スポーツマーケティング探求記

月別アーカイブ :2007年04月

家で印刷するチケット-MLBのチケット戦略-1

2007年からメジャーリーグ全球団で開始した新しいサービスが、自宅のプリンターでチケットを印刷するというもの。試合のチケットがこれで完全にオンラインで完結するようになった。 試しにチケットを買ってみた。 流れは至って簡単だった。MLB.comから普通にチケットを買うのと全く同じ。 1)カレンダーから自分の観たい試合を選択 2)券種(A席・B席など)を選ぶ   ※MLB.comには一番イ......続きを読む»

松坂VSイチロー視聴率10.7%

4月12日午前8時35分からNHK総合で放送した、レッドソックス-マリナーズの視聴率は、関東平均で10.7%、瞬間最高で13.3%。松坂とイチローの対戦は放送時間前だったため、「おはよう日本」で放送されその視聴率は15.4%だった。 午前8時代の視聴率は5%~7%代がほとんどで、10.7%は特筆すべき視聴率だったと言えるだろう。MLBの中継のほとんどはBSで中継されており、地上波で中継されるこ......続きを読む»

ハンカチ王子「斉藤祐樹」の経済効果

2006年夏の甲子園大会決勝で注目を集め、一躍人気投手になった早稲田大学の斉藤祐樹。彼がプロに進まずに進学し、東京六大学野球で登板することで、いい意味での影響が各方面に広がっている。 斉藤が大学進学をしたことで起きた主な変化。 ■日本テレビ 4月14日(春季リーグ戦開幕日) 「東京六大学野球開幕スペシャル(仮称)」10:30~11:25 ■BS日テレ 日曜日の早大戦10試合を生中......続きを読む»

松坂デビュー戦の「看板広告」効果

4月5日(米国)で松坂がMLBデビューをしたのは、ご存知の通りだ。ここで注目したいのは、その舞台となったスタジアムの看板広告について。 松坂の投球内容については、きっと多くの記事やブロガーが書いていると思うので、ここでは遠慮する。スポーツマーケティングをテーマにしてこの試合を見てみると、KAUFFMAN STADIUM(ロイヤルズホーム)の看板広告が気になった。 KAUFFMAN STA......続きを読む»

プロ野球開幕戦視聴率-地方優位

巨人開幕戦の視聴率が13.1%と過去最低だったのに比較して、北海道や名古屋、大阪、福岡での視聴率が好調だった。日本ハムの開幕戦こそ、巨人の視聴率を下回っているが、前年値を上回っている。そうなると2007年の開幕戦で最も苦戦を強いられたのは横浜-巨人戦だったと言える。 3月24日 日本ハム-ロッテ 北海道地区 11.1% 3月30日 中日-ヤクルト戦 名古屋地区20.3% 3月30日 阪神-......続きを読む»

巨人地上波テレビ放送、崖っぷち

3月30日の横浜-巨人戦、2007年の巨人開幕戦のTV視聴率は、過去最低だった。 関東地区平均で13.1%と2005年の13.5%、巨人-広島戦を下回った。99年から2006年まで8年連続で巨人はホーム開幕だった。2007年は横浜スタジアムでの開催ということもあるが、それにしても過去最低の視聴率しか獲得出来なかったことで、今シーズンのプロ野球中継試合数が減少する可能性が高まった。 いやいや、正......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmarketing

江頭満正/Mitumasa ETOH
東京都出身。1988年リクルートを退職後起業。2001年ダイエーホークスの公式携帯サイトをオープン し、その後ベイスターズ、近鉄、千葉ロッテ、オリックス、日本ハム、ジャイアンツ、清水エスパルス、J SPORTSと公式携帯サイト運営を契約。チームの内側からITによる観客動員を模索、3度の日本シリーズと1度の天皇杯決勝を経験。2004年アテネ五輪では、Yahoo! JAPANのオリンピック結果データを全て担当。現在大学でスポーツビジネス研究者として 教壇に立っている。
【現職】尚美学園大学准教授・一橋大学スポーツビジネス研究会研究員・特定非営利活動法人スポーツマンシップ指導者育成会 理事
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1093430

(01月20日現在)

関連サイト:尚美学園大学 江頭ゼミ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 星稜高校「必笑」で9回8点を逆転
  2. 浅田真央 現役時代の経済効果
  3. 【収入4500億円】行き過ぎたオリンピック商業主義
  4. Jリーグ経営難3 アルビレックス新潟
  5. プロサッカー選手年俸 過半数はJリーグ以下
  6. 高校野球のビジネス
  7. 清水エスパルスへ新卒入社
  8. 「プロ野球人気低下説」は誤り
  9. シーズンシートの価格と観客動員
  10. 経済効果と東京マラソン

月別アーカイブ

2017
06
05
04
02
01
2016
08
04
02
2015
08
07
04
03
02
2014
12
11
09
08
07
05
04
02
2013
09
08
07
05
02
01
2012
11
07
04
03
02
01
2011
12
10
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss