スポーツマーケティング探求記

アイス・バケツ・チャレンジ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICE Bucket Challenge 難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)を支援するため、SNSで全世界へ広がりを見せる「アイス・バケツ・チャレンジ」に、Jリーグの村井満チェアマン<←動画へリンク>が参加した。

 この運動は、知人などから指名された人物がALS支援の寄付を行うか、24時間以内に氷水をかぶって次の人物を3人指名する動画をSNSで公開するというチャリティー活動。すでにビル・ゲイツ<←動画へリンク>や、 マーク・ザッカーバーグなど経済界、ネイマールやクリスティーナ・ロナウド、野球界からはNYヤンキースのジータなどスポーツ界の著名人が参加、氷水を被りその動画を公開している。

 この運動は、知人などから指名された人物がALS支援の寄付を行う、もしくは24時間以内に氷水をかぶって、次の人物を3人指名する動画をSNSで公開するというチャリティー活動。

 基本的に氷水を被れば寄付をしなくても良いが、アメリカALS協会は、7月29日から8月18日までの間に1560万ドル(約16億円)の寄付が集まり、昨年同期間の180万ドル(約1億8600万円)と比べて大幅に上回っていると発表した。

 アフリカ南部の国ジンバブエのHIV教育支援や、カンボジアの孤児院などを支援している僕としては、うらやましい凄いアイディアだ。現在のネット社会を上手に活用した画期的な企画だ。ただ、アイス・バケツ・チャレンジだけがひとり歩きをしてしまって、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の実態は置き去りにされている印象もある。

 このアイス・バケツ・チャレンジ。3人の人を指名するのがルール。日本的にいうと「ネズミ講」的な拡がりということになる。科学的には「複雑系」という概念で、こういった仕組みの研究が行われている。

 複雑系の定義は色々あるが、すごくザックリ言うと、「予測出来ない、法則性の無い、人と人との繋がりで生じるネットワーク」ということ。 (すごくザックリなので、興味のある方は独自で調べてください) 中でも「スモール・ワールド現象」がこのアイス・バケツ・チャレンジにピッタリだ。 「人のネットワークを繋いで行くと、小さな世界であり、予想以上に誰とでも簡単に繋がる事が出来る」と考えた、アメリカの心理学者スタンレー・ミルグラムは、 1967年にこんな実験を行った(1)。

 この実験ではネブラスカ州オマハの住人160人を無作為に選び、「同封した写真の人物はボストン在住の株式仲買人です。この顔と名前の人物をご存知でしたらその人の元へこの手紙をお送り下さい。この人を知らない場合は貴方の住所氏名を書き加えた上で、貴方の友人の中で知っていそうな人にこの手紙を送って下さい」という文面の手紙をそれぞれに送った。その結果42通 (26.25%) が実際に届き、42通が届くまでに経た人数の平均は5.83人であった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他のスポーツ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第96回選手権11日目の展望【北のお部屋】

23日目【ブランド調査!】長原昂平 【ホシノドリームズプロジェクト】

アスリート専門のインフルエンサー・マーケティング・プラットフォーム「Raynforest(レインフォレスト)」がローンチ【スポーツIT産業新聞】

ブロガープロフィール

profile-iconmarketing

江頭満正/Mitumasa ETOH
東京都出身。1988年リクルートを退職後起業。2001年ダイエーホークスの公式携帯サイトをオープン し、その後ベイスターズ、近鉄、千葉ロッテ、オリックス、日本ハム、ジャイアンツ、清水エスパルス、J SPORTSと公式携帯サイト運営を契約。チームの内側からITによる観客動員を模索、3度の日本シリーズと1度の天皇杯決勝を経験。2004年アテネ五輪では、Yahoo! JAPANのオリンピック結果データを全て担当。現在大学でスポーツビジネス研究者として 教壇に立っている。
【現職】尚美学園大学准教授・一橋大学スポーツビジネス研究会研究員・特定非営利活動法人スポーツマンシップ指導者育成会 理事
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1093336

(01月19日現在)

関連サイト:尚美学園大学 江頭ゼミ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 星稜高校「必笑」で9回8点を逆転
  2. 浅田真央 現役時代の経済効果
  3. 【収入4500億円】行き過ぎたオリンピック商業主義
  4. Jリーグ経営難3 アルビレックス新潟
  5. プロサッカー選手年俸 過半数はJリーグ以下
  6. 高校野球のビジネス
  7. 清水エスパルスへ新卒入社
  8. 「プロ野球人気低下説」は誤り
  9. シーズンシートの価格と観客動員
  10. 経済効果と東京マラソン

月別アーカイブ

2017
06
05
04
02
01
2016
08
04
02
2015
08
07
04
03
02
2014
12
11
09
08
07
05
04
02
2013
09
08
07
05
02
01
2012
11
07
04
03
02
01
2011
12
10
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss