スポーツマーケティング探求記

星稜高校「必笑」で9回8点を逆転

このエントリーをはてなブックマークに追加

smile baseball

夏の全国高校野球プレイヤー権石川大会の決勝戦で、星稜が驚異の粘りを見せて大逆転劇を演じた。0-8で迎えた9回裏、一挙9点を奪って小松大谷にサヨナラ勝ち。2年連続17回目の夏の甲子園出場をつかんだ。今年のチームの合言葉「必笑(ひっしょう)」が生んだ反撃だった。 9回表、再登板したエース岩下大輝(だいき)君(3年)が相手を三者三振。笑顔でベンチに引き揚げてきた岩下君を見て、林和成監督(39)は思った。「笑おう」 「笑えば前向きになれる」「自分たちの野球ができる」。昨冬、みんなで考えた合言葉が「必勝」をもじった「必笑」だった。(朝日新聞デジタル7月28日)

高校野球で「笑って勝つ」というのはちょっとした革命かもしれない。「グランドで歯を見せるな」監督がそう怒鳴っているのを何度も聞いたことがある。「真剣勝負」というのが理由らしいのだが、スポーツの本質を解っていない。スポーツの動詞は「PLAY」だ。野球の試合開始時に審判は「PLAY BALL」とコールする。PLAYは「遊ぶ」だ。小学校中学年になれば知っている。 「PLAY BALL」は「球遊びをする」と直訳すれば、野球中に笑顔を見せることは当然の事だとわかる。選手も英語では PLAYER(遊び手)だ。選手という日本語訳が間違いじゃないかとすら思えてくる。「歯を見せるな」と怒鳴る監督の方がスポーツを理解していないのは明白だ。スポーツは遊びだ。

イギリスのカンタベリー・クリストチャーチ大学の研究者が、試合中の感情によってプレイヤーのパフォーマンスが変わるという論文を発表している。

The influence of in-game emotions on basketball performance. Mark A. Uphill European journal of sport science 02/2014; 14(1):76-83.

18歳から22歳までの大学女子バスケットボールのレギュラー6プレイヤーを、ホームで行われた6試合についてビデオで撮影し5分ごとに、6プレイヤーのパフォーマンスの変化を観測した。 この5分きざみのパフォーマンスと同時にプレイヤーの感情を記録。
・怒り ・不安 ・困惑 ・興奮 ・恥ずかしさ ・幸福
の6項目を試合終了後、ビデオを見ながらプレイヤーが自己申告した。この感情指標5項目を「とても強く感じていた」から「全く感じていなかった」まで5項目で評価表に試合終了後スグに記入させた。 6試合で1345分間のパフォーマンスと、その時の感情データが集まった。そのうち1225分は「非感情的」とプレイヤーが報告。怒り23分、不安14分、恥ずかしさ19分、興奮25分、幸福25分という結果だった。

この研究では、幸福感だけがパフォーマンスを向上させる結果となった。ほかの感情はバスケットボールのパフォーマンスにはマイナスにしかならなかった。しかし競技によってこの結果は異なる。

 Woodmanが2009年に発表した研究では、ハイリスクスポーツ(スカイダイビングなど危険を伴うスポーツ)において、幸福感はパフォーマンスを低下させると論じている。 まあ、確かにスカイダイビングの最中に「ほのぼの」する余裕は無いだろう。一瞬の判断ミスが命取りになるスポーツに幸福感は入り込む余地が無いということだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他のスポーツ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

カラダの使い方の中途半端なトレーニング【股割り(MATAWARI JAPAN)】

異種競技股関節トレーニング交流会/岡山新極真会石原道場【股割り(MATAWARI JAPAN)】

股関節左右重心移動【股割り(MATAWARI JAPAN)】

ブロガープロフィール

profile-iconmarketing

江頭満正/Mitumasa ETOH
東京都出身。1988年リクルートを退職後起業。2001年ダイエーホークスの公式携帯サイトをオープン し、その後ベイスターズ、近鉄、千葉ロッテ、オリックス、日本ハム、ジャイアンツ、清水エスパルス、J SPORTSと公式携帯サイト運営を契約。チームの内側からITによる観客動員を模索、3度の日本シリーズと1度の天皇杯決勝を経験。2004年アテネ五輪では、Yahoo! JAPANのオリンピック結果データを全て担当。現在大学でスポーツビジネス研究者として 教壇に立っている。
【現職】尚美学園大学准教授・一橋大学スポーツビジネス研究会研究員・特定非営利活動法人スポーツマンシップ指導者育成会 理事
  • 昨日のページビュー:163
  • 累計のページビュー:1093194

(01月17日現在)

関連サイト:尚美学園大学 江頭ゼミ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 星稜高校「必笑」で9回8点を逆転
  2. 浅田真央 現役時代の経済効果
  3. 【収入4500億円】行き過ぎたオリンピック商業主義
  4. Jリーグ経営難3 アルビレックス新潟
  5. プロサッカー選手年俸 過半数はJリーグ以下
  6. 高校野球のビジネス
  7. 清水エスパルスへ新卒入社
  8. 「プロ野球人気低下説」は誤り
  9. シーズンシートの価格と観客動員
  10. 経済効果と東京マラソン

月別アーカイブ

2017
06
05
04
02
01
2016
08
04
02
2015
08
07
04
03
02
2014
12
11
09
08
07
05
04
02
2013
09
08
07
05
02
01
2012
11
07
04
03
02
01
2011
12
10
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss