犬の意地

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号16 林丈統

このエントリーをはてなブックマークに追加

16 林丈統 31歳 FW

代表歴:1999年 U-20 日本代表
前登録チーム:京都サンガ

【2011リーグ成績】
試合数 16(スタメン8試合)
出場時間 628分
得点 0
シュート 13
警告 1 退場 0

昨季のスタメン2試合、出場7試合と比べれば出場時間は増えていますが、それでも2年間で1000分にも満たず、フル出場もなし。

カンテーラ組の中では比較的安価ではあるものの、それでも31歳でこの出場時間ではリリースもやむなしでしょうか。

実力的に大きな衰えは感じられませんし、終盤はレギュラーとして高いテクニックやトリッキーなパスやFK、相手のスキマを上手く取るポジショニングはチームにとって良いアクセントになりました。

おそらく次のクラブもすぐに決まるだろうと楽観視していたりもします。

ただ、元々いたずら小僧的な性格で、リーダーシップのあるタイプではない(これは村井選手もですね)林選手ですから、その豊富な経験が若手に伝わっていなかったこと(そう見えたこと)は残念です。

「自分は90分を通して何かしたいという意図を持ってやっているけど、何がしたいのか伝わってこない選手がいる。攻撃のアイデアがもっと必要」という彼の言葉は重いですが、それを伝えることもベテランに求められることではないのか、という思いもあります。

自分が良いプレーをするだけではなく、周囲もそういうプレーを意識させる。

移籍組とは言え、元々の生え抜きの選手だけにそういった部分でもクラブに貢献してくれることを勝手に期待していたので、結果が出なかったこと以上に残念に感じました。

というのも、林選手らベテラン選手の加入は以前に危惧した通り、若手の居場所を奪う結果になってしまった。

これは林選手の責任ではないのですが、例えば金沢亮選手が再びリザーブズ漬けにされ、最終的にはクラブを去ってしまったことのショックは大きいです。

2011シーズン報告会レポートで小林寛取締役が「ベテラン選手が試合に出てしまうので、若手が育たなかったということ。若い選手は試合に出ないと伸びない」と振り返っていますが、カンテーラ組はその原因になっていたと言えるでしょう。

今年もクラブは「若手育成」を掲げながら、若手選手をレンタルで放出して、獲得するのは20代後半の即戦力ばかりとなっていますから、報告会やサポコミの内容と補強結果、そして実際見せるサッカーにクラブとしてブレがないかも注視する必要があるように思えます(補強内容を腐すつもりはないですよ)。

ただ若手の居場所を奪うのではなく、適度な競争と適切な教材になる選手でなければ、クラブとして結果が出なかった時にチームに何も残らなくなる。

今後、再び助っ人として他クラブで活躍するであろう林選手には自身のパフォーマンスはもちろんのこと、若手選手にとって良い影響を与える存在になってくれることを願います。

2010年選手短評


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-294226.gif  marcos2008-294221.gif  marcos2008-294248.gif

なんだか毎日加入の発表がありますね。

武田英二郎選手、一年間よろしくお願いします!

大学時代、関東2部のライバルだった藤本選手にとって、良い刺激、良い競争となることを期待します。

それにしても、左利きの選手がいっぱい集まりましたね。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(2011)
タグ:
林丈統
背番号16
ジェフユナイテッド選手短評
ジェフ千葉
ジェフユナイテッド市原千葉
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号16 林丈統

お世話になります。

ん~。

元々、スーパーサブのイメージが強いこともあったし、
裏への抜け出しが魅力でもあったのですが、
なんだか、いつの間にか1.5列目で
そこそこの選手・・・になっちゃったかなぁ。。。

フル出場がなかったのも、ある意味納得できるような
「だったらスタメンじゃなくてスーパーサブで使えばいいじゃん」みたいな。

今のチームでは
コータ選手取っては良い見本・・・だったのか?
(金沢選手なんかは若干タイプが違いますし?)

若手をグイグイ引っ張るタイプでも無さそうだったし。
(試合の林選手しか知らないので分かりませんが)

ミラーさんが居た頃から、
前掛かり大好きなメンバーが数多い中で、
あえて林選手を補強して、上手く使えなかった感が強いです。
(そら、中盤でユート選手が孤立無援で獅子奮迅になりますわって・・・)

テクニックもあって、スキルもあるけど、
試合の中で輝く時間が少なかったですね。
そんな印象しかないなぁ。
(消えている時間が長いと言いますか)

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号16 林丈統

マルコスさん、こんにちは。

言葉は悪いですが期待はずれでした。

もし即戦力として獲得したのであれば、2年続けて出場時間も少なく得点も無いことは獲得失敗としか言えません。

あるいはそのスキルや経験を若手選手の手本としたかったのであれば、私の目からはそのような結果を得られたように見えませんでしたし、逆に金沢選手や孝太選手の成長を妨げる原因の一つになってしまったように思え、この点でもなんだったのだろうという思いが強いです。

プレーも、短い時間でアクセントをつけるという意味ではフクアリを沸かせてくれることもありましたが、ガキ大将とも言えた勇人選手が様々なことを背負ってピッチに立っていたことに比べるとベテラン選手として物足りませんでした。

ところで補強選手が即戦力を中心に行われていることに対して若手の育成という目標と異なっているのではないかとか今までと同じではないかという意見がありますがそうとも言えないと思っています。

京都やF東京のように我慢してポテンシャルのある若手選手を使い続ける育成もあれば、柏のように同じポジションですべての選手に競争をさせる育成もあります。

私は木山新監督のサッカーを知りませんし、強化部門がどのような意図を持っているのか、あるいは各選手の適性をどう考えているのかもわかりません。

しかし私はチームに甘いのかもしれませんが、ジェフは「競争」による育成を選んだのだと考えています。

間違いなくJ1クラスの選手を補強しているのであれば、その選手を乗り越えなければJ1では通用しないわけですから、強力なライバルがチーム内にいるという意識で若手に乗り越えてもらいたい。乗り越えられなければそれまでということ。AKB48のovertakeを思い出しますね。

まあ木山新監督の目指すサッカーにおいて、ポジションごとにそのような競争が行われる編成になっているという前提は必要ですけど。

その観点に立った時に私たちが来シーズンすべきことは、中堅・ベテラン選手が若手の壁となるべくその能力を如何なく発揮すること、そして若手選手がその壁を乗り越えるべくその能力を一所懸命に磨くことを応援していくことではないかなぁと考えています。

それと同時に、若手が壁を越えようとしている、あるいは壁を乗り越えつつあることを監督やコーチが見逃していないかチェックするということ、言い換えれば勝ち負けを求めるよりもサッカー眼を必要とする質の高いサポートがサポにも求められているのかなぁと漠然と思い始めました。

こんなことはマルコスさんを始めこちらの皆さんには十分に分かっていることだと思います。しかし「蓋」にするか「壁」にするかはチームがどこまで目先の勝ち点に目を奪われず「育成」に力を傾注できるかとも言えますので、私はこれまでの没落を目の当たりにしてきた島田新社長や小林取締役の思いを今は信じたいということですね。

そうは言っても、自分はそんな眼力を全くもって持ってないんですけど。

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号16 林丈統

マルコスさん こんにちは

『ジェフのファンタジスタ』であるタケ。
実力(技術)は認めるものの...残念ながらその力を発揮出来なかった。そんな印象の2年間でしたね。

やはりと言うべきか...存在(役割)が深井と被ってますからね。
「何がしたいか伝わってこない選手がいる」って発言も、(発言そのものは正しいのかもしれないが)そんな事は公に(マスコミ通して)言うんじゃなくて普段の練習で言えば良い事(ミックスゾーンは(敗因の)責任追求や不満の捌け口の場ではないと思う)。

ベテランを必要としてくれるチームはあるはず(ベテラン不在で躓いたチームは少なくないですから)。
なので存在感(影響力)は大切です。


〔若手の期限付き移籍〕
編成上どうしても(ピンポイントで)欲しいポジションもありますから、他から(期限付き移籍で)獲得する事もあるでしょう。J2クラブなら特に(ある意味典型です)。
逆にクラブとしても自チームで出場機会が多く望めないなら、他のクラブへ(成長のため出場機会を求めて)移籍させるのも若手育成の一環だと思いますし、(移籍リスクはありますが)1~2年で見れば年齢構成が調整できるなど有効な手段です(予算の上でも)。

ただ正直、武田選手の加入にはビックリしました(選手には活躍を期待してますが)。フジモンへの刺激材料なのか?(まあフジモンはコンバートさせるんでしょうけどね)。

こんな記事も読みたい

ビッグクラブ浦和レッズへ【Vamos la fútbol】

サガン鳥栖移籍情報等まとめ~其の六【ゆるく、楽しく、スポーツ観戦】

Jリーグは、世界25位リーグ?!【北の蒼きフットボーラー】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号15 福元洋平【犬の意地】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号14 太田圭輔【犬の意地】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 山口慶【犬の意地】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号11 米倉恒貴【犬の意地】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号10 マット・ラム【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:162
  • 累計のページビュー:13536350

(06月25日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss