犬の意地

月別アーカイブ :2009年04月

ジェフの中心になるべき選手その2 ~谷澤達也~

07年に加入した下村東美選手、08年に加入した谷澤達也選手。 今回の攻撃の中心として、最後のアイディアを生み出す存在として期待される谷澤選手選手について。 相変わらず偉そうに、あれこれ勝手な注文を付けてみたいと思います。 前回記事:ジェフの中心になるべき選手その1 ~下村東美~ 参考記事: [サカピポ第16回] 谷澤達也 (千葉/MF)『自分のためでなくチームのために 谷......続きを読む»

バースデーゴールのエディ・ボスナー【リーグ第8節 アルビレックス新潟戦】

2009 J1 第8節 新潟 vs 千葉(東北電ス) 新潟遠征のサポーターの皆さん、お疲れ様でした。 東京戦でもそうでしたが、声が枯れる終盤まで声を出し続け、疲れきった選手たちに最後の力を与えてくれたように感じます。 相手は昨季2戦2分の新潟。 今季は2位と好調で、一方のジェフは16位。 アウェイに乗り込んでの試合となりましたが、はたして。 プレビュー:ク......続きを読む»

クリーンシートでリーグをかき乱す存在に【リーグ第8節 アルビレックス新潟戦プレビュー】

初勝利の喜びもつかの間、ジェフはまたもホームで勝てず、順位も降格圏内に。 それでも、ミラーの戦術は浸透しつつあり、方向性は見えてきた。 あとは、浦和戦で見つかった課題を再び消化していくのみ。 ジェフにとっての追い風は、「GWって5月1日からでしょ?」と語る私。 今季、私が不在の試合は必ず勝っているだけに、また勝って私を気まずい気持ちにさせて下さい。 相手は2位新潟。......続きを読む»

ジェフの中心になるべき選手その1 ~下村東美~

07年に加入した下村東美選手、08年に加入した谷澤達也選手。 本来であれば、即戦力の人材として期待通りの活躍をしてくれている二人ですが、本来中心になるべき生え抜きの選手が大量に流出し、現状では工藤浩平選手一人にその期待がかかっているジェフにとっては、この2人がさらに明確にチームの顔になってくれることを期待したいところです。 アンカーとして、キャプテンとして、名実共にジェフを引っ張る存在に......続きを読む»

和田拓三に見た本職の力【リーグ第7節 浦和レッズ戦】

2009 J1 第7節 千葉 vs 浦和(フクアリ) まずは豪雨の中、フクアリに集まったサポーターの皆様、お疲れ様でした。 私もびしょ濡れになって、持っていたタオルを絞ってみたら思っていた以上に水が出てきて少し引きました。 やたらと寒かったですが、皆さん風邪などひかないように、暖かくして下さいね。 では、そんな雨と寒さの印象が強すぎた浦和戦です。 プレビュー......続きを読む»

再びWIN BY ALLで【リーグ第7節 浦和レッズ戦プレビュー】

「ねんがんのはつしょうりをてにいれたぞ!」なジェフですが、ここから2位の浦和、3位の新潟、そして首位の鹿島と上位チームとの連戦が始まります。 初勝利後、最初の相手は浦和レッズ。 良い若手選手が台頭し、新監督もサポーターから愛され、現在カップ戦を含めて4連勝と好調で、チーム年俸も大きな差がある。 それでも、だからこそ、ジャイアントキリングを。 新たな航海を始めた浦和の素晴ら......続きを読む»

ジェフの選手個々の記事まとめ

「フクアリが世界一平和なスタジアムになること」を心から願うメールを送って頂いた浦和サポーターの方、本当にありがとうございます。 ホームアウェイに限らず、スタジアムの平和については絶対にご協力させて頂きます。 それでは、通常営業に戻ります。 もう鮮度は古くなっていますが、選手個々の記事が色々とありましたので、まとめてご紹介を。 個人的なのちのちの振り返りや参考用ですが、今週を振......続きを読む»

コメントの返信にかえて

浦和サポーターの皆様にジェフサポーターが言いたいことという記事が、赤く燃え上がっております。 いつもはなるべく皆様にコメントを返させて頂いているのですが、ちょっと数が多すぎるのでまとめて記事にさせていただきます。 最初に言っておきたいのは、私に対して謝罪して頂いた浦和サポーターの方がいらっしゃいましたが、謝ることは何もないですよ。 私は、「ジェフは悪じゃない。それは誤解だ」ってこと......続きを読む»

浦和サポーターの皆様にジェフサポーターが言いたいこと

2009Jリーグ 第7節 (4月25日(土))浦和レッズ戦 チケット完売のお知らせ 今回、チケットが即日完売になったことで、浦和サポーターから不満の声も上がっています。 当然、チケットが手に入れられなかった悔しさもあるでしょうし、私もその気持ちはわかります。 埼玉スタジアムのアウェイ席はもちろん、駒場のアウェイ席も争奪戦ですから。 ただ、中にはジェフに対して悪く書かれるよ......続きを読む»

ジェフは一度J2に落ちた方がいい?

時々、目にするご意見。 「○○は一度J2に落ちた方がいい」という言葉。 これまでもしつこく書いていますが、私はこの意見に100%反対です。 ことジェフに関して、落ちた方が良いという意見は絶対に受け入れたくないですし、出来ることならば、他のジェフサポーターの方にもそれを甘受して欲しくない。 J2に落ちる覚悟だって必要ない。 今季残留争いするかどうかはわからないですし、そう......続きを読む»

主役となった深井正樹とそれを支えたサポーター【リーグ第6節 FC東京戦】

2009 J1 第6節 F東京 vs 千葉(国立) 勝ち点3のジェフと勝ち点6のFC東京。 両者ともに浮上のきっかけをここで掴みたいところ。 ジェフはこの停滞ムードをアグレッシブな戦いで払拭することが出来るか。 外部からのストレスを受けながらも国立に集まったジェフサポーターの大きな声援が、選手たちを支えることが出来るのか。 プレビュー:奇跡以来の勝利を【リーグ第6節......続きを読む»

奇跡以来の勝利を【リーグ第6節 FC東京戦プレビュー】

公式戦ではフクアリの奇跡以来の顔合わせとなる、ジェフとFC東京。 その舞台は国立競技場。 4年前にジェフからFC東京に移籍した羽生直剛選手が、ジェフサポーター手作りのカップを掲げた場所です。 今季まだ勝利がないジェフは、国立で息を吹き返し、フクアリへ戻ってくることは出来るのか。 注目の一戦です。 前回の試合:青木良太に攻撃参加を【リーグ第5節 ジュビロ磐田戦】 ......続きを読む»

アレックス・ミラーのサッカーは古く、未来はないのか

監督交代の可能性を記者がわざわざ強化スタッフに聞いたというような報道があるように、アレックス・ミラーに対して疑問の声が上がっているようです。 この流れ自体は自然なことだと感じます。 私自身もミラーという監督には内容よりも結果を求めていますし、結果が出ていないことは事実。 じゃあ、ミラーのサッカーには未来がないのか、これからに期待することは出来ないのか。 ちょっと考えてみま......続きを読む»

面白いブログと自分の結論について

試合後からその試合を記事にするまでの話。 いつもは「観戦記を書くまでは他のブログを見ない」(パクっちゃうから)と心に決め、特にリンクを掲載させて頂いているブログ様は影響受け過ぎているので、避けて通っています。 けれど、磐田戦は久々に試合当日にブログを更新したこともあって、さっかりん様やJ . B . A n t e n n a様など、チーム別のブログの更新情報が見れるサイトから他の方のブ......続きを読む»

フクアリゴール裏の野次さん・地蔵さん

巻選手への罵声に巻選手が言い返したシーンが報道され、ブーイングの良し悪しなんかも巡って、サポーター同士でギスギスしていた(らしい)磐田戦。 個人的にはサポーターもレベルアップしなければいけない時期にきているのかな、と感じています。 観客動員数自体は上昇傾向にあるものの、オシムに日本一のサポーターと呼ばれた意味をもっとじっくり考えていきたい。 そんなわけで、今日はサポーターの話です。......続きを読む»

青木良太に攻撃参加を【リーグ第5節 ジュビロ磐田戦】

勝ち点3のジェフと勝ち点6のFC東京。で最下位の磐田と同じく勝ち点2で17位の千葉。 昨季、残留を争った2チームは今季早くも最下位決定戦を行うこととなりました。 互いに勝利のない状態で迎えたゲームだけに、当然狙うは勝ち点3。 ジェフは今季初勝利を挙げることが出来るのでしょうか。 プレビュー:昨季のリプレイか新たな一歩か【リーグ第5節 ジュビロ磐田戦プレビュー】 関連......続きを読む»

昨季のリプレイか新たな一歩か【リーグ第5節 ジュビロ磐田戦プレビュー】

各紙では「裏天王山」と早くも呼ばれる最下位磐田と17位千葉の一戦。 昨季は同じく裏天王山を戦い、結果はスコアレスドロー。 その後も最後の最後まで残留を争い、共にその目標を達成しました。 かつて、黄金時代の磐田とオシムの千葉がJリーグ史上でもっとも素晴らしいゲームの一つを演じた時から6年の月日が経ち、今季も残留争いのライバルとなるのか、もしくはどちらかが息を吹き返すのか。 ......続きを読む»

ネガティブな報道に踊らされないように

山形に敗れたジェフは、現在公式戦6戦未勝利。 とは言え、破れたのは2回だけで、開幕戦のガンバに圧倒された以外は、ゲーム内容が最悪ということではない。 けれども、にわかに騒がしくなってくるのは、スポーツ新聞の報道です。 これまで、色々な方から「信用する必要はない」とコメントを頂いておりますので、私は報道を受け止めてネガティブになる必要はないと感じますし、皆さんにも報道によって気分を悪......続きを読む»

好きな海外のサッカー選手について

Levan Kobiashvili nach Anorthosis Famagusta??(MASA-NET様) 画像のユニフォームは、グルジアのサッカー選手、シャルケ04所属のレヴァン・コビアシュヴィリ選手のもの。 実はひっそりと応援している選手なのですが、「元SCフライブルク選手でグルジア代表のMFレヴァン・コビアシュヴィリ(シャルケ04)が今シーズン終了後にアノルトシス・ファマ......続きを読む»

アクセス分析-犬の意地- その2

ネガティブになりがちな時は、ポジティブな話よりもどうでもいい話を。 前回のアクセス分析結果発表から3か月が経ったので、またやってみます。 2009年1月から、同年3月31日までのアクセスを分析して、各月のアクセスの多かった記事、コメントの多かった記事、アクセスの多かったリンク先、検索ワードトップ5などを見ていきます。 まだ見ていない記事、読みたくなる釣りタイトルなどありましたら......続きを読む»

米倉恒貴のパワープレー【リーグ第4節 モンテディオ山形戦】

昇格一年目の山形とオリジナル10で、1965年の日本リーグスタート以来常にトップリーグで戦ってきた千葉。 それでも、カップ戦を含めて今季すでに2勝を挙げている山形と、いまだ未勝利の千葉。 初めて訪れるNDソフトスタジアムで、ジェフは今季初勝利を挙げることが出来るのでしょうか。 プレビュー:初勝利を巡る戦い【リーグ第4節 モンテディオ山形戦プレビュー】 関連記事:J'Sゴー......続きを読む»

初勝利を巡る戦い【リーグ第4節 モンテディオ山形戦プレビュー】

2009 J1 第4節 山形 vs 千葉(NDスタ) 待ちに待った山形さんとの初顔合わせ。 待ちに待ったNDソフトスタジアム山形。 せっかくなので、待ちに待ったリーグ初勝利もここで挙げたいところです。 内容は向上しているのだから、あとは結果だけ。 相手が昇格クラブだなんて驕りはいらない。 どんなに不細工な勝ち方でも良い。 勝ち点3を手土産にまたフクアリへ......続きを読む»

サッカーの日本代表の試合を見て、われわれは何を楽しめばいいのか

[スポーツの正しい見方] 代表チームよりもJリーグ 海老沢泰久先生のお言葉です。 海老沢先生は元々、「スター選手の多くを外して、無名の若い選手たちで代表をつくった」というオシムに対しては以前から「きっと無知な日本人を啓蒙してくれているのだろうが、すくなくともぼくはもうたくさんだ」と厳しい指摘をされていたので、オシム監督云々の部分には触れません。 色んな意見があるべきですし、ジェフサ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:347
  • 累計のページビュー:13578301

(11月23日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss