スポーツマーケティング探求記

オリンピック

リオ五輪のチケット価格と売残り

 日本人アスリートのメダルラッシュが続いている。テレビのスイッチを入ると同時に、オリンピック中継にチャンネルを合わせるご同輩も多いことだろう。そのテレビ中継の画面をよくみると、観客席に空席が目立つことに気がついておられるだろうか。8月5日の開会式直後に、公式サイトでチケット販売状況を確認した。ほとんどの競技で残チケットを確認することが出来た。リオまで行けば、よほどの人気競技でなければ、当日にチケッ......続きを読む»

リオ五輪 ボランティア

リオ五輪では、難民チームの参加が認められ開会式で大きな拍手が沸き起こった。世界を悩ませている難民対応は、選手団だけではなく、ボランティアにも寛容なようだ。リオ五輪では5万人のボランティアがオリンピック開催の様々な部分を支えている。国際中継映像を注意してみていると、シニア層がいることに気づく。IOCのニュースでは56歳のボランティア女性を紹介している。ローズマリーさんは、リオから1400マイル離れ......続きを読む»

新国立競技場 建築費は異常に高額

2020年の東京五輪でメーン会場になる新国立競技場について、政府は28日、総工費の上限を1550億円とする新たな整備計画を決定した。未公表分を含め2651億円に上っていたコストが、40%以上削減されることになる。コスト削減のため、観客席の冷暖房設備は設置が見送られ、五輪時の収容規模は6万8000席に減らされた。【8月29日 AFP】 この問題、多くの方がワイドショウなどで論じておられるので、是非は......続きを読む»

ソチ五輪 不調の原因は Under Armour?

2月に閉幕した、ソチオリンピックでアメリカのスピードスケート選手はメダル無しに終わった。選手の実力からすれば、メダルが確実視された選手がいたたけに、アメリカスピードスポーツ協会はメンツが丸つぶれになった。 その原因が全選手が着用したアンダーアーマーのウエア、マッハ39と考えられるとしている。 その原因は背中に熱を逃がすための通気口が背中にある。その通気口から空気がウェアの中に入って、これによ......続きを読む»

冬季五輪メダルと経済成長??

冬季オリンピックのメダル獲得数と、その国の経済状況には密接な関係がある。とニューヨークの投資顧問業BNYコンバーグループのアナリスト、ニック・コーラス氏が研究ノートを発表した。 この研究ノートによると、1924年のフランスのシャモニーで開催された初回冬季オリンピックから、国別にメダルの数と経済発展の状況を分析している。 冬季オリンピックというところがポイントの様だ。なぜなら発展途上国のほと......続きを読む»

オリンピックと株価

スペインのマドリッドは今回のオリンピック招致に失敗したが、株価が上昇し1年半ぶりに国際もイタリアより市場が評価している。 IOCが2020年のオリンピック開催地を決定する前の週末、マドリッド市場の株価は8523.10(IBEX 35)だったのに対し、9日の朝から株価が上昇し10日の終値は8802.80(IBEX 35)と3%以上も上昇した。 この株価の上昇はオリンピックだけが原因ではない。スペイ......続きを読む»

ソチ五輪 過去最高の建築費

2014年2月7日から冬季オリンピックがロシアのソチで開催される予定だ。開会式まで1年を切ったが、現地の建築工事が全然進んでいない。  ロシアがこの大会の招致に成功したのは2007年7月のこと、リーマン・ショックが起きる1年も前の事だ。つまりロシアが招致計画を、IOCに提出したのはヨーロッパはEU景気に沸き、アメリカは住宅バブルまっただ中のタイミングだったわけだ。その景気がイイ時に計画された実......続きを読む»

テレビが売れないオリンピック

オリンピックの年にはテレビが売れるのが、今までの相場だった。ところが2012年のロンドン五輪では、全然テレビが売れない。 あのソニーはこのところ深刻なTV事業不振だ。 2011年度の液晶テレビの売上高は、前年度比28%減の8400億円。マイナス1480億円の赤字となっている。そして、出荷台数は前年比13%減の1960万台だ。液晶テレビは、日本での市場縮小に加えて、欧州および北米での市場環境の......続きを読む»

オリンピックとビジネス(ウエア)

バンクーバーオリンピックも後半戦になり、メダルには届かなくても、一生懸命がんばる日本人選手の姿に心を動かされる日々が続いている。4年に一度のオリンピック。バンクーバーで納得出来る成績が残せなかったら、2014年のソチ大会でリベンジ出来る保証はどこにも無い。4年間もの間世界で戦える実力を維持し続けるのは並大抵では無い。 それだけに選手の、掛ける情熱の大きさが伝わってきて、メダルがとれなくても心動かさ......続きを読む»

オリンピック招致合戦(1952~2016)

2016年のオリンピックがリオ・デ・ジャネイロに決まった。 東京にならなかったのは、本当に残念だ。それにしても、マスコミの反応はなんというか、決定前と全然違う。決定翌日の報道は、落ちた理由や、そもそも南米初という大義名分が足りなかったとか。そりゃ言っていることは間違っていないけど、結果が出たあとに評論をするのは簡単だ。ちょっとオリンピック招致に関心のあった人なら誰だってわかる「批判」のオンパレード......続きを読む»

オリンピック放映権推移

2016年のオリンピック開催地がもうすぐ決まる。 10月2日に最終プレゼンが行われて、その後最終投票が行われて、開催地が決まる予定だ。 現段階で一番評価が高いのは、リオデジャネイロ。南米でオリンピックが開催されたことがまだ無い。他の候補地、シカゴ(アメリカ)、マドリード(スペイン)、東京は過去にも開催実績がある国ばかりだ。※1996年アトランタ(アメリカ)、1992年バルセロナ(スペイン)、19......続きを読む»

IOC評価委員来日 東京オリンピック開催に向けて

2016年の東京オリンピック開催に向けて、IOC(国際オリンピック委員会)の評価委員が来日して、色々と評価している。 東京でオリンピックを開催することに賛成だ。 日本のアマチュアスポーツが、もっと盛んになるだろうし、選手の強化費用も獲得しやすくなる。スポーツ業界にとって、マイナス要素は少ない。 でも、それだけで賛成してしまって、いいのだろうか。 東京でのオリンピック開催について、もっと詳......続きを読む»

北京五輪 メダル獲得視聴率

北京オリンピックが終了した。 大きなトラブルも無く、警備予算がかさんだとは言え、収支も黒字になりそうで、まずまずの大会だったのではないだろうか。 成績はさておき、日本国内の注目を多いに集め、この2週間の話題はほとんど、オリンピック中心だった。 スポーツビジネスを研究対象としている者として、気になるところは数多くあるが、今回はテレビ視聴率に注目してみようと思う。 NHKと民放を合わせて21......続きを読む»

参加する事に意義がある

連日、北京オリンピック競技の結果がメディアを賑わせている。 競泳の決勝が午前中に行われているのを不思議に思う方もいると思う。これはアメリカのTV局の要請で、IOCが競技実施時間を変えた結果だ。 2006年10月にIOCは、アメリカ3大ネットワークのNBCの要請に応えて、競泳、陸上などの決勝実施時間変更を発表。欧州放送連合は、選手のコンディションに悪影響があるとして従来通り、午前中予選、午後決勝。......続きを読む»

聖火と政治とオリンピック

北京オリンピックが開幕する。 オリンピックを嫌いな人はあまりいないと思う。じゃあどこが好きか。と尋ねられるとあんまり具体的に答えられないものだ。 僕は開会式がとっても好きだ。夏季オリンピックだと開会式は4時間近くに及ぶ。その半分以上が選手の入場行進だ。ただただ世界中の選手がメインスタジアムを歩くだけだ。自分でも何が面白いんだろう。と疑問に思う事もある。それでも楽しいのだ。IOCの偉い人のスピーチ......続きを読む»

【収入4500億円】行き過ぎたオリンピック商業主義

もうすぐ北京オリンピックが始まる。 1896年に近代オリンピックが始まった時、かのクーベルタン男爵が唱えた 「スポーツを通して心身を向上させ、さらには文化・国籍など様々な差異を超え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって理解し合うことで、平和でよりよい世界の実現に貢献する」 という「オリンピズム」は、帝国主義全盛の時代にあって画期的なものだった。 100年以上が経過し、29回目を迎える北京......続きを読む»

北京オリンピック放映権、日本は198億円

 ロイターの報道によると、IOCが手にする北京オリンピック関連の放映権料は、25億ドル(およそ2600億円)になる。前回のアテネ大会におけるIOCの収入総額は40億ドル、そのうち53%の21.2億ドルが放映権料収入だったと報告されている。ざっと15%の値上がりだ。  2012年に予定されているロンドン大会の放映権料は、30億ドルを超すと見込まれており、その高騰ぶりは驚くばかりだ。  1984......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmarketing

江頭満正/Mitumasa ETOH
東京都出身。1988年リクルートを退職後起業。2001年ダイエーホークスの公式携帯サイトをオープン し、その後ベイスターズ、近鉄、千葉ロッテ、オリックス、日本ハム、ジャイアンツ、清水エスパルス、J SPORTSと公式携帯サイト運営を契約。チームの内側からITによる観客動員を模索、3度の日本シリーズと1度の天皇杯決勝を経験。2004年アテネ五輪では、Yahoo! JAPANのオリンピック結果データを全て担当。現在大学でスポーツビジネス研究者として 教壇に立っている。
【現職】尚美学園大学准教授・一橋大学スポーツビジネス研究会研究員・特定非営利活動法人スポーツマンシップ指導者育成会 理事
  • 昨日のページビュー:61
  • 累計のページビュー:1093490

(01月20日現在)

関連サイト:尚美学園大学 江頭ゼミ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 星稜高校「必笑」で9回8点を逆転
  2. 浅田真央 現役時代の経済効果
  3. 【収入4500億円】行き過ぎたオリンピック商業主義
  4. Jリーグ経営難3 アルビレックス新潟
  5. プロサッカー選手年俸 過半数はJリーグ以下
  6. 高校野球のビジネス
  7. 清水エスパルスへ新卒入社
  8. 「プロ野球人気低下説」は誤り
  9. シーズンシートの価格と観客動員
  10. 経済効果と東京マラソン

月別アーカイブ

2017
06
05
04
02
01
2016
08
04
02
2015
08
07
04
03
02
2014
12
11
09
08
07
05
04
02
2013
09
08
07
05
02
01
2012
11
07
04
03
02
01
2011
12
10
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss