犬の意地

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号6 サンダー・ファン・ゲッセル

このエントリーをはてなブックマークに追加

6 ファン・ゲッセル 35歳 MF

代表歴:なし
前登録チーム:FCエドモントン

【2011リーグ成績】
試合数 24(スタメン19試合)
出場時間 1747分
得点 2
アシスト 3
シュート 8
警告 7 退場 0

ジェフの今季最終戦となった天皇杯の清水エスパルス戦。

ジェフは自分たちがやりたいことが出来ていたように感じますし、あれが今出来る「脱オーロイ」の最終形態だったのでしょう。

しかし、結果は完敗。

サントスと柏の試合ではないですが、組織的に戦ったとしても、やはり個人で勝てなければ結果には繋がらず、その意味でジェフが勝っていたのは深井選手と(コンバートの)ヨン・ア・ピン選手のマッチアップくらいだったのだから、J1のクラブとの差を思い知る試合になってしまいました。

清水は小野選手とユングベリ選手を欠いても尚、高原選手が攻撃の軸になれる一方でジェフにはそれがなかったですね。

さて、ゲッセル選手についてですが、彼のような選手を獲得することは補強ポイントとして決して間違いではなかったように感じます。

実力・年俸を考えてもジェフで中盤の軸になるのは「佐藤勇人」以外にあり得ません。

ならば、彼にない武器を持った選手とセンターハーフのコンビを組ませることは当然で、高さがあって、長いボールが蹴れて、守備が計算出来る…つまりは「阿部勇樹」が理想なのだと思います。

しかし、移籍が決まった中後選手も含めて、阿部選手流出後のジェフでは帯に短し襷に長しという選手が多かった。

その意味で高さがあり、守備ラインでもプレー出来るゲッセル選手は適任…かと思いきや、フル出場はわずか14試合と物足りず、戦力的にもアジリティの問題で「当たり外国人」という印象はありませんでした。

前述の清水戦でもプレーエリアが限定されており、ポゼッションしようにもボールを受けられる範囲が狭く、守備の時もプレス出来る範囲が狭くと悪い意味で目立ってしまっていたように感じます。

これでは勇人選手の負担が増すだけであり、クラブが若返りと「走るサッカー」を掲げるのであれば、来季の契約を更新しなかったことを支持せざるを得ませんでした。

一方で彼の高さとミドルシュート、それにしっかりタメを作りながらビルドアップ出来る能力はやはりジェフにはない武器(伊藤選手の課題とも言えますが)ですから、彼ほど背は高くなくともサイドバックや両ウイング、そして勇人選手がオーバーラップ出来る時間を創れる選手が求められます(ミリガン選手なら出来る気もするんですけどね)。

五年前に会いたかったと様々な方がおっしゃりますが、私は彼の五年前の姿を知りませんので(笑)、持ち前のリーダーシップで外国人選手を引っ張ってくれたことに感謝をしつつ、今オフの最大課題である「勇人の相方探し」の結果を楽しみに待ちたいと思います。


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-75791.gif  marcos2008-75792.gif  marcos2008-91487.gif

報告会に続いて、木山監督就任や山口智選手、荒田選手の加入の噂、そして前述の中後選手と藤田選手の契約満了などやはり大きく動くオフになっています。

たまにはのんびり過ごしたいと思いつつも、やっぱり気になってしまいますね。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(2011)
タグ:
ファン・ゲッセル
背番号6
Jリーグ
ジェフユナイテッド市原千葉
ジェフ千葉
ジェフユナイテッド選手短評

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号6 サンダー・ファン・ゲッセル

お世話になります.

いやぁ,,,
ミリガン選手とゲッセル選手を
(センターバックとボランチを)入れ替えた方が
いいんじゃね?
と思うシーンが多々あったシーズンでした.

中盤で唯一,ヘディングで競り勝てる選手でしたが,
あまり彼が競り勝ってから展開するシーンもなくて・・・

勇人選手への負荷を増やす結果になりましたが
それは戦術的な話であって,彼の責任でもないんですけどね.

というか,
ホントは,トップ下あたりで自由に攻撃させてあげたら
もっと輝いたんでしょうね.

ボランチの位置では,
ちょっと特長を生かし切れなかったのかもですね.
(あくまでも仮定の話ですけど)

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号6 サンダー・ファン・ゲッセル

マルコスさん、こんにちは。

ファン・ゲッセル選手のプレーは、後ろを向いたプレーが多いという印象でした。

攻撃においてはCBからのパスをはたいて戻すとか左足のインサイドで左SBあるいは左SHに横パスを出すという感じですし、守備においてもチェックが遅れて追いかける(後ろ向きに走る)というイメージです。

それだけに時折前を向いて中盤の底からインサイドキックで縦に出すグラウンダーや、持ち上がったまま最前線に顔を出すプレーが効果的に思えました。アタッキングサードでのフリーランは結構良いスペースに走りこんでいたように見えたので、ボールホルダーももう少し見てあげればいいのにと何度か思いました。

岐阜戦でしたか、深井選手のゴールに向かっていくFKをものの見事に決めたヘディングシュートは破壊力がありましたが、身長の割にはヘディングシュートの数も少なかったですね。

ボランチの位置で少し猫背になりながらボールを収め、左右にボールを散らす姿は嫌いではありませんでしたが、相手の隙間での顔の出し方が何とかならないかなぁとゲームを見ながらいつもぼやいていた気がします。

こうして見るとどちらかというと少しネガティブな印象が勝ちますね。仮にもう少し若い時期に来ていたとしたら、スピードは期待できなかったかもしれませんが、もう少し走れたのでしょうか。

それにしても誰かいないですかねぇ。そこそこの身長があって、スピードもあり、ボール奪取能力に長けていて、パスを散らすことができるボランチ…やっぱりミリガン選手かな?

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号6 サンダー・ファン・ゲッセル

マルコスさん こんにちは

「前に出すぎました」。。。わたしにはサンダーがなぜか勇人の役回りをやってしまった印象があります。

やはり「(勇人の相方の)ジェフの6番」ではなかったですね(私もそう思ってました)。
プレーの質そのものには高い評価が出来るんですが、(ただですらスピードやスタミナに難があり)動きすぎがマイナスな上、勇人本来の動きすら殺してしまいました。
守備的な選手ってふれ込みだったのに、ドワイトの(戦術的な)要求だったのでしょうか?

でも一生懸命なプレーぶりは好きでした。


〔天皇杯4回戦・清水戦〕
前半は(メンバーが変わり)慣らし運転の清水相手に善戦したジェフでしたが、後半(太田宏介投入で)ギアチェンジしたらついていけず...あまりにも(終始)スピードが違いショックでした。

0-2からの反撃は良かったですか?
私は受け入れられませんでした...泣くと強くなる子供のようで。
清水は残り30分間に失点が多いチームなのに、(いつも通りに連動性が無く)個人技頼みで得点も奪えず。

あれで善戦なんて言ったら、それこそ『負け犬』になってしまう(選手たちはどう思ったかわからないが...)。
カテゴリーなんて関係ない。(見せかけの)善戦なんてものに慣れたくは無い!
私はショボイ試合を見せられたら絶対に満足はしない(これは今までも、これからも同じです)。

試合前(いつも楽しそうな清水の応援のように)楽しくやろうとちょっと振り付けしてみたコールリーダー。あれは良かったと思います。来季は楽しくやろうぜ!

エディのコールがカッコ良かった。井出遥也でやりたい...

様々な因縁のあった清水戦。試合後には菅澤コーチの元に駆け寄る高木選手の姿もありました。

こんな記事も読みたい

試練と成長 12/24天皇杯準々決勝対浦和@熊谷陸競【hold your head up high! 】

シーズンオフの過ごし方〜シュラスコ&PUMAショップ〜【J特】【AVANTE〜Let's go KAWASAKI〜】

新体制発表まで1ケ月を切りました・・・【主婦の目線でフロンターレ♪】

2011シーズン ジェフ千葉 其ノ弐【Look up and Go ahead】

2011シーズン ジェフ千葉 其ノ壱【Look up and Go ahead】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号5 マーク・ミリガン【犬の意地】

柏レイソルベスト4!【ジェフプライド】

2011ジェフユナイテッド選手短評 背番号4 青木良太【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:261
  • 累計のページビュー:13510303

(03月15日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss