犬の意地

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

このエントリーをはてなブックマークに追加

13 和田 拓三 28歳 DF 年俸800万円

代表歴:なし
前登録チーム:東京ヴェルディ 
関連記事:サイドバック和田拓三のゴール【天皇杯2回戦 Honda FC戦】
和田拓三に見た本職の力【リーグ第7節 浦和レッズ戦】
加入発表から考える今後のジェフの補強ポイントについて


【2009リーグ成績】
試合数 19
出場時間 1302分
得点 1
シュート 10(決定率10%)
アシスト 0
警告 4 退場 0

クロス 12/54 成功率22.2%
ドリブル 9/19 成功率47.4%
クリア 57(チーム7位)
タックル 36(チーム9位)
ブロック 36(チーム10位)

これは以前から書いていることなのですが、失敗に終わったと呼ばれがちな今季の補強において、それでも加入してくれた選手たちの個人個人が失敗だったとは考えていません。

そして、その筆頭が和田選手だったりします。

昨季は青木良太選手と坂本選手の2人で年間を通して戦っていたジェフにとって、本格的なサイドバックの加入は必要不可欠だったと思っていますし、実際に今季は彼のおかげでサイドバック不足を感じることはなかった。

ジェフが4バックで戦うのは久々ということもあり、またこれまでサイドバックを務めていた青木良太選手と坂本選手が決して本職ではないことで、和田選手の動きを見て「サイドバックってこういうポジションなのか」と勉強させられることも多かったです。

それだけに、所属クラブが3年連続で降格という嫌なジンクスを彼に与えてしまったことは残念でもあります。

さて、他のサイドバックと比べて、和田選手の良さは攻撃面、弱点は守備面でしょう。

得点、オーバーラップ、クロス、ロングスローと攻撃的なプレーに関しては充分持ち味を出してくれていた一方で、守備では対人守備でレギュラーとの差があり、ミラー時代はスタメンを奪うまでには至らず。

そういう選手は江尻監督就任後に出番を与えられることが多いのですが、逆にアレックス選手がサイドバックに入ることで出場機会がさらに限られてしまいました。

ミラー時代に「青木良太」がレギュラーであったのは守備力の差とするならば、江尻時代に「アレックス」がレギュラーであるのはポゼッションに加われるか否かでしょう。

オシム時代も重宝されていた坂本選手にしても、アレックス選手にしても、ある程度ポゼッションに参加出来る選手です。

しかし、和田選手はそういうタイプではなく、積極的なオーバーラップで味方選手から活かされる選手。

サイドバックに出し手としての働きを求められるのであれば、和田選手は来季さらに出場機会が限られるかも知れません。

ただ、練習試合などでは左(アレックス)で繋いで、右(和田・太田)を走らせるという形も試していただけに、オプションとして起用される可能性は充分にありますし、当然怪我人や出場停止選手がいる場合にも彼の出番はあるでしょう。

「攻撃の和田」、「守備の青木」、「バランスの坂本」、「ポゼッションのアレックス」・・・。

来季も彼らの激しいレギュラー争いを楽しみにしたいですし、お互いがレベルアップ出来るような環境であるならば、来季の和田選手にも期待したいところです。


【来季達成して欲しい目標】

・レギュラー奪取


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-75791.gif  marcos2008-75792.gif  marcos2008-91487.gif

今年の更新は12月30日まで。

1月3日以降のどこかで2010年の更新を再開させて頂きます。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
選手短評(09~10)
タグ:
和田拓三
ジェフユナイテッド千葉
国内サッカー
Jリーグ
サッカー
2009シーズン選手短評

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

>げるおさん
お世話になっております。

確かに攻守のバランスも大切ですし、来季何を優先するかで起用法も変わってくるかも知れませんね。

SBの新戦力も欲しいところですが、はたしてどうなるのか楽しみにしたいところです。

>セイルさん
お世話になっております。

サイドバックの本職、リーグでも少ない貴重な存在です。

ミラーとしてはその攻撃面に期待してサイドハーフ起用したでのすが、確かに余り機能はしなかった印象があります。

彼のロングスローは貴重な得点源だけに、もっと出場時間が増えてくれば嬉しいですし、池田選手や太田選手との絡みも楽しみなだけに頑張って欲しい選手です。

>しかさん
コメントありがとうございます。

オーバーラップのタイミング、ジェフサポ以外の方々も評価されているのですね。

やはりそういう選手は大切にしたいですし、うまく活かしていきたいなと思います。

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

>さいとさん
お世話になっております。

和田選手のオーバーラップのタイミングの良さ、これはジェフの選手にない魅力だと思います。

一方で、おっしゃる通り彼の能力を引き出すことは現状出来ていないですよね。

この辺り、どのように改善するのか、江尻監督の判断を楽しみにしたいところです。

>やっぱり巻が好きさん
お世話になっております。

攻め込まれることが多いチームにあって、どうしても守備でのネガティブな場面がクローズアップされやすい面がありますよね。

守備はどうしても経験によるところも大きいですし、サイドの1対1では個人の能力(スピードなりタックルのタイミングなり体の入れ方なり)がものをいうだけに、急に良くなることはないでしょうから、ともかく地道にやっていくしかないでしょう。

確かにロングスローは巻選手やネット選手がいる場面では、CK以上のチャンスメイクになっていましたよね。

>ちょろさん
お世話になっております。

和田選手に3年分の喜びを味あわせて欲しい、本当にそうですよね。

おっしゃる通り、来季の出番があるのか気になるところですが、やはりそこは本人に努力して貰うしかありません。

天皇杯、実は私は全然チェックしていないのでとやかくは言えないのですが、リーグのレベルが上がる中でジェフが他のサポーターなり特定のクラブを応援しない方にも魅力的に映るためにはどうすればいいのか。

大変な努力が必要でしょうが、色々と考えていきたいところです。

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

ヴェルディ時代に対戦したとき、いいサイドバックだなぁ、という印象がありました
ここはサイドバックがいかないと、という時にタイミングよくオーバーラップしてくる
新井場がうちに来た時にタイミングがめちゃくちゃで、ひどくがっかりした記憶があって
新井場の場合、来て欲しい時に上がれるようになるまで3年くらいかかりました
その点、和田選手などはすぐに鹿島のチームスタイルに合いそうだな、と思いました
サイドバックらしいサイドバックの方が珍しいJリーグでは、非常に貴重な選手です

2009ジェフユナイテッド選手短評 背番号13 和田拓三

毎日の更新ありがとうございます。

さて、彼については昨年いなかったサイドバックの本職と言う感じですね。

最初の登場はミラー時代にサイドハーフでの出場だったと記憶していますが余り機能しなかったような印象でした。

ですが、彼のロングスローは攻撃時の大事なオプションだったと思います。なかなか出場時間を与えてもらえずポジション争いに一歩足りないのかなぁ?って印象は残念の一言です。

来期はもう一歩進化をしてくれればと思います。
(太田などにいじられている彼はなかなか好印象です。がんばれキング タク!)

こんな記事も読みたい

噂はあれど【レアルマドリードのある生活】

危機的状況【ババンバ ヴァンクール ハァ~ 熊本】

2・0・0・9【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:245
  • 累計のページビュー:13584097

(12月14日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss