犬の意地

ポスト内田篤人のイケメンアタッカー【リーグ第16節 ザスパクサツ群馬戦プレビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015 J2 第16節 群馬 vs 千葉(正田スタ)

共にここ4試合でわずか1勝の群馬とジェフ。

しかし、群馬は前節アウェイで首位磐田を破って連敗を脱出し、上り調子でホームに4位ジェフを迎える。

前々節に「最悪の試合」をした群馬が見せたリバウンドメンタリティを、前節「最悪の試合」をしたジェフが上回ることが出来るか。

12年から6戦無敗の相性の良さを活かして、閉塞感を打開したい。
過去の対戦成績:6勝1分3敗(アウェイ:3勝0分2敗)

前回の対戦:





■ホームゲームではゴールが遠い群馬

今季ここまで5勝2分8敗の15位と、負け越している群馬。

アウェイでは4勝1分3敗と上位のジェフと変わらない成績を残しながら、ホームでは1勝1分5敗という外弁慶。

ホームでは自分たちの力が発揮出来ていないことが彼らの問題点と言えるだろう。
今季、群馬が勝利した5試合はすべて1点差ゲームで、その半分以上はウノゼロだ。

だからこそ、群馬はホームでもしっかり守る。

ホームゲームの平均失点1.1はリーグで最も優秀である。

ホームで1点でも取れば、彼らは負けない。しかし、その1点が遠い。

今季ホームでの5敗はすべて「完封負け」。ホーム7試合で、わずか2点しか取れていない。


■クリーンシートを取り戻したいジェフ

「ホームで最も攻撃力が低いクラブ」である群馬。

ジェフとしては「専守防衛」の群馬を崩すこと以上に「点を取られないこと」が重要になりそうだ。

今季のジェフはアウェイ7試合で2失点。「アウェイで最も守備力が高いクラブ」である。
ホームで点の取れない群馬とアウェイで点を取られないジェフ。

まずはこのバランスを崩してはならない。構図が逆転すれば、つまり群馬が1点でも取れば彼らは無敗なのだ。

今季10度目となる完封に足踏みが続くジェフにとって、勝利のためにはクリーンシート達成がノルマになる。


■注目選手~ポスト内田篤人のイケメンアタッカー~

群馬の左サイドハーフ江坂任は新加入の大卒ルーキーながら、チームの攻撃を引っ張る存在になっている。

流通経済大ではインカレ得点王で優勝に貢献、運動量のあるドリブラーで両足から放たれる正確なシュートが武器。

ダニエル・ロビーニョや青木孝太が去った群馬の希望、試合当日に23歳の誕生日を迎える、才能溢れるイケメンアタッカーだ。


江坂任に続いて、先日結婚を発表した内田篤人ファンに推薦したいのは、ジェフの井出遥也

こちらもドリブルとシュートでスタジアムを沸かせるアタッカーで、今季は14試合4得点と絶賛ブレイク中。

下部組織出身のジェフの至宝、リオ五輪出場を目指す21歳の若武者。

目を付けるなら今しかない!




■求められるリバウンドメンタリティ

第14節ホーム札幌戦の試合後に群馬の服部浩紀監督は、「一番最悪なザスパらしくない戦い」と振り返り、選手たちは「切り替え」という言葉を口にしていた。

続くアウェー磐田戦、群馬は耐えるべき時間帯を最少失点でやり過ごし、2点を取って金星をあげた。

今節はここまでわずか1勝のホームゲーム、前節以上に高いモチベーションで戦うだろう。
一方のジェフは、第14節ホーム金沢戦にロスタイムの失点で勝ち点を取りこぼすと、ホーム連戦となった北九州戦では「一瞬のエアポケット」を三度起こして3失点。

何も出来なかったゲームではなかったが、試合後に関塚隆監督は「今シーズンで一番悪い出来」と振り返った。
ジェフは、群馬のように強いリバウンドメンタリティを持っているか。

それが、この試合の焦点である。

1つの敗戦、1つの失点、1つのミスで精神的に落ち込むと、プレー内容も練習効果も落ちてしまう。

調子や展開によって、思い通りにいかないことはあるが、そこでどれだけ粘れるか、逆境を跳ね返せるかがサッカーにおいて重要なテーマになる。
これまで、気持ち良くサッカーが出来れば大量得点や大型連勝を見せてきたジェフ。

一方で、失点しては下を向き、敗戦してもサポーターは優しい、甘いメンタルで5年も昇格を逃してきた。

彼らは変わることは出来るのか。

「J2から這い上がろう」という気概は残っているのか。
勝負に対する執念、苦難を跳ね返す意志、失敗や挫折を乗り越える強さ。

アウェイの地でジェフイレブンに求められるのは、華麗なサッカーではない。

繰り返した「過去」とは違う、「過去」を引きずらない、強いリバウンドメンタリティ。
勇人とパウリーニョ、2人の闘将を欠くことになるジェフ。

千葉から集まったサポーターに見せるのは、戦う姿か立ち尽くす姿か。

「今年は違う」は言葉ではなく、プレーで見せてくれ。
5/31(日)16:00 J2リーグ公式戦 群馬 - 千葉 正田醤油スタジアム群馬試合情報


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-294226.gif  marcos2008-294221.gif

江坂選手と井出選手のルックスはともかく、彼らには内田篤人選手のように日本代表や海外でも活躍する選手になって欲しいと思っています。

どちらも、その才能は充分に感じられるだけに、今後も注目してきたいですね。

また、本当は注目選手に青木良太選手や乾大知選手(乾貴哉選手のお兄さん)を挙げたかったのですが、構図的に攻撃的な選手をピックアップさせていただきました。

彼らがイケメンじゃないとかそういうことではありません。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジェフ千葉 試合プレビュー
タグ:
江坂任
関塚隆
ネイツ・ペチュニク
井出遥也
内田篤人
Jリーグ
ジェフユナイテッド市原千葉
ジェフ千葉
ザスパクサツ群馬

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ラフィの何度目かの試運転、今日こそゆりかごダンス!?(川崎戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

清水エスパルスの攻撃が上手くいかない理由と欠けているもの【猫に小判】

3分で読む【J1 第13節】レッズが1試合少ないながら独走状態。FC東京は3連敗で足踏み【高校サッカー小説「9人サッカー」 by スポーツライター・五味幹男】

Jリーグ妄想補強選手権2015~夏に会いたい10選~【犬の意地】

見たくないもの【リーグ第15節 ギラヴァンツ北九州戦】【犬の意地】

偉大なキャプテンとともに歩む【リーグ第15節 ギラヴァンツ北九州戦プレビュー】【犬の意地】

ゴラッソからのサンドバック化、戦国J2の混沌は続く【リーグ第14節 ツエーゲン金沢戦】【犬の意地】

クラブの歴史を作ったゴールデンコンビの再会【リーグ第14節 ツエーゲン金沢戦プレビュー】【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:227
  • 累計のページビュー:13527806

(05月22日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss