犬の意地

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号33 茶野隆行

このエントリーをはてなブックマークに追加

33 茶野隆行 35歳 DF

代表歴:04~05年 日本代表
前登録チーム:ジュビロ磐田

【2011リーグ成績】
試合数 3(スタメン3試合)
出場時間 225分
得点 0
シュート 0
アシスト 0
警告 1 退場 0

順番を変更して、先日現役引退を発表された茶野選手について。

昨季24試合に出場した茶野選手でしたが、今季は新加入の竹内選手に押し出される形で出場機会を失い、そのままユニフォームを脱ぐことになりました。

昨年の短評にも書きましたが、理想としては若手選手が彼を追い抜くことで、後継者に道を譲る形で引退を決めて欲しかった(茶野選手の問題ではないですが)のですが、それでもグラグラの土台を支えようと懸命に戦ってくれたことに感謝致します。

これは個人的な感想ですが、坂本選手以降、勇人選手、村井選手、林選手、そして今季の山口選手とキャリアの後半を迎えた選手が出戻り、若手が台頭しない現状はあまり好ましくありません。

例え他クラブに引き抜かれたのであっても、一度出した選手を呼び戻すのではなく、3年くらいのスパンでチーム作りを考えて、抜けた穴を次の選手が埋められるような選手構成をしていくべきでしょう。

何らかの理由で空いた穴を他クラブから補強するのであればまだしも、一度出て行った選手で穴埋めしようとする姿勢に「クラブとしての指針(芯)」は感じられません。

それは村井選手や林選手のように、結局結果が出ないと短年で放出する程度の覚悟であれば尚更です。

けれど、茶野選手のようにキャリアの最後を古巣で過ごすという発想であれば(本人にはそんなつもりはないのかも知れませんが)、それは歓迎したいところです。

日本代表に選出された途端に磐田への移籍を決めて以来、あまり良い印象を持てずにいたのですが、最後はジェフでプレーしてくれたことで心から「ありがとう、お疲れ様」と言える気がします(ひねくれていますね)。

森崎嘉之さんや鈴木和裕さんと共に市立船橋からジェフに入団後、若い頃は「ドリブラー殺し」として1対1に抜群の強さを見せ、全盛期には日本代表に選出、晩年は攻守で貢献出来る守備のリーダーとして、センターバックとしては小柄な体がいつも大きく見えました。

夏の千葉ダービー、劣勢の終盤にジェフサポーターの目の前で決めた現役最後のゴールを忘れません。

キャプテンマークを巻いて出場した最終節フクアリでの勇姿も忘れません。

ジェフでの12年間、ありがとうございました。

そして17年間の現役生活、お疲れ様でした。


2010年選手短評

本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-294226.gif  marcos2008-294221.gif  marcos2008-294248.gif

ついでにたむけんさんの格好をして、「ちゃ~」を披露したことも忘れません(笑)

選手短評について、次回は藤本選手について、そしてその次は二種登録選手を飛ばして渡邊選手について書いていきます(アマチュア選手にあれこれ書くのもあれなので)。

それにしても林選手はいつ進路が決まるのでしょうか・・・。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(2011)
タグ:
茶野隆行
背番号33
国内サッカー
Jリーグ
ジェフユナイテッド市原千葉
ジェフ千葉
ジェフユナイテッド選手短評
現役引退

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号33 茶野隆行

お世話になります。

オシム(おじいちゃんの方)に
怒られて怒鳴られて育った選手が
引退されますね。
(もう、そんなに月日がたつんですねぇ)

味スタで、東京Vの森本選手にJ初ゴールをゆるして
呆然としている姿が今でも印象に残ってます。

試合中のポカや
カッとなってのプレーなんかもありましたが
懸命さが伝わってくる選手でしたね。
(磐田時代はよく知りませんが・・・)

ジェフ復帰後は、その役割が曖昧で
若手の見本として呼び戻したのか、
戦力として呼び戻したのかが分かりませんでした。

昨季は竹内選手がCBという布陣でしたし。

移籍前の3バック時代の輝きを
復帰後の4バックではあまり見れなかったかなぁ。
(でも、2010年は彼がDFの中心でした。)

長い現役生活お疲れ様でした。
と、素直に伝えたいです。

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号33 茶野隆行

マルコスさん こんにちは

何か憎めない存在であり、サポに愛されたチャーボーでしたね。
もし山口智を獲得出来なければ、あと1~2年は可能性があったのかなぁ(状況はしょうがないです)。


地元・千葉県(市川市)出身で市船からジェフに加入し、ジェフでキャリアを積み、ステップアップ(他クラブを経験するのも良い事です)のため移籍し、最後に様々な経験を活かすべくジェフに復帰して引退。。。と言う(個人的には)まさに理想的な選手でした(これで指導者になったら最高ですね)。

*神戸・和田監督なんて地元クラブ(ヴィッセル)の立ち上げに選手として参加し(ちょうど震災の時でしたね)、監督としても奇跡の残留まで果たし...地元愛ってJの理念の一つですから大切にしたいですね。
(スタートは違うが)“地元でひと花”と言う思いも。。。清水のレジェンド2人もそうですよね(J元年の町田に加入した戸田選手も頑張って!)。


(他クラブでも)古巣復帰って結構あると思いますが、そこには戻る(戻す)だけの意味(ベテランならベテランとしての役割を期待して)があると思うんです。
少なくとも若手を潰す役割は無いですよ!(←ジェフの強化担当さんへ)

(実績のある)ベテラン選手の影響力ってあるので、(いくら良い選手でも)チームカラーとかけ離れていては悪影響ですし、(過去に活躍し)チームカラーに合っている(知っている)選手を獲るのはチーム強化策として考えられる手段(選手側にクラブへの愛着があれば尚更)。

ただ残念ながら(チャーボー含め)2010年復帰組はその意味が曖昧(中途半端)だったのかも(単なるプレーヤーとしてだけしか考えていなかった感じです)。。。私も(方向性の定まらないチームを)とりあえずエジさん親派で固めて(かつてのジェフサッカーで)乗り切るんだろうくらいに思ってました(甘かったですね...反省です)。

*ヤザが2010年アウェイ富山戦(かなり終盤)で言っていましたね。。。「やっと一つになりつつある」と。結局(かつての主力)選手を戻しても一度バラバラになったチームはそう簡単に戻りません(一つになりません)。2011年もバラバラでしたね。
ちなみに2010年シーズンの年齢構成はそれ程酷くなかったんですよ(メンバーの固定化が出来なかっただけ)。


さらに、(収入面はアップしたでしょうが)それぞれの移籍先が本当にステップアップ出来るクラブだったか疑問もあり、経験的なものがそれ程効果のあるものではなかったのかな?(そう言う意味では山口智の加入は大きいですよ!)。

まあチャーボーはチームの融和(一体感)をもたらすのに必要な存在に感じ、たとえバックアップになっても黙々とプレーする印象があり(若手を積極的に指導もして)、ベテラン選手として充分役割は果たしていたと思います(ジェフに何を残したとなると私には正直分かりませんが、残った選手たちがプレーで見せてくれるでしょう)。


引退セレモニーは『ちばぎんカップ』でやるのかな?
キタジからの花束贈呈!?

こんな記事も読みたい

Jクラブの地域選手「発掘力」【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

J1に昇格すると!【サガン鳥栖戦記】

Jリーグクラブ補強分析~J1(前編)~【国立(くにたち)競技場】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号23 益山司【犬の意地】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号22 久保裕一【犬の意地】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号21 大久保択生【犬の意地】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号20 伊藤大介【犬の意地】

木山隆之のサッカーから今季のジェフの陣容を考える【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:217
  • 累計のページビュー:13528022

(05月23日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss