スポーツマーケティング探求記

「スタジアムをいっぱいにしたい」ビジネス面からスポーツを盛り上げる手法をさぐります

marketing

関連サイト:尚美学園大学 江頭ゼミ

江頭満正/Mitumasa ETOH 東京都出身。1988年リクルートを退職後起業。2001年ダイエーホークスの公式携帯サイトをオープン し、その後ベイスターズ、近鉄、千葉ロッテ、オリックス、日本ハム、ジャイアンツ、清水エスパル もっと見る
  • 昨日のページビュー:42
  • 累計のページビュー:1093531
  • (01月21日現在)

最新の記事

レアル・マドリッドF1をスポンサー

ロイター通信によると、レアル・マドリッドがF1の2007年シーズン、スペイングランプリで有力チームのスポンサーをスポットで行う意思を明らかにした。チーム名は明らかにされていないが、車体はレアルと同じ白にペイントされ、チームのロゴをつけてサーキットを疾走することになる。 2006年シーズン総合1位になったF.アロンソがスペイン出身であることと、来期マクラーレンに移籍すること、22日レアルの公式戦キッ......続きを読む»

有名無実化したFA制度

18日2006シーズンオフにFA資格を獲得する選手が、コミッショナー事務局から公示された。新たに権利を獲得したのは、小笠原(日ハム)、黒田(広島)をはじめとする17人。再取得は金本(阪神)、山崎武(楽天)など5人。04年以前に権利を取得したが行使していなかった小久保(巨人)などを含めると全部で72人になる。 左上のグラフは、1993年から2005年までFA権を行使し移籍をした選手の、移籍先......続きを読む»

レアル・マドリッドのビジネス

レアルといってすぐに思い浮かぶのは、スター軍団というイメージだろう。このスター軍団が、なかなか思うように成績を挙げられない。今シーズンも6試合を消化して、勝ち点11と5位に甘んじている。このままだとチャンピオンズリーグ進出も危ぶまれる。 レアル・マドリッドと言えば、2006年2月まで会長を務めていたフロレンティーノ・ペレス氏が就任した2000年から、今のようなスター軍団に変化してきた。それまで......続きを読む»

F1チームの収支予想

10/8強行軍で鈴鹿まで観戦に行ってきた。 決勝は16万人がサーキットを埋め尽くし、トイレに行くのも大変だし、食事や飲み物を買うのも大変だった。そしてなによりレース終了後の脱出が一番大変だ。僕は6回目なので、ある程度覚悟は出来ていたので、のんびりやっていたのだが、初めての人が同じグループの中にいて、彼は終始イライラしていた。あれじゃ~きっと疲れただろうなあ。人も車も大混雑するのは当たり前。F1観戦......続きを読む»

F1の放映権分配方法

今日から(10/6)F1鈴鹿GPが開幕する。以前書いたように、鈴鹿での開催はこれが最後になることがが決まった。200億円を超えると言われる経済効果が鈴鹿から富士へと移動してゆくことになる。鈴鹿は町を上げて最後の「祭り」に精を出しているようだ。 F1ビジネスを因数分解してみよう。 一般的に、興業型のプロスポーツ(チケットを販売して観客にスポーツを見せるタイプ)の収入は、チケット収入、スポンサー......続きを読む»

F1の開催地誘致

この週末9/29~10/1にかけて上海GPが開催され、10/6からは鈴鹿GPがスタートするF1。普段はあまり興味のない人も、この時期には報道量もグンとアップするので「F1がやってくるんだ」くらいは、知ってるんじゃないのかな。 そもそもF1はヨーロッパで誕生した。しかし今では、ヨーロッパでの開催は18大会中、9回と半分にまで減少している。F1を開催しているFIA(Federation Inter......続きを読む»

マイナーリーグで働く

アメリカのマイナーリーグは、AAAからルーキーリーグまで含めると200を超えるチームがある。それ以外にも独立リーグが40チーム弱存在するので、そのチーム数はなかなかのものだ。 しかもそのほとんどのチームが独立採算制の会社形態をとっており、メジャーチームとは選手育成契約だけで、資本関係の無いチームが圧倒的だ。 つまり、マイナーのチームには、オーナーがいて、GMがいて、セールスマネージャーがいて、と......続きを読む»

女性ファンの行動傾向

つい先日、10年来の吉武真太郎(ソフトバンクホークス)ファンの女性と野球観戦をする機会があった。 関東の球場では、インボイス西武ドームか、神宮球場に主に足を運んでいる。理由は簡単で、ブルペンが客席から見えるから。 確かに他の球場は観客席の下、ベンチの奥にブルペンが作られているところが多く、投球練習中の投手を間近に見ることは出来ない。 メジャーリーグの球場で2000年以降に建築されたものは、ブル......続きを読む»

ジャイアンツカップ

8月16日から19日まで、中学生硬式野球日本一決定戦「ジャイアンツカップ」の取材をしてきた。野球の仕事に関わるようになって随分経ったが、少年野球の仕事は初めてだ。 毎日2試合以上を、スコアを付けながら観戦。同時に記事に添付する写真を撮影。日程終了後に総評とコラムを書くというのが仕事の内容だった。会場は太田スタジアムや江戸川球場、ジャイアンツ球場など。雨に降られたり、33度を超える炎天下だったり......続きを読む»

サクラメント リバーキャッツ

サンフランシスコから北西におよそ150km。サクラメントの中心地から少しだけ離れた所に、サクラメント・リバーキャッツのホームグラウンド、ラリーフィールドはある。このチームは、オークランド・アスレチックスのAAA(Triple A)だ。 念のために説明しておくと、トリプルAは一番メジャーに近い気がするけど、そうじゃない。一度メジャーに上がった選手や、ロートルの選手が再調整しにくる場所だ。 若く......続きを読む»

ランカスタージェットホークス

ロサンジェルスから車で1時間半(約80キロ)北に行ったところに、カリフォルニアリーグ(アドバンスA)のジェットホークスがある。 マイナーリーグには、AAA(トリプルA)から、ルーキーリーグまで6つのカテゴリーが存在する。なかでもショートシーズンAと、アドバンスAは、あまり知られていない。そのアドバンスAクラスに位置するのが、ランカスター・ジェットホークスだ。 球場好きの僕としては、非常に楽しみだ......続きを読む»

独立リーグ サンディエゴ サーフドッグス

独立リーグの、サンディエゴサーフドッグへ取材に行ってきた。 2004年に出来たスタジアムで、サンディエゴ州立大学の施設内に球場はある。独立リーグのスタジアムには珍しく、ビジョンがありスイートルームがあった。 その日はTシャツの全員プレゼントが行われていた。 MLBなどではよくある、プロモーションデーだ。 スポンサーのマークが背中一面に入っていて、胸にはチームのロゴマークが入っている。 ......続きを読む»

ドジャースタジアム

メジャー取材で、アメリカに来ています。 今日は、ドジャーズVSカーディナルス戦を取材してきました。 試合の内容は、MAJOR.JPで見てもらうとして、 マーケティング的な事をここには記しましょう。 今日はDHL Hometown HEROESというイベントが行われていた。 ファンの投票で、ホームタウンヒーローをオールスタートは別に選出するものらしい。 MLB.COMとの共同企画でやっ......続きを読む»

1997年のフラミンゴ打法

王貞治 福岡ソフトバンクホークス監督が、手術の為戦線離脱を決めた。 きっと王さんにとっは苦渋の選択だったと思う。 1997年、 まだ王さんがホークスの監督になって、まもない頃。 ホークス番の記者を中心とした、マスコミ連合 対 ホークスコーチスタッフチームの草野球が福岡ドームで開催されたことがあった。当時オナー代行だった、中内正さんの発案だったと記憶している。 残念ながら、ぼくはどちらに......続きを読む»

W杯でアメリカが弱い理由

W杯は、日本のグループリーグ敗退が決まって、 人々の雰囲気が少し変わってきた。 日本の敗退については、僕よりサッカーに詳しい人や、日本代表に詳しい人にお任せして、アメリカにフォーカスしてみよう。 アメリカといえば、スポーツで国力を示してきた国のハズ。 オリンピックではあんなに圧倒的な強さを見せて、金メダルの山を築いているのに、 W杯になると、なんだかとっても地味なのは、どういう理由......続きを読む»

1 2 3 4 5 6 8

このブログの記事ランキング

  1. 星稜高校「必笑」で9回8点を逆転
  2. 浅田真央 現役時代の経済効果
  3. 【収入4500億円】行き過ぎたオリンピック商業主義
  4. Jリーグ経営難3 アルビレックス新潟
  5. プロサッカー選手年俸 過半数はJリーグ以下
  6. 高校野球のビジネス
  7. 清水エスパルスへ新卒入社
  8. 「プロ野球人気低下説」は誤り
  9. シーズンシートの価格と観客動員
  10. 経済効果と東京マラソン

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
06
05
04
02
01
2016
08
04
02
2015
08
07
04
03
02
2014
12
11
09
08
07
05
04
02
2013
09
08
07
05
02
01
2012
11
07
04
03
02
01
2011
12
10
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss