広島カープがんぼう主義!

球界の盟主「巨人」…いや「巨人ブランド」は何処へ行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人・村田が自由契約… 昨日まで当たり前に営業してた馴染みの焼鳥屋が突然閉店した時の「衝撃」に限りなく近い。

圧倒的な躍動感はなくても、そこには常に熟練の安定感があった。 打席に立った時…

「村田かぁ~」

巨人ファンの「打ってくれる!」期待感と、相手ファンの「ゲッツー取れる!」期待感はほぼ同等だった。 時には長打で、時には凡打で巨人を引っ張ってきた。

そう、村田の長打率は.423。 マギー、坂本に次いでチーム内では3位だ。 そして、この長打率こそ巨人の生命線…

9月の終わりだったか、テレビで巨人の試合を見た。 阿部、マギー、村田、坂本らが打って、巨人が打ち勝った試合だった。

広島の試合を見慣れた眼にはある意味「衝撃」だった。 そこで繰り広げられていた野球には信じられないくらい「スピード感」が…

無い。

まるで、幼いころ全日の王道プロレスを信じて疑わなかった少年が、ある日突然、新日プロレスのスピード感に圧倒された「あの衝撃」と真逆の情景がそこにはあった。

だからこそ、村田の長打力が巨人には必要だった。 ヒットじゃなくて2塁打以上が、巨人にとって得点力アップの重要ファクターだったからだ。

チーム内の2ケタ盗塁は坂本(14)、重信(10)…終わり 長野でも6個、陽とマギーが4個で並んでるというアメージング!

そう「重量打線」は同時に過重オーバーで各駅停車。 「快速列車」もあるにはあるが、先輩方の過密ダイヤに割って入れない… スジ屋の高橋監督も車両編成に悩んだことだろう…

そこで鹿取JR…じゃない鹿取GMが打ち出した。

「若返りを図る」

いやいや「ゲレーロ獲得」の間違いでしょ。 快速が使えないなら、車両の更なる大型化で勝負するしかないもんね。

でも、それじゃ~バランスが悪い。

数年前の巨人は怖かった。 いやらしい打撃の長野、伸び盛の坂本、超強打者の阿部らがいて 代走に鈴木、小技の井端、代打に由伸。

そこにトドメの村田がいた。

「広島じゃ4両編成がばっかりじゃけど、東京じゃ16両編成とか普通に走っとるんでぇ~」 に近いスケール感の圧倒的な差があった。

強さもさることながら、そう、それ以上に「怖い打線」だった。

もちろん今も強い。 でも「怖さ」は相当に薄れてしまった。

それでも、セ・リーグの中心には巨人がいる。 いや、プロ野球界の中心と言っていい。

だからこそ取り戻さなきゃいけない

「巨人ブランド」

もう「ジャイアンツプライド」なんて言ってる状態じゃないだろう。 首脳陣変えて「リブランド」しても、ファンは騙されない。

でも…

巨人の「若返りを図る」に現実的な期待感を持つなんてナンセンス。 だって300系新幹線をダイヤに残しつつ、500系新幹線を引退させるような状態ですもん。

いっそのこと「鉄道博物館」的な編成にする? それとも、どんどんN700AとかS系に変えて行ける?

だから今!巨人の本気が見たい…

「育成」…? それ、違うでしょ!

見たいのは強い巨人… 圧倒的な「巨人ブランド」

それに対抗するチームが合ってこそのセ・リーグじゃない? 野球ファンはそう思っている。

500系…好きだったな~ 今はタイプ・エヴァで頑張ってる。

村田も嫌いじゃなかったな~ よく打たれたけど… きっと、他球団で頑張れるさ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カープ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

球界の盟主「巨人」…いや「巨人ブランド」は何処へ行く

◇giantsougonさん
巨人の選手層はいまでも相当に厚いと思っています。
なので、本気で育成の取り組めば、一気に出てくる選手も多いのではないでしょうか。

セ・リーグにとって、混戦なるのはビジネス上好ましいでしょうが、それでも巨人ブランドの維持は必要です。
その意味でも、いい形になるといいですね。

それにしても、超一流がメジャーに行ってしまう時代…
というのは嬉しいような、寂しいようなちょっと複雑な気がしますね。

コメントありがとうございました。

球界の盟主「巨人」…いや「巨人ブランド」は何処へ行く

>ただ、巨人ファンの方がその時間を待てるでしょうか?

それでも待つしかないのは今年が証明していると思います。
陽、山口、森福、マギーなどを獲得し30億円補強と言われました。
しかし、その結果がBクラスです。

そして、FAの人的補償で昨年登板機会を多く与えた平良を獲られています。
これまでにも、奥村、一岡など有望株を失っています。
ファームで出番を多く与えたということはコストを払ったということ。
巨人の育成の遅れは、ここにもあります。

私は補強そのものを反対はしていませんので、小笠原クラスのスーパースターがいれば獲りに行っても良いと思います。一人でチームを変えられるほどの。
でも、「いたほうが良い」ぐらいのFA選手だったら、獲得しなくても良いと思います。

結局、中途半端な選手をとっても優勝をできないので、結局待つしかないんだと思いますよ。
ちなみに、ここでいう中途半端というのは選手としては一流選手なんですよ。
ただ、超一流以外はいらないということであり、その超一流は今は巨人は獲れない時代でしょう。

球界の盟主「巨人」…いや「巨人ブランド」は何処へ行く

◇通りすがりさん
子供のころ馬場、鶴田の全日プロレス、好きだったんですよ~

そんなとき、親父が「こんなプロレスもあるぞ」と、なんとかチャンネルを調整して、うまく映らないながらも新日プロレスを見せてくれたんです。

誰の試合だったかはもう覚えてないんですが、スピード感の違いにビックリしたんです。

どっちがいいとかじゃなくてね…

で、巨人の試合でなぜ「スピード感」の違いを思ったか…ですが
2アウトで1塁ランナー・坂本でした。
フルカウントからのヒットで、坂本は2塁ストップ…

まぁ、脚の具合とかもあったのかもしれませんが、坂本は巨人ではまだ中堅。
その選手が、あういう状況で3塁まで進まないのか…と

広島だと、エルドレットでも3塁まで行っちゃう感じ(アウト・セーフは別にして)なので、そういう違和感を感じました。

それを、こういう自分の記憶と重ね合わせたもので、冒涜にはならないと思いますよ。

コメントありがとうございました。

球界の盟主「巨人」…いや「巨人ブランド」は何処へ行く

◇marbo7さん
こういった、やりとりは無意味ですよ。
自分はカープファンの前に野球ファンです。

日本野球界があって、カープもあると思っています。
地上波から野球放送が消えつつあり、そのファン層も絶対的なものでは無くなってきています。

何処のファンがどうだとか、こうだとか…
そういったことより、野球ファンとして、まず行動すべきこと考えるべきことがあると思います。

カープファンが批判の対象になることは悲しいことですが、それぞれが出来ることを行うことが先ではないかと思いますよ。

コメントありがとうございました。

こんな記事も読みたい

みんなが待ってたその背中/#18鈴木翔太【ViVaDra!!】

宮崎フエニックスリーグで、巨人大勝 巨人12-0オリックス【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

【西武】CS敗退。2017年シーズン終了。【獅子党のつぶやき】

2017年ドラフト考2【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

雨中の試合【今日も今日とて】

雨中の死闘! 阪神 vs DeNA CS第2戦 「野球ファン」目線で3つの懸念【広島カープがんぼう主義!】

カープのCSの前に・・・雨と不戦敗について【カープファンの構想と妄想】

中村くん1位指名に思うこと【福岡から鯉のぼり】

ブロガープロフィール

profile-iconmatukichi

広島在住の40代で2児の「と~ちゃん」
20才のとき突如、巨人ファンから転身・・・
工夫次第で「カープは強くなれる!」と信じてます!

「がんぼう主義」の「がんぼう」とは広島弁で「わがまま」とか「我が強い」という意味です…
「カープの優勝願望!」の「がんぼう」でもいいですけどね~

ちなみに応援ユニは「#!」のビジター・スライリーです!
  • 昨日のページビュー:34
  • 累計のページビュー:8772971

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 他球団ファンも注目ですよ!この「誤審」の意味・・・
  2. 無情の外国人枠!泣くなロサリオ!
  3. #5 栗原健太
  4. 2015年 「面白い」セ・リーグの「面白くない」順位予想…
  5. 混戦続くセ・リーグ、カープが生き残るためには…
  6. #7 堂林翔太 どうすれば彼の「道」は開けるのか…
  7. 黒田復帰でカープは本当に戦える投手陣になったのか?カギを握るのは…
  8. 大竹巨人入りは「WIN-WIN」のFAか
  9. 微妙すぎる?開幕ベンチ入りメンバー予想…
  10. 嗚呼、久本抹消! カープ「中継ぎクライシス」を巨人中継ぎ陣と緊急比較

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
10
09
08
05
04
03
02
01
2014
12
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
2012
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss