ジャイアンツ愛・いやそれ以上!

[ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます

このエントリーをはてなブックマークに追加

遅ればせながら、皆さん、あけましておめでとうございます

例年はオープン戦あたりか開幕直前に新年度のブログをスタートするのですが、今年はWBCもありますし、巨人の陣容も色々と変わっているので、少し早めに開始します

さて、2月1日からキャンプがスタートしました これから毎日選手たちの顔と状態がキャンプ中継、週刊ジャイアンツなどで見れるとなるとワクワクしてきます。

巷では「昔ながらの大型補強に走った!」とか「育成放棄!」とか「他球団への嫌がらせ」など色々と言われて、飲み屋でも「これで優勝できなきゃ恥ずかしいね」なんて言われたりして困ってしまいますが、いちファンとしてはマイナス要素よりもプラス要素の方が多く見えることは喜ばしいことであり、真の意味での”由伸野球”がこれからスタートするかと思うと、楽しみが非常に多いですね

例年なら去ってゆく選手、新加入した選手、変更された人事などについて、あれこれと考察するところなのですが、いかんせん今シーズンの巨人は変わったところ、見どころが多いので、今日以降の中で少しずつ小出しにしながら自分なりの思いを連ねて行こうかと思います

そんな中で、まずはキャンプ中継をひと通り見た感想を・・・

何はともあれ、大きな故障なく、ほぼ順調に日程をこなしていることにホッとしています。どんな形であれ、いざ開幕した時に故障者や不調者続出で消去法のような形や、半ば様子見という状態で出場させるようなオーダーになるのだけは避けてほしいので、とにかくこの先もケガなく進んでもらいたいですね

個人的には大田がいなくなってしまったことは寂しい限りですが、日ハムキャンプ中継でも見れますし、今季、巨人に残っていたとしても余程の結果を残さない限りは2016年と同じような事になってしまう可能性も大きいですから、環境が変わったことで大田の中の何かが覚醒してくれることを祈りたいと思います (球団としても、これで日ハムでブレークすれば、やはり巨人の育成が間違っていたと言われかねないリスクも背負っているわけで、それを覚悟の上で放出しているわけですから、むしろそういう報道が出ることは喜ばしいことだと思いたいものです)


ってことで、巨人の宮崎キャンプですが

一番嬉しいのは、阿部が初日から1軍チームで元気に練習に励んでいることです。昨年までは身体の事もあって、いわゆるベテランメニューということでスロー調整させていましたが、今年は若手に混じって初日から精力的に練習しています

それはすなわち、現状で身体に不安がない(もしくは極めて少ない)ということを現しており、身体さえ問題なければまだまだ老け込む年ではない阿部が、今シーズンは開幕からスタメンに名を連ねて戦力として計算できるという事に繋がるわけで、それは非常に心強く感じる例年にない変化ですね (何よりも笑顔で練習に取り組んでいる姿を見れることが我々も嬉しい)

それと関連することですが、個人的に今季、色々と補強した選手以上に最も良い補強になったかもしれないと思ったのが小林(のレベルアップ)です

丸刈りで阿部と自主トレをしたことは多くの人が知っているところですが、個人的には「もっと早く弟子入りしとけよ!」と思ったものの、阿部も2016年はキャッチャーで前線に出るはずだったということで、ライバルにある小林を教える事より自身の復調に集中し、小林自身もそんな阿部に聞きづらいという状況だったのかもしれません (とはいえ昨年の自主トレには河野を連れてってましたが(汗))

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人戦速報
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

giantsougon さん

>小林の状態がわからないので、どの程度期待してよいのかわかりませんが

今日もフリーバッティングでは柵超えを打ってましたね。
パワーはあきらかに上がってる感じです
(記事でも書きましたが、スイングスピードと身体の回転は確実に速くなってますね)

>「小林は聞きに来ない」と阿部が苦言を呈して

ニュースになってましたね。
去年は守備でもやらかしてましたし、おそらく聞きにゆく余裕すらなかった感じに見えました。まぁ、コーチを飛び越してシーズン中に選手に聞きにゆくというのは実際のところ難しいとは思うので、今回の自主トレは小林にとって良いチャンスだったのでしょう
(去年のカープの黒田、新井のようにベテランが下に降りてきて、若手にいじられつつコーチングするなんて空気は阿部には無理でしょうし)

>「古田のように」とは贅沢を言いませんので

そこまで行ったら大変なことですし、その域に達するまで覚えなければいけないことは山積みなので、大きな期待はかけないようにしてあげたいですが、まずは攻撃、守備の両方において去年の数字を上回ってくれれば、本人の中でも練習が裏切らなかった実感が生まれ、さらなるレベルアップに繋がりそうなので、少しずつで良いですからキャリアハイを更新し続ける成長を見たいですね

[ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます

正直、小林の状態がわからないので、どの程度期待してよいのかわかりませんが、
阿部の評価は高いようですね。

阿部は、おそらく、一昨年、原監督と話をして、ファーストにコンバートするという話になった段階から、次世代の捕手育成という思いはあったと思いますよ。
チーム事情で、すぐに捕手に戻ったものの、本来は「99%捕手に戻すことはない」という監督の言葉があり、阿部自身もファーストで勝負するという覚悟が言葉から出ていましたからね。

昨年まで小林に教えなかったのは、小林が聞きに来なかったからでしょうね。
何かのインタビューで「小林は聞きに来ない」と阿部が苦言を呈していましたよね。

しかし、今年の自主トレは小林の方から阿部にお願いしたということらしいので、やはり、この覚悟に共感したのでしょうね。

プロですし、コーチでもないのに、自分から教えるのは、ただの教え魔ですからね。
小林が来ることを待っていたと思います。

元々、打撃では、実は結構要所で打ったりしていますので、決して悪いわけではないんですよね。
ただ、非力さなどがあり、数字は残っていませんけどね。
阿部のアドバイスで開眼すると良いんですけどね。

「古田のように」とは贅沢を言いませんので、.250以上は打ってくれるとチームは強くなりますね。


borderless さん

>数が多いもののさほど「大型」でもない気がしないでもないですが・・・

いや、そのとおりですね。
FA戦士が実績(期待)通りの結果を出してくれれば大型補強になりますが、そこは期待してはいけない部分だと思ってます。
とはいえ、身体に問題がない状態で出場してくれるのであれば、計算できない若手よりは戦力にはなるでしょう。その若手も補強を目の当たりにしてビビるようではダメで、発奮材料にして覚醒してくれる選手がどれだけ出てくるか、今季の補強には当面の弱点の補強の他に、それを押しのけて上がってくる若手への激の気がしますね

小林に関しては、阿部がキャンプの独占インタビューで「とにかく小林はタフだ」と身体の頑丈さ、スタミナについては太鼓判を押してましたね。額面通りに受け取って良いものかどうかは開幕してみないとわかりませんが、期待はして良いと思います

大田の放出には、岡本をレフトで起用するという計算も入ってのことだと思いますが、基本ラインとしては岡本を先発レフトで起用し、状況に応じて代打亀井 or ギャレットへ繋いでゆく流れで出場機会を増やしてゆくものと思われます。
(マギー、村田に故障などあればサードでの出場もありえますが、村田は故障が少ない選手ですからねぇ)

まずはセンターラインの守備だけは固くしておき、そこ以外は多少目をつぶる・・・くらいの割り切りでシーズンを迎えるような気がします。

[ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます

お久しぶりです。「大型補強」と巷では賛否両論で盛り上がったオフシーズンの巨人でしたが、小笠原・ラミレス選手や杉内・村田選手を獲得した時に比べると数が多いもののさほど「大型」でもない気がしないでもないですが・・・陽・山口選手は故障を抱えてますし、マギー選手はブランクがあり、森福投手は近年はワンポイントでの起用でしたし、吉川投手に至っては栗山監督が我慢に我慢を重ね配置変更しながらも良くならないままで昨シーズン終盤事実上の戦力外扱いでしたしね。まあ既存戦力の競争力アップという点では大いに効果はあるでしょうし、昨年・一昨年の不調・故障者続出での戦力ダウンを観れば当然の補強ポイントなんでしょうけどね。小林選手の課題は、入団以来、何よりもまず体力の向上と思われます。昨年も開幕・故障明け時の打撃は充分2割5分以上の振りをしていましたが、暫くすると急激に鈍くなりだして成績を落としていたと思われます。もっとも他の若手選手に比べれば体格的に決して大きい方でないにもかかわらずほぼシーズンを通して激務の1軍捕手を務められた訳ですから体力がない方とは言えないのかも知れませんけど。現役最高の捕手である阿部選手に従う事で体力・メンタル・技術的に向上して仰れられてるような結果を残してくれれば良いですね。岡本選手はまず1年間通して1軍であろうと2軍であろうと試合に出続けられる状態でいられるかでしょうね。まだ3年目とはいえ年間通して出続けた事がない訳ですし、体格的にも見た目まだアスリートとして締まらないと持ち堪えられない気がします。岡本選手に限らず近年若手が1軍定着出来ないのは守備力の向上がない故だと思われます。打撃はどんなに調子良くても1ヶ月も続かないのが常であり、守備力が高ければ試合後半での守備固め等でも出場出来て打席を得られる可能性も増えてより結果にかかかわらず対1軍投手の経験をより多く積めるはずで、期待する選手なら首脳陣もよりチャンスを与えようとするはずです。例えば昨年迄なら橋本・大田選手等が、守備範囲が広いというだけででも誰よりもチャンスを貰ってたと思いますしね。打てない、打てないと言われて久しいチーム事情なので打撃優先は仕方ないんでしょうけど、近年の巨人は投手・守備力でAクラスを維持し続けてる訳ですし、ずっと燻ってる若手には何よりもまず内野なら寺内選手、外野なら松本選手に匹敵する守備力を身に着けられれば、大型?補強をしたとはいえ長いシーズン、巷で言われてる程チャンスが減る事はないと思われます。

こんな記事も読みたい

大谷投手の代役は岩貞!?【一生涯阪神ファンの想い】

第1クール終了【光散らし空へ】

カープシーズン回顧2016 ④そして独走へ 8月7日優勝を決めた菊池の一発【カープのことが好きだから】

先発投手陣の厚さ【プロ野球の底力】

小林選手最大のチャンス【産まれる前から巨人ファン】

* オマージュ。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

全開の山口俊が見られる日【NO NAME】

新外国人・アルキメデス・カミネロは、クレバーな投手なのか【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ブロガープロフィール

profile-iconming

巨人戦を見続けて40ウン年。愛するがゆえに厳しいことも言ってしまいますが、それも大好きだからこそ。たま~にマスコミ系に記事書いたり、アマチュアの野球チームにコーチしたりしてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:12266407

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 7/2 巨人 2-3 広島 すげぇペナントになっちまったもんだ…ある意味、負の奇跡だわ
  2. 7/22 巨人 2-4 阪神 初回の3点は今の巨人にはキツイわ…立岡には難しい打球判断だったか?
  3. [ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた
  4. 巨人を去ってゆく選手たち・・・皆の明るい今後を願います
  5. 7/1 巨人 3-10 広島 今日は完全に白旗!、先発が持たなきゃ巨人は勝てん(涙)
  6. 8/21 巨 1-4 阪→ 痛すぎる敗戦…これで限りなく赤に近い黄色信号に…(涙)
  7. [ジャイアンツ愛]6/6 巨 5-8 西 → 西武に勝利をプレゼントした形に…暗黒臭がハンパないな(涙)
  8. 9/14 巨 4-5 中→ 11連戦の初戦でこれはちょっと痛い…いや皆の言いたいことはわかる
  9. [ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます
  10. 7/3 巨 3-6 ヤ→ ここまで来たら、一度、最下位になってリセットしたほうが良いのでは?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
2010
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss