犬の意地

日本代表

米倉恒貴と倉田秋の日本代表選出について

米倉、武藤ら東アジア杯ハリル日本23人決定 共にガンバ大阪所属の米倉恒貴選手と倉田秋選手が日本代表に初選出されました。 海外組不在の状況で、彼らの選出に異を唱えるサッカーファンはもはや少ないのではないでしょうか。 どちらも昨季3冠を達成したガンバのレギュラーメンバーであり、将来性も充分感じられるプレーヤーです。 米倉選手は2007年に八千代高校からジェフに入団した地元生え抜きの選手。 2......続きを読む»

2018年ロシアワールドカップの日本代表を楽しみにしたい

4年ぶりの企画です。 昨日、日本代表メンバー、23名が発表になりました。 ワールドカップ2014ブラジル大会、日本代表メンバーが決定! 前回大会の際にも書きましたが、選ばれた選手たちには日本代表の誇りを胸に、自分の出せる最大限の力を発揮して欲しいと思います。 そして、今回考えてみたいことは「2018年の日本代表」の話。 まだ2014年大会も行われていない時期ということで......続きを読む»

U-23日本代表メンバーの発表と大岩一貴の予備登録について

大岩 一貴選手  第30回オリンピック競技大会 U-23日本代表予備登録メンバーに選出! 昨日、U-23日本代表のメンバー発表が行われました。 公式サイトではビックリマーク付きで大岩選手の予備登録メンバー選出を報じていますが、どちらかと言えば本大会のメンバーから漏れたという印象で、本人のコメントからも悔しい気持ちが滲み出ています。 器の小さいことを書くならば、アクシデントがない限り......続きを読む»

日本代表戦に一言物申したい

日本代表対アイスランド代表の試合が終わりました。 シーズン前ということで、コンディションはまだ出来上がっていないものの、結果は3-1で日本の勝利ということで、結果として良いスタートを切れたのではないでしょうか。 長居スタジアムは特にスローインのシーンで盛り上がっていましたが、ジェフからレンタル移籍中のマーク・ミリガン選手はあそこまでアクロバットでなくとももっと速くて正確なスローインするの......続きを読む»

過去最高のチームワーク【W杯決勝T 1回戦 パラグアイ戦】

2010 FIFAワールドカップ PAR vs JPN(プレト) 最後までドキドキさせて貰った試合も終わり、日本代表も帰国。 あれだけ一致団結していたチームがいよいよ解散となりました。 岡田監督が掲げる「ベスト4」という目標に向かって、全員でチャレンジする姿は多くの感動を呼びましたし、ベスト8まであともう一歩だったこと、けれどその1歩の差を埋めることがどれだけ大変かを感じた試合でし......続きを読む»

日本の夜明け、オシムの涙【W杯グループE 第3節 デンマーク戦】

2010 FIFAワールドカップ DEN vs JPN(ロイヤ) 最後まで日本代表を信じて、応援し続けた皆さん。 本当におめでとうございました。 「3戦全敗」予想が吹き荒れる中、岡田監督らしい現実路線の戦い方でカメルーン戦の勝利し、オランダ戦最少失点でのビハインドでも終盤には闘莉王選手を前線に張り付かせるファイトを見せた。 そして、決戦に勝利した。 誰がなんと言おうと、......続きを読む»

日本人監督が世界で勝利した日【W杯グループE 第1節 カメルーン戦】

2010 FIFAワールドカップ JPN vs CMR(フリー) 試合前、阿部勇樹選手の名前がスタメン表にありました。 ジェフサポーターとして、下部組織の最高傑作であり高校生の頃から期待し続けた選手がいよいよワールドカップの舞台に立つことに、少なからず高揚感がありました。 4年前、巻選手がサプライズ召集される影で、同じくジェフサポーターの誇りであった阿部選手が代表落選。 巻選......続きを読む»

2014年ブラジル大会の日本代表を楽しみにしたい

日本代表メンバー、予備やサポートを含めた34名が発表になりました。 2010FIFAワールドカップ 南アフリカ FIFA登録30名 SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー (もしかしたら入れ替えもあるのかも知れませんが)選ばれた選手たちには日本代表の誇りを胸に、自分の出せる最大限の力を発揮して欲しいと思います。 また、ジェフからはマーク・ミリガン選手がオーストラリア代表に選出......続きを読む»

サッカーの日本代表の試合を見て、われわれは何を楽しめばいいのか

[スポーツの正しい見方] 代表チームよりもJリーグ 海老沢泰久先生のお言葉です。 海老沢先生は元々、「スター選手の多くを外して、無名の若い選手たちで代表をつくった」というオシムに対しては以前から「きっと無知な日本人を啓蒙してくれているのだろうが、すくなくともぼくはもうたくさんだ」と厳しい指摘をされていたので、オシム監督云々の部分には触れません。 色んな意見があるべきですし、ジェフサ......続きを読む»

日本代表の決定力不足について

夜にひっそりと、更新してみます。 サッカー 岡田ジャパン決定力不足打開策 内外タイムスさんなので、つっこんだら負けなのですが、あえて負けてみます。 ...続きを読む»

スコアレスの首位攻防戦【W杯最終予選 オーストラリア戦】

やはりテレビ観戦は難しいです。 というのも、どうしても受ける情報が一方的なんですよね。 スタジアムにいると、好きな時に好きな場所を見ることが出来るけれど、テレビだとそうはいかない。 情報も一方的に流れるものを受け取るしかなく、現場の雰囲気やサポーターの生の声を聞くことも出来ない。 ちゃんとした代表の観戦記を読むならば、ちゃんと現地に行った方のレポートを読む方が良いですよ。 ......続きを読む»

岡田監督解任リーチ【W杯最終予選 オーストラリア戦プレビュー】

大一番の豪州戦!岡田監督負けたらクビ危機 いつも思うのですが、なんで岡田監督は毎試合クビがかかっていると報道されるんでしょうか。 普段はユーモアある方なのに、代表の関係はいつも厳しい表情をしている。 結果が求められる代表監督とはいえ、段々可愛そうにも感じてきますね。 「○○を使うからダメ」、「○○を呼ばないからダメ」という批判、オシムの時もそうでしたが、何度聞いても納得出来ません......続きを読む»

迷走を続けるサッカー日本代表の監督人事について考える

今回は日本代表監督について考えてみたいと思います。 たかがジェフファンが偉そうに、というご意見もあるかと思いますが、ベルデニック、ベングロシュ、オシム、アレックス・ミラーと素晴らしい監督に恵まれてきただけに、これまでの日本代表の監督について、そして、そんな日本代表監督として挙げられる人材について、どうしても気になる部分を今回は触れていきたいと思います。 ご意見はありがたく受け止めますが、......続きを読む»

順当な結果も課題が見えたバーレーン戦

日本、0-1でバーレーンに敗れる 【戸塚啓コラム】まるで工夫がなかった日本の戦いぶり 敗戦の地から持ち帰るもの アジアカップ最終予選、第二戦目にして日本代表が敗れました。 この結果については、それほど悲観する必要はないでしょう。 苦手な中東のアウェーゲームで、(バーレーンもそうでしたが)若手選手が多く、岡田監督の下では初出場となる選手もいて、さらに現在はシーズンオフ。 ......続きを読む»

日本代表での巻誠一郎の立ち位置について

昨年、「挑戦」や「自分の成長」のためにジェフを離れた選手たちがいた一方で、チームに残ることを決めた巻選手。 チームの中心選手が多く抜けたからこそ、結果的に彼はチームのリーダーとして精神的に大きく成長し、チームのシンボルとして一本立ちしました。 さらに二桁ゴールとチームの残留を果たして、移籍した選手たちが選出されないようになった日本代表にも定着しています。 しかし、現在の代表での彼の......続きを読む»

決して楽しくはなかった日本代表のカタール戦について

もうドーハの悲劇から15年経っていることに、まず驚きました。 ドーハで行われた、カタール対日本。 良い試合だったと思います。 3-0とはっきりとした差が出たのは、日本代表が個人の能力でカタールを上回った結果ではないでしょうか。 組織は基本的にどちらもしっかりしていましたが、カタールは簡単なミスや、終盤にラフプレーが多かったように、まだ上を目指すには経験不足な感がありました。 ......続きを読む»

ビジネスの代表戦と今日のニュースまとめ

昨日は日本対シリアの一戦が行われました。 シミュレーション未満 日本代表 3-1 シリア代表 ベストメンバー問題をピックアップする中で、代表選手はMF登録が3名、ゲーム形式の練習は地元大学生を交えて行うなど、テストとしての意義すら見えなかったゲームとなりました。 親善試合ビジネス、転換点 サッカー日本代表 この朝日の記事にもあるように、ビジネスとしての試合であり、本当に代表を......続きを読む»

シリア・カタール戦の日本代表メンバー発表会見について

岡田ジャパン、中村俊ら25名を発表!田中達が復帰 日本代表メンバー発表 岡田監督会見 <シリア戦、カタール戦招集メンバー> GK:川口能活(磐田)、楢崎正剛(名古屋)、川島永嗣(川崎) DF:寺田周平(川崎)、中澤佑二(横浜FM)、田中マルクス闘莉王(浦和)、駒野友一(磐田)、阿部勇樹(浦和)、長友佑都(FC東京)、安田理大(G大阪)、内田篤人(鹿島) MF:中村俊輔(......続きを読む»

オシムおよび日本代表の報道について

昨日、取り上げさせて頂いた、第44回全国社会人サッカー選手権。 AC長野パルセイロと松本山雅FCは、見事2回戦も突破し、本日準々決勝を迎えております。 また、ジェフリザーブスは、JFL後期第11節を戦いましたが、残念ながら1-2でファジアーノ岡山に敗れました。 では本題の報道について。 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:237
  • 累計のページビュー:13536902

(06月27日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss