ジャイアンツ愛・いやそれ以上!

10/10 巨 3-4 De→ 力及ばず終戦…総力戦と言えば聞こえは良いが、まぁ力不足だったかなぁ

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人 3-4 DeNA → 対 DeNA:1勝2敗0分 東京ドーム

勝利投手:田 中 2試合 1勝 0敗 0S セーブ :山崎康 2試合 0勝 0敗 2S 敗戦投手:澤 村 2試合 0勝 1敗 0S

投手リレー 巨人:内海→大竹→山口→マシソン→澤村→田原誠→戸根 捕手:小林 DeNA:石田→砂田→三上→田中→山崎康 捕手:戸柱→嶺井

本塁打 巨人:阿部 1号2ラン、村田 1号ソロ DeNA:ロペス 2号2ラン 解説:中畑清、水野雄仁、能見篤史 実況:田辺研一郎、平川健太郎 日テレG+ にて観戦 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 横浜DeNAベイスターズとの「2016 アットホーム クライマックスシリーズ セ ファーストステージ」第3戦。巨人は1点を追う六回、村田のソロホームランで同点に追い付き、試合は3対3のまま延長戦に突入。迎えた延長十一回、嶺井のタイムリーで勝ち越しを許す。その裏、巨人は二死一、二塁とチャンスを作るが、最後は阿部が倒れて試合終了。巨人はDeNAに1勝2敗で負け越し、CSはファーストステージ敗退となった Yomiuri Giants Official Web Site ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2ランホ-ムランの打ち合いから始まったゲームで、どっちに転ぶかわからない手に汗握る展開、まさに後のないチーム同士の息詰まる戦いだったけど、数字を見れば10安打+4四死球のDeNAと6安打+2四死球の巨人で、内容的には押されていたと思う

色々と言いたいこともあるけれど、上手くまとめられそうにないので、順を追って気になっったところを中心に愚痴ってゆきます(笑)

まずは先発の内海…昨日は気負いが悪い方に出なきゃ良いなと思っていたんだけど、梶谷へのデッドボールでいきなり真っ白になっちゃったかな。とにかくボールが高く、左右も厳しくゆけなくなってしまった。それでも阿部の2ランで初回のミスはチャラにしてもらったわけだから、そこから作り直さなければいけなかったのに、左対左でしかも投手に打たれ、さらにはそれが失点に繋がってしまったのだから言い訳はきかない。

昨日の田口のあとだけに、あれくらい低めを徹底してつけないと、DeNA打線から見たら余計に打ちやすく感じたことと思う。

最後の最後で一番後味の悪い降板になってしまい、恐らくこれから先、来シーズンの初登板までずっと引きずることになるだろうと思う。願わくば、今日の敗戦が内海がもう一度光り輝くための糧になってくれると思いたい


ただ、緊急登板となった大竹は非常に良かった。 非常にフォームが大きくて、体全体を上手く使って投げれていた、その分、体力は消耗するだろうけど、球場の異様なまでの雰囲気や息詰まる展開に乗せられて、ちょっとゾーンに入っているかのような投球をしていたと思う、ペナントのようなピンチを作ってキョドっているような素振りは全くなく、気持ちを全面に出した大竹の良いところだけが出ていたようなピッチングだった。これをレギュラーシーズンでやってくれてれば…とタラレバを言いたくなるところだけど、それを言っても始まらない、今日のゲームで何かを掴んでくれたとしたら嬉しいが、個人的には来季は中継ぎで今日のような役割を担ってくれたら頼もしいなと感じた


今日の敗戦のポイントは数多くあると思うけど、内海の3点めの失点と同じくらい責任を感じなければいけないのが、亀井とギャレットだったように思う。特に4回、1アウト2、3塁からのギャレットファーストゴロ、亀井のレフトフライは非常に残念。本来なら、昨日もそうだけど、左投手をバンバンぶつけてくるDeNAに対しては先発出場させることすら躊躇するゲームだったと思うが、彼らに変わる右の外野手が他にいないということで、どちらかというとこの3連戦の下位打線はペナント以上に相手にとって楽なバッター陣ということになっていたように思う

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人戦速報
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

L.サンチェ さん

>本ブログ、多々共感しました

こちらこそ、色んな意見が聞けて、また野球に関する見識を少し深くさせていただきました。

>ラミレス監督は、意外と(?)緻密な采配で

開幕してしばらくはDeNAファンの集まりの中でも酷評されていたようですけど、今では絶賛の嵐ですからね、やはり勝負は勝たないといけませんね。
ラミちゃんはヤクルト時代からゲーム前には相手投手のDVDを見て予習をし、相手キャッチャーの配球を読むことを楽しみにしていたくらい理論派の選手ですし、何よりも明るくて話し好きなので、チームに溶け込みさえすれば若い選手はドンドン伸びるなと思ってました。

本当は巨人の打撃コーチに就任してほしかったのですが、先にDeNAに取られてしまい残念です

>オリックス糸井獲り争いの記事がでていましたが、実のところは如何でしょうか?

今の巨人に必要なのは上手い選手ではなく、精神的にも肉体的にも強い選手なので、個人的には大賛成です。逆にバレの抜けるヤクルトや阪神などに取られたとすると、こちらにとっても痛手なので、ぶっちゃけ本腰を入れて取りに行ってもらいたいです

彼の練習方法やバッティングに関する考え方、体づくりなどの一つ一つが長野や大田らのレベルアップにも一役買うと思ってますし・・・

makura さん

>ヤバい 押されてる! 

これは私もテレビ越しに感じました、同時に「なんで俺はこの大事な時に球場にいないのか!」と・・・
優勝争いをしている時の巨人vs阪神のような真っ二つの雰囲気の中、本来ならホームのはずの巨人の応援陣のほうが声が小さかったように見えて、少し寂しかったですね
(それはあの広島の優勝が決まった日の東京ドームでも感じましたが・・・)

>阿部の最後の一打がスタンドの手前で失速したのは 私の様なファンへの罰だったのかもしれません

同じく私も反省します(汗)
ただ、選手たちの目の色という意味でも、負けていたかなと・・・
常にベンチの最前列でグラウンドにいる選手と同じ目線、同じ気持ちでいたDeNAナインと椅子ドカっと座って戦況を見ている選手たちの温度差に関しては、すでにゲーム中にモチベーションで負けていたのかも?と映像を見返してみて思いました

>鈴木もですがあんな状態でシーズン終了した沢村は大丈夫でしょうか...?
精神的な部分も含め 心配ですよね

そうですね、でも、それを糧にして乗り越えられなければ、その座を狙う選手にポジションを奪われるだけですので、来年の今頃、「去年の悔しさがあったからがんばれた!」という優勝コメントが聞けると信じて見守るしかないですね

巨人が気になる社会人 さん

>今年は何もかも足りない、不完全燃焼な1年でしたね

ま、ヘタにちょっとだけレベルアップすれば!くらいじゃなくて、ガックリくるくらい完敗だったシーズンだったことがむしろケガの功名かもしれませんね

>足の速い選手はもういいかなと感じました

理想はやはり走攻守すべてに優れた選手が欲しいですが、出来れば一芸に秀でた個性的な選手の集まりが希望ですね。
短所は練習でカバーできますが、持っている長所は才能ですので、そこが突出している選手の集団の中から目が出てくる選手が伸びてくるのを見るのは楽しみです

ま、それはドラフトだけではなく、現状の若手戦力にも言えることで、足の速い選手はそれを活かし、長打力のある選手はソコを伸ばすという極端な育成も面白いのかなと思います。原監督時代にマルチな選手育成をしたことで、バランス型の選手が増えましたので、一新を掲げるからには、「一芸」という視点で1軍に這い上がってくる選手が何人か出てきて欲しいなと思います

巨人ファンのおっさん さん

>その敗戦を消化しきれない自分がいます

なんかイケそうな雰囲気も出ていただけに、余計に残念感はありますね

>番外編の村田の気迫には正直頭が下がりました

実際のところ患部がどうなのかわかりませんけど、あの場面は最後までグラウンドにいたいという気持ちは伝わってきました。同時にチームメイトに対するメッセージも含んでいたなと・・・

>小林の無全力プレーにはあきれました

色々総合すると、小林はいわゆる天然系ボーイだったということでしょうかね。
それはそれで長所ではありますが、どうしても配慮にかける部分が出てきてしまうのも否めません。まぁ1年間マスクを被り続けたことも初めてですし、ポジションを考えると心身ともに疲労具合は野手の比では無かったと思うので、同時に複数のことをこなす余裕も無かったと好意的に捉えてあげたいところです

配球だけ良ければ、キャッチングだけよければ、バッティングだけよければ・・・と一芸に秀でていればOKという役割ではないので、これから先も大変でしょうけど、とにかくこの1年間で良かった点、悪かった点をしっかりと整理して、出来れば1段階ではなく2段階くらいレベルアップして欲しいですね

>ヤフーニュースで巨人が糸井取りへ本格参戦と元楽天のマギー取りが報じられていました

出てましたね、FA市場に関してはまた触れたいですけれど、大島か糸井かと言われれば、糸井でしょうか。彼の身体能力の凄さを若手に間近で感じて欲しいなというところで、明るい糸井の性格はチームの雰囲気を変えてくれそうな気がしてます
外野は正直お腹いっぱいのところはありますが、松本、橋本、立岡など線の細い選手が多いので、人間離れした糸井の存在は大田にも好影響を及ぼしてくれるかなと思ってるところもあるので、なんとしても糸井は取ってもらいたいです

>選手はまずはしっかり休み、疲れを取り、11月くらいから来シーズンへ向けて始動してほしいと思います

技術的なレベルアップももちろんですけど、とにかくケガに泣かされたシーズンでしたので、故障とは無縁の体づくりもやってほしいですね。
広島がぶっちぎった要員のひとつに主力選手の離脱がなかったことが上げられますから、とにかく来季は離脱者0を目指して鍛えてほしいと思います

>ドラフト結果を踏まえた来シーズンへの展望などを書いていただけると嬉しいです

今年は日本シリーズまでブログを続ける気マンマンでしたので、正直なところまだ消化不良ですので、折を見て色々と呟いてみたいと思ってます、とりあえずになりますが、今シーズンお付き合い頂きありがとうございました

こんな記事も読みたい

横浜ベイスターズへの偏見を遠慮なく書いてみた。【キキアシワアタマ】

オリックス2016の野手の成績を振り返る【オリだぶ】

大人なプロ野球,子供なJリーグ【キキアシワアタマ】

巨人のドラフトを振り返る(2013年)【徒然日記】

2016ドラフト指名予想~読売ジャイアンツ編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

10月10日(月)対ベイスターズ@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

【読売終戦遊戯】「さらば、原巨人」【プロ野球死亡遊戯】

2016シーズン終了したので巨人を振り返る【兎と牛は最後の夢を見る】

ブロガープロフィール

profile-iconming

巨人戦を見続けて40ウン年。愛するがゆえに厳しいことも言ってしまいますが、それも大好きだからこそ。たま~にマスコミ系に記事書いたり、アマチュアの野球チームにコーチしたりしてます。
  • 昨日のページビュー:94
  • 累計のページビュー:12266500

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 7/2 巨人 2-3 広島 すげぇペナントになっちまったもんだ…ある意味、負の奇跡だわ
  2. 7/22 巨人 2-4 阪神 初回の3点は今の巨人にはキツイわ…立岡には難しい打球判断だったか?
  3. [ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた
  4. 巨人を去ってゆく選手たち・・・皆の明るい今後を願います
  5. 7/1 巨人 3-10 広島 今日は完全に白旗!、先発が持たなきゃ巨人は勝てん(涙)
  6. 8/21 巨 1-4 阪→ 痛すぎる敗戦…これで限りなく赤に近い黄色信号に…(涙)
  7. [ジャイアンツ愛]6/6 巨 5-8 西 → 西武に勝利をプレゼントした形に…暗黒臭がハンパないな(涙)
  8. 9/14 巨 4-5 中→ 11連戦の初戦でこれはちょっと痛い…いや皆の言いたいことはわかる
  9. [ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます
  10. 7/3 巨 3-6 ヤ→ ここまで来たら、一度、最下位になってリセットしたほうが良いのでは?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
2010
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss