スポーツマーケティング探求記

スポーツビジネス

世界のスポーツ選手 所得ランキング

アメリカのビジネス雑誌Forbesが、世界のスポーツ選手収入ランキング100を発表した。2017年の1位はクリスチャーノ・ロナウド総額で104億円以上(1$=¥112で換算)。チームから受け取るサラリーと、優勝賞金など、競技を行うことで得られる収入が65億円近く、スポンサーから受け取る収入が40億円近くとなっている。 TOP100人の顔ぶれは21カ国11競技におよび、アメリカ国籍のアスリートが63人......続きを読む»

新国立競技場 建築費は異常に高額

2020年の東京五輪でメーン会場になる新国立競技場について、政府は28日、総工費の上限を1550億円とする新たな整備計画を決定した。未公表分を含め2651億円に上っていたコストが、40%以上削減されることになる。コスト削減のため、観客席の冷暖房設備は設置が見送られ、五輪時の収容規模は6万8000席に減らされた。【8月29日 AFP】 この問題、多くの方がワイドショウなどで論じておられるので、是非は......続きを読む»

スポーツのTV放映権は「景気」しだい

プレミアリーグは、2016年から3年間のテレビ放映権を51億3600万ポンド(約9090億円)で販売契約を締結したと報告した。前回の2013年から16年までの3年間と比較して71%も値上がりした。単純計算で1試合あたり、10億1900万ポンド(約18億円)となる。(BBC NEWS.1.Feb.2014) セリエAは、2015年から2018年の放映権料を9億4300万ユーロ(約1207億円)で契約......続きを読む»

2020年東京オリンピックの可能性1

2020年のオリンピック招致合戦は、スペインのマドリッドと、トルコのイスタンブール、そして東京の3都市によって9月7日に最終決定されることになっている。2016年の招致に失敗した東京都は、今回何が何でも招致に成功したいところだ。東日本大震災からの復興というストーリーや、震災時に日本人がとった道徳的行動が世界から高く評価され、治安のイイ日本というイメージも背中を押している。 そんな中、スペインの国有......続きを読む»

ロンドン五輪がブレーキ

 ミズノが11月9日発表した2012年4~9月期連結決算は、純利益が前年同期比24%減の17億円だった。原材料価格の上昇に加え、ロンドン五輪開催に伴う広告宣伝費がかさんで利益が圧迫された。売上高は同4%増の813億円だった。国内外でランニング関連商品の売れ行きが好調だった。欧州でゴルフ用品が低迷したが、6月に買収した屋内用の体育用具メーカーであるセノーが連結対象となったために、19億円の増収効果が出......続きを読む»

キャンプと東京マラソン 経済効果

2012年沖縄地区で行われるのプロ野球キャンプによる経済効果は85億円と算出された(りゅうぎん総合研究所)。2011年25万3000人の観客数を集めたプロ野球キャンプ。2012年もほぼ同数の25万人と想定されて算出された。 昨年は日本ハムの斎藤による集客効果が高かった。今年はダルビッシュも不在で、斎藤への過熱ぶりも落ち着いた。日本ハムのキャンプ地が那覇から少し離れていることもあり、観客数では減少す......続きを読む»

お正月番組とスポーツ

お正月のテレビ番組はスポーツが上位を占めるようになった。かつては、お笑いに代表されるバラエティーがお正月の定番番組だった。 カラフルな紋付を身にまとった落語家や芸人が司会をつとめ、「染之助染太郎」などおめでたい芸がブラウン管を占拠していた時代があった。文字通りブラウン管が液晶テレビに移り変わると同時に「スポーツ」がお正月番組の主役になってしまった。昨年のデータを確認しておこう。 ......続きを読む»

スポーツが盛り上がると、節電できない?

全国の注目が集まるスポーツの試合があると、電力需要が増える? 2011年は震災があったため、電力需要を考えた節電をすることが一般化した。これまでも毎年夏になると、節電要求が電力会社から出ていたものだ。 関西の町工場の社長に興味深い話を聞いた。 「かつては、夏の高校野球のシーズンになると、テレビの電力需要が増えるので、電力会社から工場へ節電要求が来ていた」というのだ。ブラウン管型から、液晶型......続きを読む»

スーパーボウル CM料金と効果

NFL スーパーボウルで放送されたコマーシャルをFaceBookとYouTubeを使ってコンテンストを行った。 スーパーボウルと言えば、全米で最も多くの人がTV観戦をする番組として有名だ。毎年そのCM放送料金が話題になる。このBLOGでも過去のCM料金について紹介したことがある。 TV局も放送だけではなく、コマーシャルを放送するクライアントからより高額の料金を取るために知恵を絞った。それが、Fa......続きを読む»

イチロー30位 選手収入ランキング

毎年アメリカ経済誌Forbesが世界のスポーツ選手収入ランキングを発表している。この4月頃に2009年版が発表になっていた。このBLOGでの紹介が遅くなりました。 順位で見ると、タイガー・ウッズが飛び抜けている。ウッズの場合ゴルフの賞金よりもナイキと契約しているウッズモデルのライセンス収入が大きいようだ。ナイキのウッズモデルは2009年1年間で$638M売れた。その何パーセントかがウッズに入る......続きを読む»

松山市のスポーツ戦略

2010年7月31日から8月4日まで、愛媛県松山市で全日本女子硬式野球選手権大会が開催された。今年は全国から27チームが参加し、予選リーグと決勝トーナメントあわせて35試合が行われた。 松山市は、ここ数年女子野球のメッカとなるよう、様々な努力を行っている。 全国大会は2010年で6度目。主要スポンサーは、伊予銀行とJALだ。 2008年には、女子野球ワールドカップを開催し、世界中の女子野球選手......続きを読む»

プレミアの試合結果でひと儲け

2010年3月31日付けで、イギリスの資金管理会社「ケンタウルス・グループ」が、スポーツ賭博を中心に運用するファンドを設立すると発表した。 このケンタウルス・グループの過去10年間の運用実績は素晴らしく、英国で注目を集めているファンドだ。今回スタートするファンドは「The Centaur Sport found」と名付けられていて、5年間の運用期間で40%以上の運用益を出す事を目標としている。 ......続きを読む»

松山市 マドンナスタジアムの戦略

8月1日から、愛媛県松山市のマドンナスタジアムで、全日本女子硬式野球選手権大会が開催された。 このメイン会場となったマドンナスタジアム。日本で唯一女性の名前を冠した球場ということで、女子野球の聖地として徐々に浸透しつつある。 「坊ちゃんスタジアム」と「マドンナスタジアム」 2000年5月に完成した「坊ちゃんスタジアム」は松山市中央公園内にあり、収容人数は3万人だ。それまで松山市民の球場とし......続きを読む»

大富豪オーナーのビジネス

日本のプロスポーツのオーナーは、会社がほとんどだ。欧米では個人がオーナーである例が圧倒的に多い。個人でプロスポーツチームを持てるのは、想像を超えた大金持ちばかりだ。 特にアメリカでは、プロスポーツチームのオーナーになることは、「夢」として、大のおとなが酒の肴にしている光景を何度も見たことがある。 それに、プロスポーツチームが日常的に売買されている。という商習慣の違いもあるかもしれない。ビジネスで......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmarketing

江頭満正/Mitumasa ETOH
東京都出身。1988年リクルートを退職後起業。2001年ダイエーホークスの公式携帯サイトをオープン し、その後ベイスターズ、近鉄、千葉ロッテ、オリックス、日本ハム、ジャイアンツ、清水エスパルス、J SPORTSと公式携帯サイト運営を契約。チームの内側からITによる観客動員を模索、3度の日本シリーズと1度の天皇杯決勝を経験。2004年アテネ五輪では、Yahoo! JAPANのオリンピック結果データを全て担当。現在大学でスポーツビジネス研究者として 教壇に立っている。
【現職】尚美学園大学准教授・一橋大学スポーツビジネス研究会研究員・特定非営利活動法人スポーツマンシップ指導者育成会 理事
  • 昨日のページビュー:42
  • 累計のページビュー:1093531

(01月21日現在)

関連サイト:尚美学園大学 江頭ゼミ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 星稜高校「必笑」で9回8点を逆転
  2. 浅田真央 現役時代の経済効果
  3. 【収入4500億円】行き過ぎたオリンピック商業主義
  4. Jリーグ経営難3 アルビレックス新潟
  5. プロサッカー選手年俸 過半数はJリーグ以下
  6. 高校野球のビジネス
  7. 清水エスパルスへ新卒入社
  8. 「プロ野球人気低下説」は誤り
  9. シーズンシートの価格と観客動員
  10. 経済効果と東京マラソン

月別アーカイブ

2017
06
05
04
02
01
2016
08
04
02
2015
08
07
04
03
02
2014
12
11
09
08
07
05
04
02
2013
09
08
07
05
02
01
2012
11
07
04
03
02
01
2011
12
10
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss