犬の意地

米倉恒貴と倉田秋の日本代表選出について

このエントリーをはてなブックマークに追加

米倉、武藤ら東アジア杯ハリル日本23人決定

共にガンバ大阪所属の米倉恒貴選手と倉田秋選手が日本代表に初選出されました。

海外組不在の状況で、彼らの選出に異を唱えるサッカーファンはもはや少ないのではないでしょうか。

どちらも昨季3冠を達成したガンバのレギュラーメンバーであり、将来性も充分感じられるプレーヤーです。
米倉選手は2007年に八千代高校からジェフに入団した地元生え抜きの選手。

2010年に江尻監督の下で12試合5得点と台頭し、翌年からはレギュラーに定着。

2013年に右サイドバックへのコンバートが成功すると、2014年にガンバ大阪へ移籍しました。
倉田選手は2010年にガンバ大阪からジェフへとレンタル移籍。

江尻監督に攻撃的なポジションを任されると、同級生である米倉選手と同じ年にジェフでプロ入り初ゴール。

その年に29試合8得点とブレイクを果たし、翌年からJ1で活躍を続けています。
米倉選手と倉田選手がコンビを組んだ2010年のジェフは、最終的に昇格を逃したものの、未来を感じる手応えもありました。

「米倉・倉田」はかつてセレッソ大阪で活躍した「香川・乾」になると思っていました。
実際に2人がJ1で活躍し、代表に選出されたことは本当に嬉しいですし、代表ユニフォームを買おうかと悩むくらいではありますが、どこか寂しさがあります。

「個人昇格」は逃れられない運命だと思いますし、選手を批判する気にはなりません。

だけど、やっぱりチームが昇格しなきゃいけないんです。
若い選手が成長できるチームになりましょう。J1で戦えるチームになりましょう。

ジェフから、日本代表選手を輩出しましょう。

遠い背中にエールを送るのではなく、力強く背中を押して日本代表に送り出せるようなクラブに、絶対になりましょうね。


marcos2008-294226.gif  marcos2008-294221.gif

4戦未勝利?プレーオフ圏外?そんなのホーム2連戦の雰囲気で吹き飛ばして、セレッソ戦に弾みをつけるのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:
日本代表
倉田秋
米倉恒貴
Jリーグ
ジェフユナイテッド市原千葉
ジェフ千葉

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2015 J2 第25節 VS水戸ホーリーホック(A)【yellow rasta note】

ザル守備王決定戦第2幕【ダブルボギーの憂鬱】

「旧国立競技場の物販とTシャツ」「夏バイト風の売り子に夢中」「ノエスタでのお買い物」~2014シーズンを振り返る・スタンドの住人達②【4thDayMarketCenter】

大野哲煥(城西国際大学)のジェフ加入について【犬の意地】

ジェフにはありあまる、反則がありあまる【リーグ第22節 ツエーゲン金沢戦】【犬の意地】

安柄俊(川崎フロンターレ)のジェフ加入について【犬の意地】

富澤清太郎(横浜F・マリノス)のジェフ加入について【犬の意地】

J1昇格へ向けて、ヤマト発進!【リーグ第21節 FC岐阜戦】【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13518850

(04月18日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss