犬の意地

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

このエントリーをはてなブックマークに追加

13 和田拓三 29歳 DF

代表歴:なし
前登録チーム:東京ヴェルディ 

【2010リーグ成績】
試合数 8
出場時間 611分
得点 0
シュート 8
警告 1 退場 0

09年の加入後、「坂本・青木良太」のサイドバック争いに参戦してくれると期待された和田選手でしたが、昨季はほとんど居場所のないままジェフを去ることになりました。

攻撃的なサイドバックとして、ロングスローを含めて魅力的な選手ではありますが、序盤は坂本選手、それ以降は鎌田選手がレギュラーを務め、和田選手のスタメン機会はわずかに6試合。

彼だけが悪いわけではないですが、その出場した6試合の戦績は2勝1分3敗と結果が振るわなかったことも不運でした。

おそらくは左サイドバックにビルドアップが期待出来るものの、1対1以外の守備に不安の残るアレックス選手が起用されることが多かったこと、クラブとして若い鎌田選手を育てたかったことも和田選手にとって逆風になっていたのでしょう。

個人的に練習試合などで見る「太田・和田」の右サイドに期待していただけに、福岡移籍は残念です。

けれど、彼ならばJ1のレギュラー選手としても充分戦えるだろうと考えていますし、等々力で意地を見せてくれた選手としてこれからも応援したい気持ちがあります。

翌年にレンタルバックする若手選手を育成するのであれば、前年に即戦力の選手を取る必要があったのか、どうしても強化担当の入れ替わりで生じるギャップに憤りを感じざるを得ません。

また、昨季の短評でも書きましたが、確かにサイドバックに「ビルドアップ」を求める江尻監督の下では和田選手の出場機会が限られるのは仕方がないと割り切って考えていましたが、層の薄い両サイドバックで起用出来る(しかも本職の)和田選手を移籍させ、今になって中谷勇介選手や中島ファランパリス選手をテストしている現状が少し不安です。

ドワイトは竹内選手を(本職の)センターバックでテストしているようですし、今季サイドバックが足りないと即戦力のサイドバックをレンタルしたりしないかと、意地悪な私は考えていますが、そんな心配は杞憂であることを祈り、和田選手の新天地での活躍を期待したいと思います。


2009年選手短評


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-75791.gif  marcos2008-75792.gif  marcos2008-91487.gif

関係ないけれど、なんだか海外の主要リーグで日本人対決があっても驚かなくなってきましたね。

和田選手と同じサイドバックの長友選手がインテル移籍。

日本人サイドバックの価値を高めるためにも、頑張って欲しいです。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(09~10)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

お世話になります。

攻撃を表に出したサッカーを目指すなら、
和田選手はもっと重宝されても良かったと思うんですが。

結局、戦術的にも、攻撃に特化する勇気が無かったんでしょうか、
江尻監督。

太田選手、和田選手の二人が、右サイドを我が物顔で支配してくれたら、
もっともっと面白いサッカーが出来ていたように思うので、
本当に残念でした。

J1での活躍を願うばかりです。

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

マルコスさん、こんにちは。

今回の放出で残念だった一人です。左右どちらもできる攻撃的なSBでしたので、ポジション別の選手層からも期待したかったところです。

昨年のコメントを読み直すと守備の不安を書いていました。それについてはあまり解消されていなかったように思いますが、チームとしての守備そのものが成立しているとは言えなかっただけに個人の問題も見えづらかったように思います。

果敢にライン際を上がってきてからのクロスも良かったですが、中に切れ込んでからのミドルシュートやゴール前への飛び込みの迫力も魅力的でした。新チームでも頑張って欲しいなあ(守備も)と思います。

アビスパサポです

和田選手は期待しています。J1で再戦出来る事を願っています。その為にもアビスパが残留しないと。

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

マルコスさん こんにちは

拓三は両SBとCBが出来る貴重な戦力ですよね。今の現状を考えると本当に勿体ない気もしますが、隊長と全く被ってしまうので他の役割を考えると(予算的にも)非更新はしょうがなかったのかな?

拓三の武器は積極的なオーバーラップからのクロスやミドルシュート、なぜそこ(ゴール前)にいるの?と思わせるポジショニングとそれを90分間続けられるスタミナです。なんと言っても攻撃性です!(ロングスローも)
確かに守備面では高速化したサイドの攻防に苦戦する場面もありましたが拓三に限った事でもない(致命的でもなかった)。しっかり上下動するので、少なくともアレよりは安定的だった。

昨季、拓三が先発した試合の成績が(上位対決もあり)芳しくなかったのは事実。おそらくエジさんの性格では勝てなかった原因と思ってしまったのかも...単に組合せが悪かっただけなのだが(めぐり合せが悪く)出場機会が増えませんでした。
ただ“点の取り合いで勝つ”と昨季(当初)目指したサッカーでは積極的に使われるべき選手でしたよね。
(圭二離脱後も)アレを前で起用し続けるために、拓三をもっと起用しても良かったと思いますが...速攻タイプなので(少々ポゼッションに難があり)エジさん好みではなかった(ここにも迷走の原因が感じられます)。


今季は“速攻”が板に付いた(前線に良い補強もした)福岡ですから活躍が期待されます(田中誠のバックアップとしても)。
拓三のクロスから城後・田中佑・成岡・松浦などの攻撃陣がゴールを量産!拓三・末吉・中町がミドル連発!なんて...意外とJ1の台風の目になるかも!

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:213
  • 累計のページビュー:13521029

(04月27日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss