犬の意地

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号31 青木良太

このエントリーをはてなブックマークに追加

31 青木 良太 25歳 DF 年俸 1200万円

代表歴:U-16日本代表、U-17日本代表、U-21日本代表
前登録チーム:ガンバ大阪

【2009リーグ成績】
試合数 26
出場時間 2298分
得点 0
シュート 9(決定率0.0%)
アシスト 0
警告 5 退場 0

クロス 10/52 成功率19.2%
ドリブル 13/28 成功率46.4%
空中戦 45/82 成功率54.9%
クリア 86(チーム5位)
タックル 46(チーム7位)
ブロック 78(チーム2位・リーグ8位タイ)
 

さて、いよいよオチです。これといって面白いことは言えませんが。

今季も軒並み高い数値を残している青木良太選手。

元々、三菱養和SSから市立船橋高校へ進み、市船でも1年生でレギュラーを獲得し、3年生の時には世代別代表の主力であり、全国制覇も達成している青木選手。

2001年FIFA U-17世界選手権では日本代表の背番号2(工藤選手が今と同じ10番)を付けており、プロ入り前にFC東京に強化指定選手として登録、高校卒業時には多くのオファーがある中でガンバ大阪に入団。

サッカーに関しては本当にエリートで、福元選手と同じように将来性豊かな選手なのですが、そう感じさせないポップさはやはり自身のブログの影響でしょうか(そのせいか時々、過小評価されているようにも感じます)。

それでも、やっぱり明るいキャラクターはありがたいですよね。

昨季のプレーに関しては、相変わらずミラー好みの守備に重点を置いたプレーだったように感じます。

空中戦に強く、カバーリングも出来て、テクニカルなドリブラー相手にも強さを発揮出来ていました。

逆にそういうプレーであれだけ重宝されると、意識も守備的になるでしょうが、江尻監督就任後は割と早い内から意識を切り替えて、攻撃参加も増えてきました。

本職はセンターバックであるにも関わらず、左右のサイドバックでもボランチでも攻撃的でも守備的でも違和感なくプレーすることが出来る。

この辺りの適応能力の高さが青木良太選手の最大の魅力ですが、一方でガンバ時代に色々なポジションをたらい回しにされてレギュラーに定着出来なかった要因ではないかと考えています。

どこでプレーさせても無難にプレーすることが出来るから、監督としては便利な存在に、サポーターとしては物足りない存在に映ってしまう(益山選手に関しても同じ心配をしています)。

ミラーが青木選手をベテラン扱いしていたという話を自身が語っていましたが、クレバーなプレースタイルも含めて、そういう風に見てしまう気持ちは理解出来てしまいます。

しかし、やはり本職ではないだけに青木良太選手のサイドバックに弱点も見られました。

元々スピードがある選手ではないだけに、スペースが広がった守備時はリトリートするしかなく、スピードのある相手に振り切られることもありました(太田選手なんて苦手なタイプなんじゃないでしょうか)。

同じように、スピードで突破出来るタイプではないので、サイドを崩したクロスを上げられず、今季はクロス精度も高くなかったことでアシストもなし。

結果的に終盤5試合はアレックス選手にレギュラーを奪われ、出場機会のないままシーズンを終えることになりました。

今季のジェフは左サイドバックに渡邊選手を獲得し、アレックス選手もチームに残った。

そんな中で、4日に行われた流通経済大学との練習試合で茶野選手と共にセンターバックでプレーしたことは個人的には嬉しいニュースです。

もう若手選手ではないのだから、色々なポジションで起用するのではなく本職で勝負させてあげるべきだと思いますし、ロングボールの精度や元々の守備力はミラー時代に実証済み。

ミリガン選手のバックアッパーとしてはすでに違和感がないですし、出来ればセンターバックでのレギュラー定着も目指して欲しいところ。

今季を迎えるにあたり、江尻監督が最初から青木選手のセンターバック起用を想定していたのであれば、サイドバックを多く補強したことやセンターバックの補強が少なかったことも理解出来ます。

左サイドバックにセンターバックの選手をプレーさせる時代は終わり、エリートでユニークな青木選手が本職で思い切り輝く姿を、両手を挙げる準備をして楽しみに待ちたいと思います。


【今季達成して欲しい目標】

・レギュラー定着(センターバックで)
・ホーム全試合で「良太バンザイ」


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-75791.gif  marcos2008-75792.gif  marcos2008-91487.gif

これにて選手短評シリーズ終了です。

最後まで読んで下さった方には心から感謝です。

選手個人個人にはファンもアンチもいるでしょうが、いつも暖かい反応をありがとうございました。

今季の選手たちの活躍に期待しましょう。

ところで、新加入の渡邊選手が好調のようで、北信越リーグファン(?)としては嬉しい限りだったりします。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(09~10)
タグ:
青木良太
ジェフユナイテッド千葉
国内サッカー
Jリーグ
2009シーズン選手短評

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号31 青木良太

>itiさん
コメントありがとうございます。

ありがとうございます。そして長々と待たせてしまいましたが、本当にコメントして下さったのですね!

確かに、最初に物足りないプレーをしていた選手って段々と愛着が沸いてきますよね(巻選手なんてその典型でしょうね)。

巻選手はジェフのエースに、中島選手はキングになりましたが、青木選手がジェフのネタキャラとなるが中心選手となるか、今季の活躍次第で変わってくるかも知れません。

益山選手と青木良太選手がセンターバックを組んだアジア王者との試合、後半途中までは最高でしたが、若手選手が投入された後に2失点。

評価が難しい結果となってしまいました。
それでも、またチャンスはあるはずですし、彼ら2人には結果を出して出場機会を得て欲しいです。頑張れブログ王。

>内房線在住ジェフサポさん
お世話になっております。

昨季は失点が多かっただけにセンターバックの選手や青木選手、坂本選手に批判があるのは仕方がないことかも知れません(守備ラインだけに押し付けても意味がないかもですが)。

ただ2年間レギュラーを務めたサイドバックでのプレーもまだ進化の途中だったことを考えれば、経験を重ねた今の彼がシーズンを通してセンターバックとしてどれだけ働けるのかは非常に楽しみでもあります。

バンザイの浸透度はまだ物足りませんが、今年勝利を多く挙げることでお馴染みのイベントにして欲しいですね。

>トルネコさん
コメントありがとうございます。

青木良太選手を応援していると野次られる、なんか別の方からも似たような話を聞いたことがあります。

おっしゃる通り、中盤や攻撃的な選手と比べて守備ラインの選手は、派手なプレーもないですし、「ミスはあってはならない」、「止めて当たり前」と見られることが多いために評価され辛い面があります。

ただ、逆に下村選手、青木良太選手、坂本選手といった選手の良さがわかることは、それだけサッカーをよく知っているからこそだと私は思います。

これからもそういう陽の光が当たりづらい(失礼?)選手たちを暖かくサポートして頂ければ嬉しいです。

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号31 青木良太

>やっぱり巻が好きさん
お世話になっております。

おっしゃる通り、サイドバックながらセンターバックのスペースもよく埋めていましたし、守備面での貢献度の高さからミラーが重宝したくなる気持ちもよくわかります。

おっしゃる通り、ロングボールや足元の技術はセンターバックとしては高い水準の選手だけに、守備ラインから組み立てに参加出来る貴重な存在になってくれるように感じます。

明るいキャラクターでピッチの内外でチームを引っ張ってくれることも期待したいですね。

>ちょろさん
お世話になっております。

ついに最終回です。
来年も同じ企画をやるならば、褒め言葉ばかり並ぶようなシーズンになって欲しいですね。

さて、青木良太選手は上手くバランスが取れた選手だけに、逆に深井選手や巻選手のような「わかりやすさ」はないですよね(良い面も悪い面も)。

そういう選手はもちろんバックアップメンバーにいれば便利です(大分の藤田選手のように守備的なポジションは全てこなせますしね)が、そのポジションに落ち着くにはまだ早すぎます。

やはりキャンプや練習試合で猛アピールして欲しいですし、小さくまとまるのではなく、もっともっとスケールの大きな選手に成長して欲しいですね。

さて、選手短評のコメント皆勤賞本当にありがとうございました。
さすがに全選手に対してコメント頂けるとは思っていなかった(巻選手や深井選手はあるかなーってくらいでした)ので、本当に嬉しいですし、モチベーションになってくれましたし、少し選手の気持ちがわかりました(大袈裟ですかね)。

今度はちばぎんカップで選手たちの力になって頂ければさらに嬉しいです。

10年度のオフに選手短評を書くかどうかはまったくの未定です(笑)
私も優勝の記事を書きたいですし、そうなるように頑張らなきゃですね。

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号31 青木良太

コメントのシステム移管のため、返信遅くなりました。
申し訳ありません。

>18をこよなく愛するサポさん
お世話になっております。

お久しぶりです。
拙い記事ばかりでしたが、これまでよりジェフが好きになって頂けれたならば、凄く光栄なことです。

他のサポーターから「いいチームが好きなんだね!!」って言われたら、本当に嬉しくなっちゃいますよね。
そんなチームを目指して、サポーターも盛り上げていきましょう!

私もホーム皆勤を目標に頑張ります。
最終戦と言わず、もっと前に昇格を決めましょう!

>さいとさん
お世話になっております。

これまではチームの泣き所であった左サイドバックで奮闘してくれた青木良太選手ですが、今季はいよいよ本職であるセンターバックとして、改めてレギュラー争いに励んで欲しいと思います。

3バックも楽しみですが、今日行われた試合のように益山選手と若い守備ラインを形成してくれる姿も楽しみだったりします。

ブログだけの選手ではなく、スター選手への階段を駆け登って欲しいですね!

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号31 青木良太

マルコスさん、こんばんは、
いつも拝見しています。
今回の青木良太選手、個人的に好きな選手でもあるので
楽しみにしていました。
青木選手は応援しているといつもヤジられていたような
気がします。
サイドバックというポジションの特徴もあるのでしょうが
谷澤選手や深井選手よりも不当な扱いを受けていたと思います。
個人的なえこひいきかもしれませんが、
時にミスをしましたが、埼玉スタジアムのアウェイ浦和戦
でシュートをブロックした姿には感動しました。
これからもできるだけスタメンに入ってほしいなぁと思います
そして評価が高まっていけばいいなと思います

こんな記事も読みたい

今季J1リーグ。初得点をあげるのは「ベガルタ仙台」「モンテディオ山形」「湘南ベルマーレ」「ジュビロ磐田」のスタメン選手?【FC岐阜に恋をして】

煌きのベガルタ仙台編 その2【みるみるサッカーが好きになっていく。~Jリーグ応援団突撃体験記~】

【遠藤保仁と小笠原満男のWボランチで】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:452
  • 累計のページビュー:13556099

(09月21日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss