犬の意地

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号10 工藤浩平

このエントリーをはてなブックマークに追加

10 工藤浩平 26歳 MF

代表歴:1999U-15代表、2000U-16代表、2001U-17代表、2001U-18代表、2002U-19代表、2003U-20代表候補、2008日本代表
前登録チーム:ジェフユナイテッド市原ユース
関連記事:工藤浩平の日【リーグ第24節 ファジアーノ岡山戦】

【2010リーグ成績】
試合数 35
出場時間 2801分
得点 2
シュート 35
警告 3 退場 0

数少ない生え抜きであるからこそ、クラブは「工藤浩平中心のチーム作り」を目指し、10番で加えて今季はキャプテンとしての責任を与えた。

工藤選手も期待に応えようと4年連続で30試合出場と奮闘してくれましたが、前半戦は組織を組み立てようとしていたものの、昇格争いのお尻に火が着き始めた頃から個人技主体になったチームにあって、なかなか彼のようなタイプを活かし辛くなっていたのも事実です。

(大まかに分類すれば)タイプの重なる勇人選手の加入やルーキーの伊藤大介選手にレギュラーの座を奪われるなどもあり、不完全燃焼のまま、J1昇格争いのライバルとなる京都への移籍が決まりました。

昨年オファーがあった広島ほどではないかも知れませんが、「大木・祖母井」の京都ですから、オランダサッカーを目指すジェフよりも自身の力が発揮しやすいでしょうし、ずっと千葉で育ってきたからこそ、ジェフ以外のサッカーを知ることも良いことでしょう。

・・・などと考えていたら、左膝前十字靭帯を損傷ということで、なんだか水野選手といいかつての村井選手といい、災難が続きますね。

それこそジュニアユース時代からサポーターが愛し続けた選手だけに、移籍のショックはあります。

けれど、羽生選手と同じようにせっかく自分のスタイルに合うであろうクラブでプレーするからには、クラブの中心として、キャプテンとして活躍して欲しい。

あえて強気に書きますが、工藤選手不在の京都に勝ったところで、J1でも戦える自信は付かない。

工藤選手がジェフにとって脅威となり、そんなチームに勝利することで、私たちはJ1の舞台に戻りたい。

各チームの強化が進むJ2を勝ち抜くのは京都ではなく、ジェフであるように私たちは昨季以上のサポートを続けていくだけです。


2009年選手短評


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-75791.gif  marcos2008-75792.gif  marcos2008-91487.gif

ジェフには絶対に負けたくないという工藤選手の言葉が、クラブへの憎悪ではなく愛情から来るものであることを願います。

そして、そうであるならば、私たちも愛のあるブーイングで工藤選手にプレッシャーをかけていくのみです。

また、今のジェフの下部組織には工藤選手と同じようにジュニアユースから注目される新堀真也選手や和田凌選手がいますが、彼らが工藤選手のように将来ジェフの10番を背負うような選手になってくれることで、育成のジェフを復活させて欲しいと思います。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(09~10)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号10 工藤浩平

>さいとさん
お世話になっております。

>ジェフの迷走を最も体現した選手
もしかしたら、本人としてもこのイメージを払拭するための移籍だったのかも知れませんね。

アマル時代に順調な成長を見せていただけに、大木さんの下でもう一皮向けてくれればと思います。

・・・寂しいですけどね。

>やっぱり巻が好きさん
お世話になっております。

おっしゃる通り、09年と似た印象を頂いた一年でした。

むしろ10番でさえなければ、という気持ちもあります。

日本代表も狙えるポテンシャルがあるだけに、まだまだ歩みを止めないでいて欲しいです。


>げるおさん
お世話になっております。

>工藤ちゃんが京都へ移籍して本当に二桁得点出来るような攻撃的な選手に変身し、またジェフに戻ってきてくれることを期待しています。

本当にそうですよね。

出来れば、またジェフで一緒に戦って欲しいです。

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号10 工藤浩平

マルコスさん こんにちは

なんか辛いです。

ポジション含め彼の役割にしては2得点...はっきり言ってJ2残留の戦犯と見られてもしょうがない結果ですね。
意外と多いシュート数もスタメンを外されてから増えた印象ですから、初めからガンガン打って欲しかった(いくらエジさんがFWの得点に拘ってても)。この消極的な性格を打破するために期待したキャプテンでしたが結局は破れませんでした。

私はバックパス全てを否定しません。攻め急ぎ(無理に縦パスを入れる事)を調整する必要はあるし、(パス&ゴーで)前に出るために意図的に使うなら。しかし浩平の場合はどちらでもなく、完全に敵前逃亡にしか見えなかったのは残念です。
フリーランでスペースを作ったり、起点になったり2列目ならどこでも出来る器用さはあるが、自身がゴールに向かないプレースタイルはどうしたものか...

オフェンシブな選手なのに守備でしか貢献出来ませんでしたね。確かに疲れ知らずに走り回り、前線でのプレスやパスカットは一級品ですから...終盤交代後にピンチの連続に(実際失点も多く)なってましたね(学習しないエジさんは何度も失敗してました)。


工藤ちゃんが京都へ移籍して本当に二桁得点出来るような攻撃的な選手に変身し、またジェフに戻ってきてくれることを期待しています。
まあ今季はフクアリでの対戦を楽しみに待ってます。とにかく早く怪我を治して欲しいです。

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号10 工藤浩平

マルコスさん、こんにちは。

2010年度の印象を思い返しながら2009年度の短評の自分のコメントを読み直していたら全く同じ内容でした。結局「中盤の良い選手」から「相手にとって怖い選手」になれずに終わってしまいました。

本人の資質もあって変われなかったのかもしれませんが、やはり監督が求めたサッカーに上手くフィットしなかったのでしょうね。本来長所のはずの高い技術が、攻撃の「タメを作る」のではなく攻撃の「ブレーキを踏む」方向に行っていたようにいましたし、質が高いはずのフリーランもあまり見られませんでした。

同じJ2の京都に行ったのは悔しいですが、昨年我慢してくれたことを思えば個人のステップアップのために移籍を考えたとしても仕方がありません。早く怪我を治して新チームで(ジェフ戦以外で)活躍することを願うばかりです。

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号10 工藤浩平

お世話になります。

昨年も同じ事を書きましたが、
攻撃の選手で、30試合以上も出て、2得点では駄目ですね。

そして、ジェフの迷走を最も体現した選手でしたね。

シーズン前には「10点取ります」と、過去の成績からすればあり得ない発言をしたかと思えば、
試合後のコメントで「無駄なシュートを打ってもしょうがない」という内容の発言をしたり。
勝ちきれなかった試合の後でも「やり切ったぜ」という表情で場内挨拶をしたかと思えば、
試合終了後居残ったサポーターの前で涙を流してみたり。

試合中の選択肢も、
 ・何はともあれバックパス
 ・それが出来なければ横へのパス
 ・それも無理なら前へのパス
 ・どれも駄目ならシュート
という縛りを自分に課せているかのようなプレーばかりで、
「昇格することしか考えていなかった」という言葉とプレーが全くリンクしませんでした。
(少なくとも、おいらの中では)

キャプテンとしての責任に押しつぶされてそうなったのか、
工藤選手の元々の素質なのかは分かりませんが、
消極的すぎる姿しか印象に残りませんでした。

少なくとも、相手ゴール前でフリーとなっても
ファーストチョイスが「パス」ってキャプテンを見たのは初めてです。

否定的なことばかりになってしまいましたが、
期待していた分だけ、ちょうど一年前には
「今年こそ化けてくれる」
と思って、シーズン開幕を迎えていたので、
とうにもこうにも・・・という感じでした。

京都で大化けしたら、それもそれでちょっと哀しいですけども・・・・

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:545
  • 累計のページビュー:13510847

(03月16日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss