犬の意地

ジェフユナイテッド市原・千葉を応援するブログ。苦手な動物は犬です。

marcos2008

関連サイト:@jef_marcos2008

管理人:マルコス 連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com 当ブログはリンクフリーです。 本文引用は出典の記載をお願いします。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:235
  • 累計のページビュー:13529454
  • (05月29日現在)

最新の記事

Jリーグ第23節 対ジュビロ磐田 0-0

磐田戦はスコアレスドロー。 アウェイで貴重な勝ち点1をゲットしました。 色んなことが悲しいです。 まず、残留争いのライバルとしての大一番。 その相手が磐田だということが悲しいです。 磐田との思い出は追記にて。 ...続きを読む»

Jリーグ第22節 対川崎フロンターレ 0-1

負けました。 負けた後は、いつも通り応援歌で励ますよ。 もう今年何回目だろ。 こっちだって、泣きたい。 でも、何度でも顔を上げてもらうために歌うんです。 次からは、下位との三連戦。 絶望へのカウントダウンか、希望への光か。 磐田で意地を見せて下さい。 私は絶対に諦めませんから。 一応試合についても追記にて。 ...続きを読む»

Jリーグ第21節 対柏レイソル 1-1

まず試合前について。 凄い雨降ってました。 日立台はゴール裏スタンドに屋根もなく、バックスタンド側は雨洩りが凄すぎます。 グッズ売り場でフェイスタオルを購入し、頭に巻くことで雨を凌ぐ。 とにかく無心で、2時間ほど待つ。 試合が始まるくらいに、途端に雨が止む。 さあ、ダービーだ。 ...続きを読む»

Jリーグ第20節 対鹿島アントラーズ 3-1

鹿島戦です。 昨年のリーグと国王杯の覇者であり、現在もリーグ首位を走っています。 チケットが完売となったこのゲームで、まさにジャイアントキリングの瞬間を目撃することになりました。 今日の写真は、ぶれませんでした。 当たり前のように続きます。 ...続きを読む»

ナビスコカップ準々決勝 対名古屋グランパス 0-1

終わってみれば最悪な結果でした。 会社にいる内からちょこちょこチェックしていたナビスコのクォーターファイナル第二戦。 いつもどおりに点が取れず、CKから失点して、はいそれまでよ。 前回の試合後に、コンディション崩して大敗。 なんだか空回ってしまった印象があります。 ナビスコ予選で取った勝ち点が少しでもあれば、リーグ戦も楽だったのに・・・。 まずは、来年もナ......続きを読む»

Jリーグ第19節 対ヴィッセル神戸 1-0

ガンバ戦、痛すぎる黒星でゴール裏に説教ムードが漂う中、それでも札幌戦と同様に「絶対に残る、残留する」とゴール裏のサポーターに対して叫んでくれた巻選手。 札幌戦では次の新潟戦で同点ゴール。 そして、ガンバ戦の次の神戸戦・・・。 師匠の強さに私は泣きました。 涙ながらに続きます。 ...続きを読む»

Jリーグ第18節 対ガンバ大阪 0-1

ぶれまくった写真が、この試合の悔しさを表していると思います。 05年ナビスコカップの決勝のように、いつもガンバ戦は、凄く面白い試合になりますが、今日も例に漏れず、良い試合でした。 各自持ち味は見せました。 それでも、やはり個人の力が上回っていたのはガンバでした。 谷澤選手は右サイドを制圧してくれていましたが、それでもホームで無得点。 サポーターは精一杯応援し......続きを読む»

Jリーグ17節 対アルビレックス新潟 2-2

絶望に打ちひしがれていた中で、希望を持てる試合をする。 そんなツンデレなジェフが大好きです。 そして、巻師匠、良太万歳、ホワイト・カルロス、ヤザワールド、さらに、キング中島。 普段、ネタキャラ扱いな彼らが、こういう時にかっこいい姿を見せてくれるのが、凄く嬉しいです。 3連勝中、しかもビックスワンでの新潟相手に中2日でドロー。 ぶっちぎり最下位なのに引き分けで......続きを読む»

Jリーグ第16節 対コンサドーレ札幌 0-3

裏天王山は、惨敗 放課後は説教祭 熱く残留を誓う巻選手 ゴール裏は無視して帰る新居選手 野次に切れる工藤選手 説教を受ける坂本選手 色んな一面が見れました。 切れてる工藤選手をフォローしようと、名前を呼んで「頑張れ」と言おうとしたら、名前呼んだ時点で睨まれたので、隠れました。 ...続きを読む»

Jリーグ第15節 対東京ヴェルディ 0-3

試合開始の二時間前くらいに飛田給に到着。 のんびりと駅前で休憩していると、親子連れの東京Vサポーターがこんな会話をしていました。 「なあ、まだ時間あるし、お父さんと大勝軒でつけ麺食ってかないか?」 「いや、いいよ。もうスタジアム行こうよ」 「まあ、いいじゃないか。つけ麺食いたいんだよ。(スタジアムの)中は高いぞ」 「わかったよ、じゃあ早く行こうよ」 「......続きを読む»

ナビスコカップ準々決勝 対名古屋グランパス 0-1

綺麗に負けました。 定時のベルと同時に出発したものの、なんでか後半開始に間に合わない感じだったので、東京駅から特急を使う。 フクアリに着いたら、一点ビハインドで石田さんがライブしてました。 多分、ピクシーが今日も活躍したのでしょう。 ピクシーからウェズレイってとこでしょうか。 もしくは浅野さんのコーナーからリネカーかな。 後半からの感想は追......続きを読む»

Jリーグ第14節 対FC東京 1-1

サッカーの母国、イングランドのプレミアリーグからやって来たアレックス・ミラー。 そんな彼からすれば、ジェフのサッカーも、東京のYou'll never walk aloneも、まだ本場には遠いのかも知れません。 さて、今日の味スタは雨でした。 2週連続の雨となった等々力といい、柏の葉といい、試合が見づらいスタジアムで雨に祟られるのは泣きっ面に蜂です。 では、試合に......続きを読む»

ナビスコカップ第6節 対川崎フロンターレ 3-2

今日は色々と忙しい試合でした。 ・引き分け以上でナビスコ予選突破が決まる。 しかし、相手は昨年のナビスコファイナリスト ・相手チームに山岸智選手がいる。 ・戸田選手が新加入。髭がかっこいい。 ・試合後に三木社長がいた ・いつものコールリーダーが不在。 おそらく代表戦でしょうか。 ・一年以上ホームでカップ戦に勝ってない。 ナビスコ三連......続きを読む»

ナビスコカップ第5節 対柏レイソル 1-1

今日のジェフは、後半10分までのチームでした。 まず最初に言いたいのは、スタジアムについて。 柏には日立台という素晴らしいスタジアムがあるだけに、出来ることならば、すべての試合を日立台で見たいところです。 しかし、今日の舞台は柏の葉・・・。 とにかく全然試合が見えませんでした。 強い雨で視界が遮られ、しかも前の人が旗振ってるので、何がなんだかわからなかったで......続きを読む»

ナビスコカップ第4節 対コンサドーレ札幌 2-1

天皇杯での悪夢が印象に強い札幌戦ですが、ナビスコは1勝1分でした。 残念ながら試合を見て行くことは出来なかったので、細かくは書けませんが、新居選手のツーゴールは嬉しい限りです。 札幌からすれば、一番決められたくない選手に決められたという印象かも知れません。 ここ2戦は1-0で勝ったゲームでしたが、今日は先制後に追いつかれても、後半に勝ち越しゴールを決めるという強さを見せてくれ......続きを読む»

Jリーグ第13節 対大分トリニータ 1-0

今日は2階から観戦。よく試合が見えました。 本当に素晴らしいスタジアムです。 審判が松村さんだったので、試合だけに集中出来ました。 あんまりファウルを取らない分、試合がスムーズだった印象です。 でも、そんな松村さんでも2階からは「審判こらー!」って叫ばれるわけですから、審判は大変ですよね。 そんなわけで、試合は50点の内容でした。 詳細は......続きを読む»

Jリーグ第12節 対京都サンガ 1-0

待ち望んだのはこんな瞬間でした。 ジェフにやって来た、リバプールからの救世主。 アレックス・ミラーが新監督に就任し、同じく新たにジェフに来てくれた、沢入コーチが指揮を取った京都戦。 試合後には、なんかもう色んな感情が爆発して、周りを見るとみんな泣きそうな、幸せそうな顔をしていて・・・ たった1勝しただけなのに、ジェフを応援してきて良かったと強く感じました。 久々......続きを読む»

Jリーグ第11節 対浦和レッズ 0-3

クゼとしては、柏戦の後半のサッカーをしようとしたのでしょう。 しかし、結果的には苔口選手をただ走らせるだけのロングボールが多く、簡単に対処されていました。 苔口選手にボールが渡ってもフォローの人数が少なく、何もさせてもらえない、という印象でした。 開幕当初期待したようなサイドバックの上がりは今日もなく、中盤で何か出来るわけでもない。 前半は浦和のプレスが甘く、......続きを読む»

Jリーグ第10節 対柏レイソル 0-1

内容に関しては、悪くはなかったです フルゴビッチ選手がボールによく触れていましたし、強行出場の巻選手も存在感がありました。 怪我明けのレイナウド選手はうまく攻撃にアクセントを付けてくれましたし、守備陣はよく守ってくれました。 相手のGKが菅野選手でなければ、というようなおしいシーンも作ることが出来ました。 おしいシーンすらなかったマリノス戦と比べれば、格段の進......続きを読む»

Jリーグ第9節 対横浜Fマリノス 0-3

試合はいつも通り、つまらない というのも、サイドバックの上がりがなく、攻撃にまったく厚みがないため、攻撃時に盛り上がることが出来ないからだと思います。 結果的にボールを失うことが多く、守備的サッカーのはずが、今日も3失点。 今季最低の内容でした 次は千葉ダービーです。 試合中はもちろん、試合後にも気持ちを見せてくれた坂本選手に期待したいですが、坂本選手ば......続きを読む»

Jリーグ第8節 対ジュビロ磐田 1-2

選手はファイトしていたように感じました。 ただ、谷澤選手のワールドでしか点が取れず、内容的にも負けて当然といえるものでした。 前線が孤立し、相手にクロスを何本も上げられる。 攻撃は我慢と言っても、あれだけ攻め手がなければ、もうお手上げです。 どんなに守備で奮闘していても、あれだけ攻められては最後に崩れてしまうのは致し方ないところ。 というわけで、全然勝てな......続きを読む»

Jリーグ第7節 対名古屋グランパス 2-3

とても悔しい、典型的な逆転負け。 素晴らしい前半があり、意識がバラバラになって後手に回った後半があり、名古屋はチャンスをきっちり決める力があった。 札幌戦では、内容は悪いものの、守備がしっかりと締めていたことで、無失点に抑えることが出来た。 それが今日は出来なかった。 それは、もちろん修正点だけど、問題はそれだけじゃないように感じます。 追記にて。 ...続きを読む»

ナビスコカップ第3節 対コンサドーレ札幌 0-0

つまらない、退屈な試合、凡戦でした。 気持ちを見せてくれる選手もいれば、インタビューで笑顔を見せる選手もいる。 まだチームとして一つになっていないのかな、と感じます。 とりあえず、ナビスコ予選首位キープです。 あっけらかんとした感想は追記で。 ...続きを読む»

Jリーグ第6節 対大宮アルディージャ 2-4

非常に珍しい試合展開でした。 3試合連続で前半に2失点。 試合を決められたかと思いきや、猛攻を見せて2点差を追いつく。 そして、さらに2失点しての敗戦。 追撃のゴールが生まれたのが、後半28分。 同点ゴールが生まれたのが、後半41分。 これが遅すぎたのかも知れない。 攻めるべきか、守るべきか、同点に追いついたことで、意識のズレが生まれたように感じ......続きを読む»

Jリーグ第5節 対鹿島アントラーズ 1-4

ジャイアントキリングを目指した戦い。 昨年9月から勝ち続けている鹿島と、昨年10月から勝利がないジェフとの力の差が出たスコアでした。 前半に2点差を付けられ、攻撃的にいって点を重ねられることは仕方ないでしょう。 けれど、攻撃的にいって、巻選手のPKでしか点を取れないのが今のジェフ。 これだけはっきりと差を見せつけられると、ファンとしては、逆に切り替えやすい。 さ......続きを読む»

Jリーグ第4節 対ヴィッセル神戸 1-1

2連敗で迎えたヴィッセル神戸戦。 スタメンにフルゴビッチ選手が復帰しました。 前半に関して、先制点を取ったこと以上に、これまで不満だった前半立ち上がりの動きの悪さが改善されたことが、大きな収穫だったと思います。 2点目が取れないことに関しては、何度も言うように我慢が必要でしょう。 それ以上に守備がしっかり機能していたことを褒めるべき試合だと思います。 それな......続きを読む»

Jリーグ第3節 対川崎フロンターレ 0-2

山岸選手、恩返し達成おめでとうございます。 今日の試合は、いつも書いている「相手チームは前半で試合を決めるべきだった」試合であり、今日に関しては川崎が実際に前半で試合を決めました。 前半に退場者を出し、2失点したことがすべて。 雨の等々力、勝った時と負けた時では、帰り道の風景が全然変わってくるから不思議です。 悪口は追記にて。 ...続きを読む»

ナビスコカップ第2節 対柏レイソル 1-1

リーグカップ合わせて、4試合対戦する柏との第1ラウンド。 今日の舞台はホームスタジアムであるフクアリ。 絶対に、柏には負けられない。 また、ミルコ・フルゴビッチ選手がジェフでのデビュー戦。 千葉へようこそ。 試合内容は追記にて。 ...続きを読む»

ナビスコカップ第1節 対川崎フロンターレ 2-0

今季公式戦初勝利です。 とにかく寒かった。 等々力までの道のりが長かった。 せっかくの休日なのに、電車とバスを乗り継いで、強くなる雨の中で、一人で飛び跳ねる。 「昨日何やってたの?」と聞かれて、 「雨降ってましたけど、川崎まで行って飛び跳ねていましたよ」 だなんて、人には言えません。 でも、勝った。 試合に勝つと、雨のせいでびしょびしょの体......続きを読む»

Jリーグ第2節 対清水エスパルス 1-2

待ちに待ったホーム開幕戦です。 興奮し過ぎて、到着は選手のウォーミングアップ中でした。 今日は通路で見ました。 スタメン発表、電光の広告板が凄くかっこいいですね。 ただ、オーロラビジョンはエンブレムの中に選手の顔があるのはださかったです。 また、選手の名前をサポーターに叫ばせる、ユベントスのような手法をやめたのは良い判断でしょう。 ジェフにはまだ早い気......続きを読む»

1 2 25 26 27 28 29 30 32

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

このブログを検索

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss