スポーツマーケティング探求記

W杯-経済効果リバウンド

このエントリーをはてなブックマークに追加

marketing-170234.jpg一次リーグ敗退が決まった南アフリカ。ワールドカップ開催の経済効果は7000億円と言われているが、その反動が起き始めている。
ワールドカップ開催のために、南アフリカには巨額の投資がされてきた。10のスタジアムや施設の新設、改修が行われ、31億米ドルがつぎ込まれた。日本円にして約3000億円にのぼる投資は、南アフリカで雇用を増加させた。
サラリーマンの賃金は日本と大きな開きは無いが、タウンシップと呼ばれるアフリカ人が多く住む地域は水道が完全に通っていなかったり、電気もない場所もある。トタンで作られたバラックに住み、火事が起きると数十人が死傷する。ハッキリとした経済格差が存在する。
経済的には途上国と言っていい国家に、ここ数年で31億米ドルが建築関係だけで投資されたのだ。そのお陰で雇用が生まれ、貧困層の人々の暮らしが改善されてきた。
そして、ワールドカップが開始された。
大会開始前に、建築物は完成し、建築労働者の殆どが解雇された。それは事前にわかっていたことで、労働者も承知した上で雇用契約を結んでいる。だから何と言うか「当たり前」の様に解雇されるのだ。

建築業をはじめとするW杯需要が終息したために、全業種の雇用者数が急激に減少、5月までの2カ月間で年換算6.2%落ち込み24歳以下の失業率は74%に達した。建設業の落ち込みが最も深刻で10.2%。公表されている南アフリカ全体の失業率は25.2%だ。

6年前からW杯需要は徐々に始まってきた。土木に始まり建築、製造、サービスと広がりを見せてきた。経済全体は世界中からの資金の流入で活性化し人々の生活も向上した。それがW杯特需であるとは気がつかずに。
特需の終わりは突然やってくることを考えずに。

大会開始と同時に、大勢の人が職を失い、大会終了と同時に深刻なリバウンドに見舞われるのだ。6年掛けて徐々に良くなってきた生活レベルに、市民は慣れてしまっている。W杯が終わって、特需が無くなったといって、貧困街に戻る気にはならないのだ。そして消費者の消費意欲を冷めさせて、南アフリカ全体の経済が冷え込む。
これがW杯の経済効果リバウンド長野オリンピックの時、スタジアム建築で重要な労働力となった外国人が、建築物完成と同時に職を失い問題となった。
北京オリンピックの時にも一時的に中国経済が停滞した。
大型国際スポーツイベントの経済効果リバウンドはいくつも観測されているのだ。

まだまだ経済的に成熟していない南アフリカが、このリバウンドに耐えられるかどうか。もしかしたら、W杯経済波及効果リバウンドで、南アフリカにダメージを与えてしまう事だって考えられる。
そうならないことを切に祈るだけだ。






1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

さあ、決勝トーナメント1回戦【サッカー魂【だましい】】

信じない様にしよう。その方が良い結果になりそうだから。【樫井太郎のマジックスポーツ!】

1回戦 H1.スペイン VS G2.ポルトガル(終了)【えせサッカーファン】

ブロガープロフィール

profile-iconmarketing

江頭満正/Mitumasa ETOH
東京都出身。1988年リクルートを退職後起業。2001年ダイエーホークスの公式携帯サイトをオープン し、その後ベイスターズ、近鉄、千葉ロッテ、オリックス、日本ハム、ジャイアンツ、清水エスパルス、J SPORTSと公式携帯サイト運営を契約。チームの内側からITによる観客動員を模索、3度の日本シリーズと1度の天皇杯決勝を経験。2004年アテネ五輪では、Yahoo! JAPANのオリンピック結果データを全て担当。現在大学でスポーツビジネス研究者として 教壇に立っている。
【現職】尚美学園大学准教授・一橋大学スポーツビジネス研究会研究員・特定非営利活動法人スポーツマンシップ指導者育成会 理事
  • 昨日のページビュー:264
  • 累計のページビュー:1076963

(07月27日現在)

関連サイト:尚美学園大学 江頭ゼミ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 星稜高校「必笑」で9回8点を逆転
  2. 浅田真央 現役時代の経済効果
  3. 【収入4500億円】行き過ぎたオリンピック商業主義
  4. Jリーグ経営難3 アルビレックス新潟
  5. プロサッカー選手年俸 過半数はJリーグ以下
  6. 高校野球のビジネス
  7. 清水エスパルスへ新卒入社
  8. 「プロ野球人気低下説」は誤り
  9. 経済効果と東京マラソン
  10. シーズンシートの価格と観客動員

月別アーカイブ

2017
06
05
04
02
01
2016
08
04
02
2015
08
07
04
03
02
2014
12
11
09
08
07
05
04
02
2013
09
08
07
05
02
01
2012
11
07
04
03
02
01
2011
12
10
08
07
06
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss