希望が奇跡の幕開く神宮劇場

【読書感想文】山田哲人のコーチの名は知られていても、担当スカウトの名は知られていないという現実

このエントリーをはてなブックマークに追加

『プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である』 片岡宏雄(元ヤクルトスカウト部長)

この一冊とどう向き合うかを考えるのには、相当な時間を要した。

いくら期待を掛けようともそれに確信があろうと、それを裏切るケースなど山のようにある。第一、予想が必ず当たるのならば証券アナリストはみな金持ちのはずであるが、事実はそうではない。 ドラフト一位の鳴り物入り、スーパールーキーが毎年大活躍、とはいかないことだってザラにある。 予想は外れることも当たることもあるからこそする意義がある。 著者の片岡氏もきっとそんな世界で名スカウトと名を馳せられるほどの結果を残したことへの誇りを持っており、ペンを執るに至ったのではないだろうか。

そう思いながら手に取ったこの一冊には強い違和感を覚えながら読み進めた。登場人物の多くが野球はチームスポーツであること、という前提を忘れているのかのような発言をしている点だ。 見出された恩を忘れ「スカウトは球団の救済事業だ」と吐き捨てた選手。 手柄を独り占めしようとした野村監督。 そして選手の不出来の責は現場の指導者に押し付けながら活躍した選手の手柄を声高に主張する片岡氏。 選手の発言については論外だが、監督、コーチとスカウトについては、ある意味お互い様ではないだろうか。

例えば決してプロとして十分だったと言えなかった宮本慎也の打撃を2000本の安打を積み上げるまでに仕立てたのは臨時打撃コーチを務めた中西太氏との出会いであると宮本本人は後述しているし、野村監督は「二流の超一流になれ」という言葉を贈り導いたことでそのものずばりのタイトルで共著を出すまでに強い「師弟」関係を築いている。

指名を進言した片岡氏の手腕も評価されるべきであるし、いわば選手という作品はスカウトと指導者の共作ではないのか。 この点に関しては本書で片岡氏も認めてはいるが、私の読む限りでは苦虫をかみつぶすような顔をしながらこの原稿を記したのではないか、というような記述のされようである。

本書の文章からは、前述のとおり著者の強いスカウトとしてのプライドと意地が見て取れる。それが野村監督への強い反発を生んでいるのだろう。 それと同時に人情を重んじる人物であることも感じさせる。それは人脈を繋ぎ、選手獲得において多大に役立っていたようだ。反面、それが仇となり立教大学の後輩・黒須陽一郎の件では黒須の強い希望により三位で指名することとなったが黒須本人の翻意により入団拒否、これに激怒した片岡氏が立教大学OB会を脱会するまでのトラブルに発展するという痛い目を見ている。これについて本書は詳しい。と言っても4ページ弱ほどではあるのだが。怒りと失望に満ちた片岡の一言には鳥肌が立つ。

自ら獲得に携わった選手たちを入団後も気遣い、思いやる気持ちを持っていることは強く感じられた。不遇に憤り、奮起を促し、球界を去る背中を見れば悲しむ姿はスカウトの鑑だ。

総じて見れば、黄金期を懐かしむ一ファンとしては少々水を差されるように感じる面は多々あった。 私自身、野村監督の反対を押し切るほどの片岡氏の強い推挙によって獲得され、野村監督の薫陶を受け球界を代表する捕手になった古田敦也、大学時代も二番手投手でありながら片岡氏が「勝負した」とまで言った指名およびこちらも野村監督の導きにより宝刀シンカーを習得し、名球会入りを果たすまでにのし上がった高津臣吾が活躍する姿を見てヤクルト・ファンになったからである。

メディアでは片岡氏の言う通り野村監督の手柄にされすぎている側面は否定すべきではないが、それが間違っているとは一概には言えない。だが実際としてはスカウトの努力は表面に出てくることは多くなく、こうして声を上げる者がいなければほぼ見向きもされないという事実もある。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
読書感想文
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【読書感想文】 山田哲人のコーチの名は知られていても、担当スカウトの名は知られていないという現実」へのコメント

コメントありがとうございます。
スカウトの強い推挙によって事前の予想より早い順位で獲得され、活躍した選手には他にも広島の鈴木誠也選手がいますね。
こうして花開いた選手たちについてはごく一部ながらもエピソードとしてファンの耳に入りますが、なかなかそれ自体貴重なことですし、スカウトの奮闘ぶりに対する広報努力のようなものもあって良いのかもしれません。
反面、DeNAの柿田投手はスカウトが当時の中畑監督の声にが自信ありげに「いけます」と推挙しハズレ1位で競合し獲得に至りましたが、結果は今のところ…
だから、難しいのですよね。
昨年のドラフトでも佐々木千隼投手がまさかのハズレ1位に回り寺島、今井、藤平が全員単独入札になるという指名戦略の引き起こしたドラマがありました。
もっと、報道する側にせよ、見る側にせよ、スカウトの方々への関心を持ってみると野球観戦が面白くなるような気がしました。

【読書感想文】 山田哲人のコーチの名は知られていても、担当スカウトの名は知られていないという現実

こんばんは。

私もこの本を読みました。個人的に最も興味深かったのは池山指名に至るエピソードです。
小早川推しと池山推しがせめぎ合う中で、片岡氏が池山を推し切るくだり。どんなに眼力があっても自信がなく推挙に失敗すれば、まったく意味がないと思い知らされる。

なので松田スカウトの功績も、(真相は不明で推察に頼るしかないですが)「山田を見出した」より「外れ1位候補まで推し上げた」だと、私は強く言いたい。あの時「1位はクジが外れ続けても投手で行く。野手は2位で」という方針だった場合、オリックスに指名されていたからです。

そもそも見出すだけならほぼ全球団のスカウトがやっていたでしょう。吉川や西川のように2位指名を画策していた球団も多数あったはず。オリックスの敗北とスカウトの無念はクジを外したことではなく、伊志嶺より山田を上に推すことができなかったことではないか。オリックスはヤクルトより先に野手指名にシフトしていたのだから。

松田スカウトの推しがあったからこその外れ外れ1位だと思っているので、関係者には労に報いるためにも当時のエピソードを出して欲しいなと思います。

長文失礼しました。

こんな記事も読みたい

久々の。。【えんじょいブログ】

ファースト直倫と開幕3連勝【春夏秋冬ドラ応援】

2017勝負をかけてほしい選手。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

vol.148 すごい引き分け【ツバメ好きの黒猫日記】

東京ヤクルト戦(神宮球場)17年新聞社発行の外野自由席招待券と外野指定席B引換券は中止の場合無効に 1試合限定のチケット【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

3/17 対オリックス 〇 現地観戦 オープン戦【神宮1番入り口】

春の併殺祭り【神宮1番入り口】

ジャパンの小林を見て ~中村悠平への期待~ (2016-17 OFF-18)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

ブロガープロフィール

profile-iconmetropolis-22

  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:580017

(12月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 28歳のオールドルーキーが開くかもしれない27年閉ざされた重い扉
  2. 「杉浦、またかよ」
  3. その声に耳を塞ぐな
  4. 苦言。見損なったぞ、ローガン
  5. 【読書感想文】山田哲人のコーチの名は知られていても、担当スカウトの名は知られていないという現実
  6. 浩康さん、あなたという人は…
  7. それで本当にツバメはまた空を高く飛べますか
  8. 「過度な座席の確保はご遠慮ください」
  9. 再戦、ホークス。あの秋の夜空に何を思ったのか
  10. 山田哲人は勝負弱くなんかない

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss