犬の意地

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号2 坂本將貴

このエントリーをはてなブックマークに追加

2 坂本 將貴 32歳 MF

代表歴: なし
前登録チーム:アルビレックス新潟

【2010リーグ成績】
試合数 21
出場時間 1161分
得点 0
シュート 2(決定率0%)
警告 1 退場 0

昨季33試合に出場した坂本選手ですが、今季はバックアップに回ることが多く、センターバック不在が続いたベンチにあって唯一の心の拠り所でもありました。

ファンとしてはどうしても倉田選手のようなテクニカルなアタッカーに目を奪われがちですが、彼のように一年間怪我なく、どのポジションでも安心して任せられる選手は非常に貴重な存在ですし、浦和の山田選手と同様にいつまでもクラブに欠かせない選手であって欲しいところです。

左右のサイドバック、センターバックと相変わらず怪我人の穴を埋める役割をこなした坂本選手ですが、一方で彼がレギュラーでないことで、「リーダー不足」という課題もありました。

下村選手や巻選手がいないチームにあって、坂本選手もピッチにいない状況ではチームは混乱に陥りやすく、茶野選手や勇人選手といった今季新加入の選手にその役割を求めているようでは、当然チームは落ち着きません。

鎌田選手の台頭で和田選手が退団し、坂本選手にとってもレギュラー争いから始まる2011年ですが、ラスト6試合でスタメンを張った勢いそのままに、最終節で鎌田選手を何度も怒鳴りつけていた隊長らしい一喝をピッチ上で響かせて欲しいと思います。

「サポーターから遠いゴールネットを揺らす」。

そんな相変わらずな姿を、来季は再びのフル出場で見せて下さい。

2009年選手短評


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-75791.gif  marcos2008-75792.gif  marcos2008-91487.gif

来季のキャプテン、工藤選手続投や若手選手の抜擢もありでしょうが、ジェフを余り知らない新監督であれば、坂本選手にキャプテンを任せてしまうのも有りかな、と考えています。

もしくは勇人選手辺りに渡しておけば無難なのかな。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(09~10)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号2 坂本將貴

マルコスさん こんにちは

今季の隊長は“便利屋”「困ったときの隊長頼み」が際立ってしまいましたね。
与えられた仕事はしっかりやる“本物のプロ”である彼のような存在はチームとって本当にありがたいのは確かだが...


〔隊長のCB〕
ポジション的にはスピードへの対応力や圭二・翔雅の台頭もありSBのポジションを奪われたのも事実。CBもこなせる技量はあるのかも知れないが、緊急と言えども本当に適任だったのか?(本人的には試合に出られれば◎でしょうけど)
TGでもDF不足のため圭輔や亮をSBに入れ自らは(SBの教育係兼任で)CBに回らざるをえなかったわけで...これって強化部の責任も大きいのでは?


〔チームリーダー〕
『ジェフの精神的支柱』である事は百も承知だが...若手に檄を飛ばし、頼りないキャプテンも支え、控えに回ることが多くなっても声を張り上げ全力でプレーし、どんな時も先頭に立ちチームを引っ張り続けた隊長の姿。
本人もそろそろ誰かリーダーとして台頭して来て欲しいと願っているんだろうけど...消極的な選手ばかりでは無理か?


ジェフとっていちプレーヤーではないだけにまだまだ必要な存在なのは間違いないが...やはり往年の動きはない。でも動き方はさすがと思わせるところはまだ健在。(システム含め)起用方法など隊長が一番輝けるポジションはどこなのか?

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号2 坂本將貴

お世話になります。

ついに、無得点でしたね、今年の隊長。

主にバックアップをつとめていましたが、
個人的には、槍としての働きが見たかったです。
(最近は楯にばかりなっておりますが)

入団したての時はオシム爺ちゃんに毎日怒鳴られて、
晴れ舞台のナビスコ決勝ではスタメンになれず(アマル時代)、
意を決して戻ってくれば降格争いにJ2での戦い。

オールスターにも出た新潟時代が、
坂本選手が一番楽しくサッカーの出来た時代なのかもですね。

来シーズンは、隊長にとって今までで最良のシーズンだったと
そんな風に思えるシーズンにしてあげたいですね。
(ジェフでの隊長は不憫でなりませんよ・・・ほんと)

2010ジェフユナイテッド選手短評 背番号2 坂本將貴

マルコスさん、こんにちは。

今年、守備に関して安心できたのは、2番と33番の背番号をピッチ上に見た時だっただけのような気がします。

昨年のエントリーへのコメントを読み直すと大分戦で私の目の前で金崎選手にぶっちぎられた印象が余りにも強かったようですが、今年は坂本選手が入ることでDFに緊張感が生まれていたように思いました。

その上SBに入った時には意識的に上がり目に位置し、停滞気味の攻撃陣をも鼓舞していたと思います。右サイドから左右の足でアーリークロスを上げる姿やパス交換で上がっていく姿も頼もしさがありました。

FC東京降格に当たってリーダー不在という指摘がありましたが、ジェフにも同じことが言えると思います。ピッチ上の精神的支柱、これを坂本選手に求めることはいけないでしょうか。まだまだスタメンとして見たい、見せてもらいたい選手です。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:255
  • 累計のページビュー:13535298

(06月19日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss