犬の意地

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号7 佐藤勇人

このエントリーをはてなブックマークに追加

7 佐藤勇人 28歳 MF

代表歴:06日本代表
前登録チーム:京都サンガ
関連記事:佐藤勇人の意地【リーグ第35節 ギラヴァンツ北九州戦】

【2010リーグ成績】
試合数 36
出場時間 3240分
得点 5
シュート 55
アシスト 5
警告 3 退場 0

警告数を必要最小限に抑え、全試合フル出場。

アシスト数はチームトップで、昇格争いが加熱する34節、35節のゴールは劇的なものでしたし、「江尻監督をJ1に昇格させた監督にする」というヒーローインタビューでの言葉で多くのサポーターの心を打ちました。

おそらく、今季はキャプテンを務めることになるでしょうし、それに反対する声はほとんど聞かれないのではないかと思います。

シーズン中の好不調はもちろんありましたが、それでもこのクラスの選手にはレギュラー争いをさせても仕方がなく、むしろクラブとしてどう活かすかを考えるべきでしょう(年俸を考えてもベンチに置くくらいなら放出するべき、というスタンスです)。

しかし、クラブが勇人選手をトップ下での起用を考えているのであれば、ますます戦力のダボ付きが目立ってしまうのではないか、という不安があります。

谷澤選手、工藤選手、倉田選手を放出したのものの、オーロイ選手がワントップでセンターに山口選手、ファン・ゲッセル選手、そして勇人選手の3枚を並べるような形になれば、米倉選手、青木孝太選手、伊藤選手、深井選手、林選手といった面々がサイド、もしくは控えに回ることになります。

今は若手の育成は二の次としながらも、彼らに経験を積ませることは望みたいという矛盾した気持ちを抱えてしまっているので、シーズンまでにはどの兎を追うか(決して複数ではなく)をよく考えて、ドワイトの判断を支持したいと思います。

なにはともあれ、今季の勇人選手にはシーズンを通して調子を維持しながら、二桁得点を目標にプレーして欲しい。

そして、なによりもチームの顔になったのですから、ジェフをJ1に導くために先頭を切って選手を、サポーターを引っ張って下さい。

そして、今年こそは「帰ってきてくれて、本当にありがとう」と言わせて下さい。


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-75791.gif  marcos2008-75792.gif  marcos2008-91487.gif

実は今季、一番期待している選手の一人がルーキーの藤本選手だったりします。

こういう記事を見ていると、彼のようなキック精度の高い左サイドのスペシャリストがどんなプレーを見せてくれるのかが楽しみで仕方ありません。

あと、顔がなんとなくジェフっぽいと思うのです。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(09~10)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号7 佐藤勇人

>さいとさん
お世話になっております。

彼と一緒にチームを引っ張る選手が出てくれば、きっとジェフも強くなれるはず。

「勇人頼り」じゃなく、彼があくまでも主役の一人となるシーズンになれば良いなと思います。

>げるおさん
お世話になっております。

おっしゃる通り、勇人選手は『ジェフの顔』でしたね。

30節以降の「らしい」プレーはやっぱり別格ですし、今季はゴールも期待したいところです。

トップ下ですが、セカンドトップの選手を配置するものと私も考えていましたが、どうなんでしょうか。

ユナパでは孝太選手がプレーしていましたが、いまいちしっくり来ていない印象もあります。
出来れば若手の枠も残しておきたいところですがはたして。

>やっぱり巻が好きさん
お世話になっております。

勇人選手、かっこ良いですよね。私も携帯の待ち受けにしています(笑)

2011年も彼が全試合先発フル出場してくれることは、J1昇格に向けて欠かせない条件ですし、そのためにも波を少なくして欲しいです。

問題のポジションですが、センターハーフに落ち着くのか2列目での起用となるのか気になるところではありますが、どちらかにしても彼のゴールに期待することには代わりありません。

キャプテンは順当に彼になるとは思いますが、別の選択肢が用意されているならば、それはそれでワクワクします。

それでも、「ジェフの血を受け継ぐ存在」が先頭に立ってくれることを願いたいです。

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号7 佐藤勇人

マルコスさん、こんにちは。

勇人選手は見れば見るほどカッコいいですね。
34節、35節のゴールは信じられないほど劇的な2点でした。低い姿勢でグイグイと前に進む推進力は、そのままチームの推進力のバロメータになっているように思いました。

2010年を振り返っても2011年のスターティングメンバーに7番が見当たらないというのは想像しがたいですし、マルコスさんがおっしゃるようにレギュラーであるべき勇人選手ですが、11年シーズンのチームを思い浮かべる時、そのポジションはどこにあるべきなのでしょうか。

ドワイト監督(名前だけどいいでしょう)がコメントしたままでいけば4-2-3-1が基本となるわけでして、私としてはやはりダブルボランチの一角として少し低めの位置からバイタルエリアに飛び込んでいく姿やミドルシュートを打つ姿が見たいです。

キャプテンが彼になることは自然な気がします。私はそれでも良いと思います。しかし新監督がフラットに選手を見た場合別の選択肢もあるかもしれませんね。

いずれにせよ今のジェフにおいてジェフの血を受け継ぐ存在ですから、個人的にはピッチの上で常にその勇姿を見たい一人であることは間違いないです。

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号7 佐藤勇人

マルコスさん こんにちは

「勇人の出来が勝敗に直結」していた印象すらあった昨季のジェフ。本当に『ジェフの顔』でしたね。
とにかく動きを止めない、そういった選手。8割は走っている(ジョグ状態の)印象。ササッとポジションを変える動きは地味ながら感動ものです。

しかしシーズン前半はOHFとして(前目のポジションでは)良さが出ず、意識的に後ろ目になりゴールを演出してましたね。ただ個人的にはこのポジションでもっとゴールをあげて欲しかった...確かに勇人はシュートを打ってましたが、決定率が悪すぎです。惜しいシュートも多く有りましたが(ボールとの相性か?)ミドルシュートはほとんどがバーの上でしたね(練習でもあまり入ってなかったなぁ)。
ある意味(浩平にも言えますが)ここが前半戦にゴールを量産出来なかったために後半戦の迷走を招いたのではないかと思っています(まあエジさんの戦術不徹底が問題ですが)。
20節以降は勇人本来のポジションになりましたが、なかなか前に出る事が出来ずにいましたね。やっと30節ホーム水戸戦で“魅せた”激走!やはり勇人の特長は“ゴール前への飛び出し”と確信させる動きでした(34・35節の2ゴールに繋がりましたね)。

そう考えると今季も後ろ目と思うんですが...トップ下?OHF(MF)としてなら藤田・(得点力で)ヨネの方が良さそうですよねぇ...確かにOHF(センター)の人材が少ないんだけど、ST(FW)タイプでタケ・深井・孝太・(久保)といっぱいいますから。


とにかく今季は波を小さくして欲しいですね。運動量が生命線の勇人。エジさんの拘りすぎな面もあり昨季GWの連戦(後)や夏場は明らかに動きが悪く苦戦しましたから。(ここは考え方...波があってもフル出場がいいのか、多少休ませて100%に近い状態で使うのか)
あと私、勇人にキャプテン(キャプテンシーも)望んでません。年齢的にも存在(プレー)だけで十分なこともあるが、静か過ぎる...

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号7 佐藤勇人

お世話になります.

毎年のことですが,
今シーズンも,背番号7を購入しました.

おいらにとって,「ジェフの7番はムトー君」でしたが,
昨シーズンの勇人選手は「この7番はユートの番号かも」
と思わせるプレーが多くて,泣きそうでした.

他の選手よりも,苦しみも悩みもいっぱい抱えてたと思います.
それでも,誰よりも走って闘っている姿は美しかったです.

間違いなく,昨シーズンのMVPだと思いますが,
今シーズン,彼がキャプテンでは駄目だとも思うんです.

誰もが認める選手だからこそ,
キャプテンに指名されなくても,選手を引っ張っていってくれるでしょう.

彼と一緒に,チームを引っ張ってくれるキャプテンが現れてほしいです.

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:232
  • 累計のページビュー:13528253

(05月24日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss