ジャイアンツ愛・いやそれ以上!

9/24 巨 5-6 De→ やっぱり野球は4番なのか…とにかく今季の残りは阿部次第

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人 5-6 DeNA → 対 DeNA:10勝14敗1分 横浜スタジアム

勝利投手:田 中 60試合 5勝 3敗 0S セーブ :山崎康 58試合 2勝 5敗 33S 敗戦投手:マシソン 67試合 8勝 4敗 1S

投手リレー 巨人:内海→田原誠→山口→マシソン→澤村 捕手:小林→實松 DeNA:三嶋→ザガースキー→須田→田中→山崎康 捕手:戸柱

本塁打 巨人:ギャレット24号ソロ、村田23号3ラン DeNA:ロペス33号ソロ、梶谷17号ソロ、筒香43号ソロ 解説:佐々木主浩 実況:初田啓介 TBSチャンネル にて観戦 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの最終戦。巨人は1点を追う二回、ギャレットの24号ソロホームランで追い付くと、三回には坂本のタイムリー二塁打で1点を勝ち越し、さらに六回、村田の2試合連続となる23号3ランで突き放す。しかしその裏、2本のソロとタイムリーヒットなどで同点とされると、続く七回、4番手のマシソンが宮崎にタイムリー内野安打を打たれ勝ち越しを許す。巨人は中盤の4点リードを守りきることが出来ず、2連敗となった Yomiuri Giants Official Web Site ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(土日がパンパンに詰まってしまっていたので、更新が遅くなってしまいました すみませんm(_ _)m )

この2連戦を総称すれば「非常にマズい!」ってことになるかなぁ

数字の上では8-2くらいで圧倒的に有利だったはずが、4-6くらいになった感じで、火曜の巨人の勝敗、水曜のDeNAの結果次第では五分五分となり、プレシャーがかかった状態で巨人の状態が上がらなければ、最悪、逆転されて3位で終わる可能性も決して笑い話ではなくなってしまった

思えば、一昨年までの巨人は決して戦力的にベストメンバーでは無い状態であっても、”ここを負けるとヤバい”とか”ここを勝てば楽になる”という状況での勝率は高かった。それは原監督の経験や勘からくる勝負どころでの戦いをうまく用兵した結果なのだと思うが、あのマツダでの菊池にホームランを打たれた試合に象徴されるように、今季に関しては”ここを取れば!”というところで、首脳陣や選手に迷いとか油断とかが出てしまったのではないかと思う

経験値で由伸監督が原監督を上回るには最低でも5年、普通に考えれば10年はかかるわけで、それを今ここで言っても始まらないが、それでも昨日今日野球を始めた選手たちではないのだから、そういう時にどういう心構えで戦えばいいのか、集中力を保つには何が必要なのかはわかっていると思ってたが…なかなかココゾで力を発揮することが出来ず、残念な結果(対DeNA2連敗)になってしまった(涙)


この2敗のキーは結果的に4番の結果と直結した形で

ここで点が取れれば!というところで打てなかった阿部と筒香の差が出てしまうという、わかりやすい敗戦だったと思う。まぁどんな大打者でも全てのチャンスに結果を出し続けるのは難しいわけで、6回にはチャンスメークして村田の3ランに繋げたわけだから、それでいいだろうという事になるのかもしれないが、この2戦のように点の取り合いな雰囲気になった場合は、たった1度だけでは物足りない。少なくとも3回、もっと言えば追いつかれた後の7回の場面で阿部が点を取っていれば、その後の流れも大きく変わったかもしれない

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人戦速報
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

loveg80 さん

>このまま不調が続けば、村田か、ギャッレトの4番もあり

流れ的にはギャレットでしょうかね、同じ左ですし。
まぁギャレットの4番で始まり、紆余曲折あってギャレットの4番で終わるというのも、何となく今シーズンを象徴しているようで、アリかと思いますけど、阿部の4番は動かさないでしょうね・・・

昨年のCSで阿部が打ちまくりましたけど、今季もそういう確変が見れるのであれば、4番でもいいんですけど・・・・はてさてどうなりますでしょうか?

>中継ぎ陣の緊急整備を図ってもらいたいですね

むしろ、ここが問題でしょうね。
2位確保がギリギリになってしまったので、若手を試す余裕がすっかりとなくなってしまいました。
CSで捨て試合を作って試すという手もあるかもしれませんし、先発4人体制にして残りを中継ぎに回すという選択肢もありますね。

ファームは優勝しましたし、2軍の結果だけを見れば使ってみたい投手はいますけど、その結果が1軍に直結しない事が決断を鈍らせてしまう原因でしょう。結局、杉内も間に合いませんでしたし、ポレダにいたっては存在すら忘れているファンも多いのではないでしょうか?開幕前後のドタバタで、期待していた投手がいなくなってしまいましたし、とにかく今シーズンは投手のやりくりに苦労するシーズンになってしまいましたね

田口の飛躍は嬉しいですが、そのプラスに対してマイナス要素のほうが遥かに多かったのがキツイところです

巨人ファンのおっさん さん

>結果が出た後の後出しで首脳陣批判をしているような気がして

私も打つ手としては間違ってないと思いますよ、結果が伴わなかっただけで・・・
ビジターなので打球やバウンドが読めなかったところもあるでしょうし、安全にゆくか突っ込むか迷った部分もあるでしょう。
ただ、それも含めて、レギュラーをダッシュするつもりなら、あらゆる瞬間に身体が反応する身体能力と判断力が必要だったということでしょうか?

これから先も1軍半でいいなら、まぁしょうがないですみますが、巨人の外野のポジションを不動のものとするなら、どれだけ難しくてもおさえなければいけなかったかもしれませんね

>クルーズに任せ、一塁につくべきでした

それもあるでしょうし、クルーズの送球がドンピシャであれば、しっかりとベースを踏んだ瞬間に取れたタイミングでもありましたので、個人的にはクルーズの送球に問題ありだったと思います

>10回から投げる投手が宮國、中川、高木勇人と今の状態ではサヨナラフラグしかたたないようなメンツしか残っていない

先のことより目の前の1点なんでしょう。その気持もわかりますし、相手へのプレッシャーという意味での代走も必要だったかもしれません。
先の展開を読んで用兵するという事に関しては、現状では原前監督の足元にもまだ及びませんね、それはまぁ仕方ないことなので、監督自身もまだ発展途上ということで目をつむりましょうか(汗)

>エースが勝つことを信じて広島にぶつけないでどうするのか?

普通に考えれば、広島より中日のほうが2ケタ勝利の確率が高いということで、それが由伸監督の結論なのでしょう。結果として、中日に菅野が負ければそれこそ元の木阿弥ってことになり、ちょっと恥ずかしい形になってしまいますけど、そこはもう確率の世界で考えてということでしょうね。

個人的には広島に菅野が勝利して、気持ちよくCSに向かいたいところですけど、それが去年まで選手だった監督の特徴なのでしょう。
(どうしても、選手側の立場になって、良かれと思ってやってしまうんでしょうね)

まぁそれも結論、広島に当てるのも結論なので、どっちが良かったのかはオフに監督自身が考えることでしょうが、来季は是非とも選手の気持ち優先ではなく、あくまでもチームの勝利優先でタクトを奮って欲しいところですね。

9/24 巨 5-6 De→ やっぱり野球は4番なのか…とにかく今季の残りは阿部次第

>6回でギャレット選手をベンチが交代

何故、いつもギャレットを途中交代させるのか、むしろ阿部の守備の方が不安でしたね。
問題は、阿部を使い続けて休養、あるいは休養日を取らなかったことにも最近の不調の要因があったと思います。個人的には岡本との併用を考えていたが、まだ1軍では無理と首脳陣が決断したので仕方ないと思っています。

これからの戦いでは、阿部4番で行くしかないでしょうが、阿部はかつての阿部ではないし、ペナント疲れの不安もあります。それでも、今季はこのまま不動の4番阿部に掛けるしかないのでしょうね。もし、このまま不調が続けば、村田か、ギャッレトの4番もありと思います。

それと、打線の問題もあるが、中継ぎ陣の緊急整備を図ってもらいたいですね。宮國も中途半端で復帰したがちょっと不安ですね。田原もイマイチで、高木勇もピンチで使っていないし、他に居ないのでしょうか・・・。残りのゲームで他の選手も試して欲しいものです。

9/24 巨 5-6 De→ やっぱり野球は4番なのか…とにかく今季の残りは阿部次第

コメント失礼します

巷でいわれているような敗因はだいたいみなさんで語られているようなので、少し別の視点でおとといの敗戦を振り返りたいと思います

個人的には、まずギャレットの交代期について、言われるほど愚策かと問われるとそうでもないと感じます。理由は、橋本の守備に要約されますが、結局のところ4点差を逆転されたのは、守備のほつれからであり、ギャレットを代えずにギャレットのところに似たような打球が飛んで後逸、結果同点、逆転された・・・なんて展開になれば4点差もあってなぜ守備固めをしなかったのか?という論調が出たでしょう。個人的には、結果が出た後の後出しで首脳陣批判をしているような気がしてなりません

また、橋本の守備についてですが、鬼軍曹の村田ヘッドでさえ判断が難しく一方的に攻められないプレーと評しているように、判断の難しいプレーだったと思います。よく聞く対策論として無理に突っ込まず待って取ればよかったというのを聞きますが、あの打球はワンバウンドしたときに橋本から見て左にイレギュラーしており、体の小さい橋本が待っていたとしても取れた保障はありませんし、人工芝の横浜スタジアムではボールが高く跳ねて頭を越されるということがしばしばみられるので、待っていたら下手したら頭を越されることもありえました。そんな中で橋本は前に出て体をかぶせるようにとび、最悪前に落とすような姿勢で捕球を試みましたが、バウンドが左にイレギュラーし、無情にも橋本の左わきを抜けていくことになったので、見栄えの悪い後逸プレーということになりましたが、印象ほど簡単なプレーではなかったと思います。全盛期の松本ならという話もありましたが、それはないものねだりであり、橋本の立場では逆転につながるかもしれない瀬戸際のプレーをギリギリのタイミングで突っ込むというのも無理な判断だと思います。あくまで結果として最悪だったのであってその選択は最良の近いものであったと個人的には思います

また、これは誰も話題にしないのが不思議なんですけど、逆転を許した7回宮崎のあたりで個人的にはあれは阿部のミスだと思います。阿部がとっさの打球判断をしっかりして、自分では取れないと判断して、クルーズに任せ、一塁につくべきでした。そうすれば、体が流れていない分しっかり捕球できて、おそらくアウトにできたでしょう。タイミング的にはアウトでしたからね。あの打球の場合、阿部が歴代最高の守備力を持つ一塁手であったとしても取るのは無理な打球で、クルーズが処理できなくても、ボールはクルーズが追いかけて取りに行く打球だったので、阿部にできることは一塁についてクルーズが追いついたときに備えることだったわけですが、その判断を阿部が誤った結果の失点だったと個人的には思います

ネガティブな話題ばかりなので、少しポジティブ要素を書けば、澤村の状態が戻りつつあるということですかね。おとといは捕手が実松でしたが、興味深かったのは最初の打者山下相手にほとんどストレート一本で攻めさせたことです。実松は、握りが深いフォークがどうこういっても結局のところ澤村はストレートが軸の投手であることを知っているので、ストレートで抑えることが澤村再生の第一歩になることを知っているように感じました。それでいて、最初の打者をほぼストレートで抑えきると続く二人はフォークを主体にし、フォークの感触を確かめることも忘れず、最後はストレートで仕留めるという締めも完璧で、澤村もずいぶん気持ちよく投げられたと思います。自信を失いかけている投手を再生させるのは、新しいことをやるよりも自分にとっての一番の武器がしっかり通用することを再確認させることだと思うので、その意味でも実松のベテランの味がでたいいリードだったと思います

最後に最終回の攻撃について、個人的には采配に大いに不満があります。最終回、先頭の長野がヒットで出てノーアウト1塁でベンチは犠打を命じました。まず、同点という采配です。ですが、仮にもくろみ通り同点にできたとして、その後の展望はあったのか?大いに疑問です。巨人の中継ぎはマシソンを使い終わり、澤村も1イニングすでに投げている。普通で考えれば2イニングがいっぱいいっぱいで10回から投げる投手が宮國、中川、高木勇人と今の状態ではサヨナラフラグしかたたないようなメンツしか残っていない。それでも打線で点が取れる望みがあればいいが、すでにギャレット、クルーズは引っ込み、代打も堂上、大田、立岡と一軍で最低限の結果を残しているメンツはすでに使い、実松に至っては代打を出したくても出せないという状況で9回に同点どまりだと得点が期待できる上位打線まで下手したら12回までかかるということを考えると、9回に逆転する以外に勝ち目はないという状況で同点狙いでどうする?と、思います。個人的には、ここで勝負をかけて長野に代走・鈴木尚を送り、山崎に走るプレッシャーを与え、そのうえであえて走らず、亀井が打ちやすい状況を作ってやるのも手ですし、逆に走れるようなら走ってもいいでしょう。鈴木尚というのは塁上で相手にプレッシャーをかけらる唯一無二の存在なわけですから、それをつかわずにどうすると聞きたいところですね。もちろん、攻めた結果ダブルプレーだったかもしれませんし、同点に追いついて12回までしのいだのに今度は長野がいなくて攻撃力を欠き、結果12回にサヨナラ負けということも考えられなくはありませんが、それは勝つための手を打ったうえでの敗戦であり、しょうがないとあきらめなければいけない敗戦だと思います。おとといの試合は打つべき手がありながら躊躇して打てずに負けた悔いの残る敗戦だったのが雰囲気をより重くしているように思いますね

最後に、今週の5試合を先発が中5日で回るという記事がありました。つまり、菅野は中日戦に回るということですが、個人的にはこれで日本シリーズ進出の芽はほぼなくなったと感じます。菅野が中日相手に勝とうが広島相手に勝とうがチームとしては同じ一勝で菅野で2勝はできないわけですから、エースが勝つことを信じて広島にぶつけないでどうするのか?だいたい、マイコラス、菅野、田口、内海では5戦は戦えず最後の甲子園は大竹か高木勇人が登板するしかないわけですから、それなら東京ドーム好相性の大竹を中日にぶつけ、菅野は広島相手にぶつけて2位を勝ち取るくらいの気持ちで攻めないでどうするのか?広島に菅野をぶつけないことが首脳陣の菅野への信頼感を如実に物語っているように思いますし、現在のエースが菅野であるならエースへの信頼がそれでは短期決戦を勝ち抜くことなどできません。仮に、菅野が広島に負け、結果3位に落ちたのだとしたら、菅野には2位になれなかった責任というものをしっかり自覚させ、さらなる成長を促せばいいだけのことです。あまりに短期的な視野ばかりでは、結果として短期の結果も出ないような気がしてならないだけに首脳陣は常に中長期的な視野を持ちながら、それが崩れない範囲での短期的運用というものを身につけなければいけないと個人的には思います

長文コメント失礼しました

こんな記事も読みたい

スターティング・ベル【カープ中心、日本酒ちびちび観戦記】

【孤独のドラフト情報】中継ぎ補強におすすめ?ジャイアンツ、2016年ドラフトで欲しい!?勝手に思う2人の投手とは?【孤独のプロ野球】

記録に残らない引退試合❗️【やっぱりカープがナンバーワン❗️】

毎年デザインは同じ&巨人の人気が落ちているのでユニホームを配布しても完売できなくなった 読売ジャイアンツ 16年オレンジユニホーム、ピンズセット【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

【プロ野球】巨人で良い打者が育たないのが分かる気がする【徒然なるままにスポーツを語らん】

こぼれ落ちた二桁【逆風に負けず】

さぁどうする?【橙魂伝承】

ジャイアンツ2016ドラフト。野手の指名がポイントとなりそうだ 【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ブロガープロフィール

profile-iconming

巨人戦を見続けて40ウン年。愛するがゆえに厳しいことも言ってしまいますが、それも大好きだからこそ。たま~にマスコミ系に記事書いたり、アマチュアの野球チームにコーチしたりしてます。
  • 昨日のページビュー:90
  • 累計のページビュー:12268753

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 7/2 巨人 2-3 広島 すげぇペナントになっちまったもんだ…ある意味、負の奇跡だわ
  2. 7/22 巨人 2-4 阪神 初回の3点は今の巨人にはキツイわ…立岡には難しい打球判断だったか?
  3. [ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた
  4. 巨人を去ってゆく選手たち・・・皆の明るい今後を願います
  5. 7/1 巨人 3-10 広島 今日は完全に白旗!、先発が持たなきゃ巨人は勝てん(涙)
  6. 8/21 巨 1-4 阪→ 痛すぎる敗戦…これで限りなく赤に近い黄色信号に…(涙)
  7. [ジャイアンツ愛]6/6 巨 5-8 西 → 西武に勝利をプレゼントした形に…暗黒臭がハンパないな(涙)
  8. 9/14 巨 4-5 中→ 11連戦の初戦でこれはちょっと痛い…いや皆の言いたいことはわかる
  9. [ジャイアンツ愛] 個人的に今季最強の補強は小林?と思ってます
  10. 7/3 巨 3-6 ヤ→ ここまで来たら、一度、最下位になってリセットしたほうが良いのでは?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
2010
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss