九回、高木勇が筒香に2点本塁打を浴びてサヨナラ負け。巨人は6対8で敗れ、このカードは1勝1敗1分けとなった Yomiuri Giants Official Web Site ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なまじっか8回に追いついただけに、勝てた試合なのでは?と悔しい思いもありますが、よくよく考えてみれば、亀井の3ランは、もともと計算できる結果ではなく、まさかのラッキーみたいなものですから、ゲーム全体を通してみれば、まぁ予想通りの敗戦だったかと・・・

これまでの記事にも、そして昨日の記事にも大竹はどれだけ調子よく見えても、2回り目までって言ってるのに、6回も投げさせちゃうから…案の定打たれてもーた

結果的には西村が傷口を広げたような感じになってて、じゃあ回の頭から西村だったらおさえてたのか?と聞かれればハイと返事がしにくい状況ではあるけれど、これだけ3回り目に捕まるってことは、やはり(今の)大竹はキチンと見切って使わなければダメなんだと改めて感じたわ (使う方としては、5回までの結果をみれば、引っ張りたくなるのはしょうがないことだとはいえ)

終盤に入ろうかというところでの4点のビハインドは、今の巨人にとっては致命的なので、そこから先はテンション↓で見ることになるのですが、結果的にはやはり長野、阿部のバットが湿っていることが打ち勝てない事につながっているかと

村田に関しては、昨日のホームランの貢献があるので、今日は責めませんけど、やはりマルチヒットが坂本だけでは(ん?小林?あぁ打ちましたね(笑))、一気に得点を重ねるのは難しい。中でも阿部の不調はチーム全体に大きく影響してくる。 9回の場面、せっかく相手から貰ったチャンスだったのに、ファールで逃げることが出来ずに空振りしてしまうあたりが、まだまだ感覚的にズレているのだと思うが、身体に問題がなく単に感覚のズレだけなのであれば、長引くこともあるし、ある日突然戻ることもあるため、外すことも出来ず、首脳陣は頭を悩ませていることと思う

7月は月間MVPを取っちゃうんじゃないかってくらい上昇基調にあった長野も、今は一休み中。1番の出塁率はチームの得点に絡んでくるだけに、長野自身の調子も早く戻ってもらわないと、打ち合いになった時に、どうしてもあと1点、2点が足りなくなる

明日、一日を挟んで遠征となるので、上手く切り替えるなり、ズレを修正するなりが出来るといいのだが…

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人戦速報
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

yumiiku さん

>すんなり負けて マシソンを温存したかったというのが本音でしょう

結果的には、そういう形になってしまいましたね。
タフなマシソンですけど、やはり温存出来るに越したことはありませんでしたし

今日からの広島戦ではフル稼働を期待されるわけですので、ちょっと休ませてあげたかったかと・・・思いますね

[ジャイアンツ愛]7/23 巨 6-8 De → 今の状態を考えれば五分は上出来か?

そうですね 五分は上出来ですが、この3戦目に負ける伏線は 2戦目の カミネロの投球があったから
更に言えば、菅野を完投させなかった(できなかった)ことにあるようにおもいます。
2戦目で菅野が完投してたら マシソンもカミネロも使わずにすんだ。そうすると ビハインドゲームで同点にした時点で マシソン カミネロと投入できた(しても失点してたかもしれないが)。
それと 阪神の3戦目と同じく 同点どまりだと 敵地ではこうなる可能性は(大)である。
これなら すんなり負けて マシソンを温存したかったというのが本音でしょう。今 リリーフで頼り
になるのは マシソンだけ、そのマシソンをこれだけ使うと どうなんだろうと不安になります。

yedobeing さん

>様々なスポーツを追いかけつつ、毎試合更新は

もちろん、野球が一番なんですけど、基本的にアスリートオタクなもので、この時期はアレヤコレヤで、なかなかに大変です・・・・
もうすぐ世界陸上もありますし(汗)

>勇人が敬遠されて慎之助が狙い通りに三振じゃこうなるよ!

俺の前で敬遠かよ!って阿部の目の色が変わることを期待したのですが・・・残念でした

>お子さんがヒロインするって楽しかったです

そうですね、巨人だとヴィーナスと一緒に子供が踊ったり、ゲーム前のスタメン発表を子供がやったりとかはありますけど、あぁいうのもアリかもしれませんね。
(ただ、ゲームの終了時間を考えれば、デーゲーム限定になりそうですが)

>明日からの広島戦はどうなるのか?

無抵抗で終われば、Aクラスも難しく、勝ち越す事ができれば、まだまだAクラスは諦めなくて良い!って感じになりそうです。
計算できそうなのがマイコラスだけなので、正直なところを言えば、厳しいかな・・・・って目で見てますけど

lovegman さん

>有望な若手を起用して、内海・大竹を第2先発要員として中継ぎに回したら

他の方の返信にも書きましたけど、個人的には悪くないと思います。
ただし、その場合は、大竹、内海にもプライドがありますし、これまでの貢献度もありますから、彼らのメンタル面をちゃんとサポート出来るということが大前提になるでしょうか?

>3人体制なのに時には實松・相川を時には起用して欲しい

13連敗中に彼らを使ったものの、大して変わらなかったことが影響しているのかもしれませんね、さらには村田を先発、時に亀井も先発で出していることで、小林に代打を送ろうにも、攻撃面で大差ないという悲しい状態になっていることも外しきれない要因でしょうか・・・

ならばいっそのこと、ベテラン捕手ではなく、若い捕手を控えで置いたほうが良いかもしれません、逆にその方が小林にとって無言のプレッシャーになるかもしれませんね

こんな記事も読みたい

阪神 大山悠輔詣り【プロ野球哀愁劇場】

【2017 DeNAvs巨人 第15回戦】もっと早く点取れYHO!ジャイアンツ、いい線行ったけど力尽き必然のサヨナラ負け!【孤独のプロ野球】

強制送還は正しいのか?【no title】

「亀井善行・一流のプロ野球選手」【プロ野球ステーション】

へえ~そこでカミネロじゃないんだ【俺は死んでも巨人ファン】

ボクはボクです…【博多の熱烈G党オジサン】

凋落の象徴を見せられたような試合【巨人応援隊】

17.7.22 行けるぞ沢村賞【巨人を見る】

ブロガープロフィール

profile-iconming

巨人戦を見続けて40ウン年。愛するがゆえに厳しいことも言ってしまいますが、それも大好きだからこそ。たま~にマスコミ系に記事書いたり、アマチュアの野球チームにコーチしたりしてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:12267726

(12月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 7/2 巨人 2-3 広島 すげぇペナントになっちまったもんだ…ある意味、負の奇跡だわ
  2. 7/22 巨人 2-4 阪神 初回の3点は今の巨人にはキツイわ…立岡には難しい打球判断だったか?
  3. [ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた
  4. 巨人を去ってゆく選手たち・・・皆の明るい今後を願います
  5. 7/1 巨人 3-10 広島 今日は完全に白旗!、先発が持たなきゃ巨人は勝てん(涙)
  6. 8/21 巨 1-4 阪→ 痛すぎる敗戦…これで限りなく赤に近い黄色信号に…(涙)
  7. [ジャイアンツ愛]6/6 巨 5-8 西 → 西武に勝利をプレゼントした形に…暗黒臭がハンパないな(涙)
  8. 9/14 巨 4-5 中→ 11連戦の初戦でこれはちょっと痛い…いや皆の言いたいことはわかる
  9. [ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます
  10. 7/3 巨 3-6 ヤ→ ここまで来たら、一度、最下位になってリセットしたほうが良いのでは?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
2010
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss