犬の意地

ジェフ千葉 観戦記(08~11)

私たちのホームスタジアムを【リーグ第38節 水戸ホーリーホック戦】

2011 J2 第38節 千葉 vs 水戸(フクアリ) まずは一年間、ジェフを応援して下さった皆様に感謝を。 震災もあり大変な一年ではありましたが、無事にリーグ戦を全て消化したことを喜びたいです。 また、今季リーグ戦で私たちが見た最後のゴールが、水戸の復興のシンボルである鈴木隆行選手のゴールであることも印象深いですし、グラウンドの問題などもあった水戸の選手、サポーターたちが最後まで......続きを読む»

今のチームを象徴している試合【リーグ第37節 FC東京戦】

2011 J2 第37節 FC東京 vs 千葉(味スタ) 今回も味スタに足を運ばれたジェフサポーターの皆様、お疲れ様でした。 寒い中、岡本選手曰く「今のチームを象徴している」試合を観戦するのは辛いところもありましたが、クラブの現状把握にはピッタリなゲームになったかと思います。 リーグ8試合で2得点、しかも1つはPKですから、今のジェフに感動や興奮、非日常を求めるのは酷です(シーチケ......続きを読む»

苦しい思いを力に変えて【リーグ第36節 東京ヴェルディ戦】

2011 J2 第36節 東京V vs 千葉(味スタ) 味スタに足を運ばれたジェフサポーターの皆様、お疲れ様でした。 今週も味スタ参戦される方々もいらっしゃいますでしょうし、もう1度頑張りましょうね。 それから、今日ユースカップに観戦された皆様もありがとうございます(リザや他の下部組織もですね)。 雨の日立台でPK負けはなかなかの苦行でしたね(良いゲームでしたし、ユースの成長......続きを読む»

真田雅則さん、お待たせしました【天皇杯3回戦 ジュビロ磐田戦】

第91回天皇杯 3回戦 磐田 vs 千葉(ヤマハ) まずは現地でジェフを後押しして下さったサポーターの皆様に感謝いたします。 元磐田の藤田選手、茶野選手がベンチ入り、村井選手と林選手がレギュラー。 磐田には八千代や明治大学でジェフの選手と同級生だった選手たちも出ていて、ちょっとした同窓会でしたね。 試合はまさに菅澤さんの狙い通りな展開となったようです。 竹内選手を右サイ......続きを読む»

未来への第一歩【リーグ第35節 ガイナーレ鳥取戦】

2011 J2 第35節 千葉 vs 鳥取(フクアリ) 新体制での初勝利はホーム、フクアリで生まれました。 決勝点を決めたのは来季こそチームの中心になって貰いたい米倉選手で、前節の久保選手に続いて若手が結果を出しましたね。 21本ものシュートを放ちながら、得点は米倉選手のPKだけであったことは課題になるでしょうが、この日ばかりは鳥取のゴールマウスを守った井上選手を褒めるしかありませ......続きを読む»

来季への希望、久保裕一【リーグ第34節 大分トリニータ戦】

2011 J2 第34節 大分 vs 千葉(大銀ド) まずは大分まで遠征して下さったジェフサポーターの皆様に感謝いたします。 久保選手のプロ初ゴールを生で目撃出来たことを羨ましく思います。 大分戦はラストプレーの精度、攻撃のアイディアや人数不足に物足りなさを感じていた前節までと比べて、「崩して決定機」を迎えるシーンが増えてきましたね。 作り直し中のチームではありますが、スリッ......続きを読む»

付け焼刃の全力【リーグ第33節 徳島ヴォルティス戦】

2011 J2 第33節 千葉 vs 徳島(フクアリ) まずは雨の中、フクアリに集まって下さった1万人を越える両サポーターに感謝します。 神戸監督就任後、栃木戦で守備の、鳥栖戦で中盤の構成力を得たジェフでしたが、ラストプレーの精度・アイディア・人数不足は改善に至らず、徳島との試合に敗れました。 継続性を持ってしっかりとチームを積み重ねてきた徳島相手に、付け焼刃であってもクラブの全力......続きを読む»

私たちは社長に何を期待するべきなのか【リーグ第7節 サガン鳥栖戦】

2011 J2 第7節 鳥栖 vs 千葉(ベアスタ) ペースを握り、攻撃の形は作った。 しかし、内容が向上しても鳥栖の執念に届かず、大事なゲームを落とす結果となりました。 以前も書きましたが、この時期は内容よりも結果。 だからこそ、神戸監督は終盤に稚拙なパワープレーに走ったのでしょうが、残念ながらラストプレーのアイディアは不足したままでゴールネットを揺らすことは出来なかったの......続きを読む»

サバイバルマッチは痛み分け【リーグ第32節 栃木SC戦】

2011 J2 第32節 栃木 vs 千葉(栃木グ) 栃木と千葉、昇格争い生き残りを賭けたゲームは、お互いに10本のシュートを打ち合いながらも、痛み分けのスコアレスドローに終わりました。 どちらも気持ちが見えるゲームではありましたが、どちらかと言えばダメージが大きいのは勝てなかったホームの栃木でしょう。 残り7試合で3位と勝ち点8差はそれだけ大きな数字ですし、ドローも頭に入れながら......続きを読む»

チーム作りは失敗に終わったのか【リーグ第5節 京都サンガF.C.戦】

2011 J2 第5節 千葉 vs 京都(フクアリ) 大島選手の加入後、そしてホームゲームでは1年間、無敗を続けてきたジェフですが、京都戦に破れて記録はストップしました。 とにかく悔しいですし、振り返りたくもない心境ですが、こういう時だからこそしっかりと試合を追っていきたいと思います。 なお、今回は西部謙司さんやJ3+様の記事を参考にして、書いていきたいと思います。 参考記事......続きを読む»

欲しいのは追加点より勝ち点3だった【リーグ第29節 ギラヴァンツ北九州戦】

2011 J2 第29節 千葉 vs 北九州(フクアリ) 岡山で大島選手の先制点を最後は気持ちの入った堅守で完封したジェフ。 「この勝利を、これからの一歩にしたい」という竹内選手、「コンサドーレ札幌が連勝して首位に立ったように、ボクたちも連勝していくことが必要」という深井選手の言葉通り、北九州戦もクリーンシートでの勝利となりました。 後半途中からは追加点よりも勝ち点3を狙った戦い方......続きを読む»

深井正樹の2得点、不快な3失点【リーグ第27節 サガン鳥栖戦】

2011 J2 第27節 千葉 vs 鳥栖(フクアリ) まず、真田GKコーチへの追悼の意味を持つ、深井選手のスーパーなゴールとその後の行動に感動させて頂きました。 まだ頭のモヤモヤは晴れませんが、真田GKコーチに少しでも安心して頂けるよう、J1昇格は最後まで諦めないことを誓います。 そんな深井選手の2得点とサンダー選手による3つのゴール。 68分まで2点のリードがあったジェフ......続きを読む»

どん底の状態からは抜け出した【リーグ第26節 京都サンガF.C.戦】

2011 J2 第26節 京都 vs 千葉(西京極) テレビ観戦のため簡潔に。 「わたしの役割はそれでも試合に勝つことだからです」 試合後にそう語ったドワイトですが、まさにその言葉通りで、どんな状況にあっても現場のトップには結果が求められます。 これまでの主力選手であったオーロイ選手、深井選手、伊藤選手が怪我で離脱(櫛野選手も怪我で不在でした)、さらに山口選手が出場停止。 ......続きを読む»

大卒新人にタテポンサッカーじゃ勝てません【リーグ第25節 カターレ富山戦】

2011 J2 第25節 千葉 vs 富山(フクアリ) スコアレスドロー。 試合後は大ブーイング、バス囲み、社長呼び出し・・・。 気持ちの整理がまだ付いていないので、ざっくりと。 頭がふらふらする中、書いたのでむちゃくちゃ部分もありますが、読み飛ばしてください。 ...続きを読む»

深刻な水不足【リーグ第3節 コンサドーレ札幌戦】

2011 J2 第3節 札幌 vs 千葉(札幌ド) テレビ観戦のため、あっさりと。 2-0で勝利した7月23日の札幌戦後、ある札幌サポーターの方から「フクアリは試合前にあんなに水を撒くんですね。あれだけピッチが濡れているとパス回しをされたらプレスが無効化されてしまいます」というお話を聞きました。 なるほど、確かにフクアリほど水を撒くスタジアムも中々ないですし、あれだけピッチが濡れて......続きを読む»

考えて走ることの大切さ【リーグ第24節 FC岐阜戦】

2011 J2 第24節 岐阜 vs 千葉(長良川) テレビ観戦のため、簡潔に。 まずは期待の新加入、大島選手はこの試合ベンチにも入らず。 若さもあって思い切りの良い采配をしようとした江尻監督と比べて、ドワイトはやはり慎重な監督であるように感じます。 もちろん、どちらが良いというわけではなく、大島選手はおそらくホームゲームでデビューとなるでしょうから、それまでにコンディション......続きを読む»

大事な大事な13日間【リーグ第23節 横浜FC戦】

2011 J2 第23節 千葉 vs 横浜FC(フクアリ) 悔しくて悔しくて仕方がないのでざっくりと帰り道にまとめた内容を掲載いたします。 立ち上がりからハイテンションな攻撃を見せたジェフ。 前半21分、林選手がエリア内で倒されて得たPKを深井選手が落ち着いて決めて先制点。 深井選手はこれでキャリア初の二桁得点となる10ゴール目で得点王争いも独走中ですね。 ところが前半......続きを読む»

ここはホーム。フクダ電子アリーナ【リーグ第22節 コンサドーレ札幌戦】

2011 J2 第22節 千葉 vs 札幌(フクアリ) 前節、アウェーで湘南に破れたジェフ。 相手は、ここ6試合負けなしでジェフとは勝ち点差6の札幌。 昨年の2戦2敗は記憶に新しいところであり、さらにフクアリでは過去1度も勝ったことがない相手。 それでも、昨年同様に札幌にホーム無敗記録を止められるわけにはいきません。 舞台はフクアリ。私たちのホームスタジアムです。 ......続きを読む»

変化を望むより成長を望みたい【リーグ第21節 湘南ベルマーレ戦】

2011 J2 第21節 湘南 vs 千葉(平塚) 前回の対戦とは真逆で、はっきりと完敗と呼べる試合だったと思います。 ここまで勝利から遠のいてた湘南でしたが、ジェフの戦い方を意識した挑戦者としてのサッカーで、最後まで集中して戦っていましたね。 もちろん、深井選手やオーロイ選手相手に苦労はしていましたが、最後まで体を張った守りは、緊張感に欠いた失点を繰り返したジェフとしては学ぶこと......続きを読む»

矛盾なきドロー【リーグ第20節 ロアッソ熊本戦】

2011 J2 第20節 千葉 vs 熊本(フクアリ) リーグ最多得点のジェフとリーグ最少失点の熊本のゲーム。 リーグ最高の矛と盾が激突した結果に、矛盾はありませんでした。 そんなわけで、暑い中でもフクアリで声援を送って下さったジェフサポーターの皆様に今回も感謝を。 ただ、エリアチェンジの影響か、ちょっと物足りない応援でした。 フクアリ劇場は選手主体じゃなく、サポーター......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:220
  • 累計のページビュー:13513304

(03月25日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss