犬の意地

Jリーグ妄想補強選手権2015~夏に会いたい10選~

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年Jリーグ、夏の移籍期間はまだ先ですが、そろそろ各クラブがオファーを出し始めている頃でしょうか。

補強の話は嫌な顔をされることも多いのですが、「こんな選手が欲しい」と好き勝手話すことがサポーターの楽しみの一つであることは否定出来ません。

お金がない、若手育成の邪魔になる、フィットしない・・・そんな当たり前の反論はあって然るべきですが、アイデアを次々出すブレイン・ストーミングを続ける中で、本当に必要なものは何かが見えてくることだってあります。
そんなわけで、今回はご批判を覚悟でこんな選手が来てくれたら良いんじゃないか、という話をジェフ限定で進めていきます。

読んでいて気分が悪くなりそう、という方は「チーバくんマップ」でも見て癒されてください。

それでは、夏に会いたい選手を10名ピックアップしたいと思います。




■FW ウェリントン(元湘南) 27歳

J2:38試合20得点(2014年)

昨季は湘南のJ2優勝に貢献し、現在フリーとなったことで去就が注目されている。 正確なポストプレーに高さと強さ、守備力まで兼ね揃えており、どこかの財布からウェリントンマネーが飛び出せば、プレーオフ常連のジェフも自動昇格候補に挙げられるのではないか。


■FW キリノ(元札幌、湘南、甲府) 30歳

J2:48試合19得点(2009年)、17試合7得点(2012年)

ウェリントン以上の守備力を持ち、なおかつアジア枠(東ティモール国籍取得)。 スピードと高さで12年に湘南のJ1昇格に貢献したが、昨季は甲府が半年のブランクというリスクを承知で獲得するも7試合ノーゴールでリリースされた。 かつての爆発力が戻るなら、手を伸ばしたい選手だが。


■FW クレオ(元柏) 29歳

J1:27試合9得点(2013年)

レッドスター出身で、柏では天皇杯やACLを合わせて公式戦14ゴール。 現在はブラジルのアトレチコ・パラナエンセでプレー。 かつて柏から日本国内への移籍を希望するも中国クラブとの契約中であり断念した。 185センチの高さと足元の上手さ、プレーエリアの広さが特長で、守備力も高い。 ペチュニクと重なる部分もあるが、元々ペチュニクが2人欲しいようなチーム状況だけに手が届くお値段であることを願いたい選手。


■FW 宮市亮(FCトゥウェンテ) 22歳

「宮市・関塚」はロンドンでは交わらなかった。 それでも、スピードあるプレーはカウンタースタイルにマッチしており、森本選手を復活させている関塚監督との再会を望みたい。 期待したい役割は川崎時代のジュニーニョ、ジェフの戦力ではJ2よりもJ1の方が輝くか。


■FW 鄭大世(元川崎) 31歳

J1:29試合14得点(2008年)

現在ACLを戦っており、昇格を決めた暁には関塚監督に声をかけて欲しい選手。 フクアリで強烈なヒールを演じたのはは彼と大久保嘉人選手くらい。 溢れるパワーで「球際の強さ」を最大限発揮出来ると共に、個人で圧力をかけられるストライカー。 ただ、彼の場合は対戦相手にいてくれた方が盛り上がりそう。また敵ゴール裏サポーターを煽って欲しい。


■FW ジョシュア・ケネディ(元名古屋) 32歳

J1:31試合19得点(2011年)

開幕前はセンターバックやトップ下を熱望していたのに、今は前線の選手を希望するのだから、補強を焦るとろくな事はない。 母国に戻った194センチの2年連続Jリーグ得点王。 突き動かすには高いモチベーションを与える何かが必要だろうが、もう一度Jリーグで見たい選手であることは間違いない。


■FW 藤田 祥史(湘南) 32歳

J2:36試合15得点(2012年)

色々な意味で賛否はあるだろうし、あのタイミングで出て行ったからにはJ1で成功して欲しいが、09年~11年までのリプレイになる前に相性の良かったクラブで腰を落ち着かせてみるのも良いのでは。 彼は「這い上がろう」とするほど力を発揮するタイプに見える。


■FW ウーゴ・アルメイダ(FCクバン・クラスノダール) 31歳

191センチの長身・左利き・シュート力・ポストプレーとジェフが欲しい要素が詰まったターゲットマン。 ポルトガル代表としてブラジルワールドカップにも出場。今年1月にロシアに移籍したが、サカダイJリーグ移籍注目銘柄に挙げられた大物ストライカー。 手が出るのなら、そりゃ出して欲しい。


■FW ニコラ・ジギッチ(フリー) 34歳

今月、イングランド2部のバーミンガム・シティから退団することが決定した元セルビア代表FW。 得点王経験もある元レッドスターのエースで、202センチの「セルビアン・タワー」。 ジェフとしては、「オーロイ獲得」が間違っていなかったことの証明にもなるのでは。 できれば、町田選手とセットで見たい。


■FW ディミタール・ベルバトフ(ASモナコ) 34歳

個人的に大好きな選手です。

レバークーゼン時代はポンテやフランサと「デンジャラス・トライアングル」を形成、マンチェスターユナイテッドではプレミアリーグ得点王と優勝に貢献した「ブルガリアの英雄」。
189センチの高さと抜群のテクニックで、攻撃に必要な要素を全て兼ね揃え、今年2月にはCLでアーセナルを撃破する芸術的な決勝点を決めた。 昨年5月に1年間の契約延長、ファルカオ選手が復帰するため退団濃厚との噂だが、「妄想」補強選手権の王者。



雑感

結論としては、今のジェフには「ターゲットマンタイプのストライカー」が欲しいのだと、気付くことができました。

昨季最多得点のケンペス選手を放出した穴埋めが出来ておらず、終盤のパワープレー要員が不在。

クロス精度が高い選手がいてもそれに合わせられないだけに、空いたままの10番には「ハイタワー」タイプの選手を補強ポイントに挙げたいです。
リーグを戦う上で、自分たちのやりたいことが上手くいかないこともあります。

そんな時に、多少の不利を跳ね返して勝ち点をもぎ取れる「個」の力を望みたくなりますし、それこそが「ストライカー」の存在意義なんだと思います。

森本選手の復活、オナイウ選手の成長、鈴木隆行選手の逆襲を期待しながら、夏の移籍を楽しく見守りたいと思います。
本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-294226.gif  marcos2008-294221.gif

柏にストイチコフが来るのだから、千葉にベルバトフが来たって良いじゃない!

昔の「アンリ・ベルカンプ」のように、「オナイウ・ベルバトフ」が輝くかも知れませんよ。

ルックスも性格もプレーも良い、2015年ジェフの新外国人トリオをずっと語り継いでいきたいのです。

ところで、ジャイール選手はどうなりましたか?

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考察
タグ:
ディミタール・ベルバトフ
ウーゴ・アルメイダ
ジェフ千葉
ジェフユナイテッド市原千葉
Jリーグ
ニコラ・ジギッチ
クレオ
宮市亮
関塚隆
鄭大世

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

浮上のきっかけがみえた水戸戦の勝利【千葉から送るサンガ愛】

のどかな街なのに、いろんなところにサッカーがあった【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

DO! レッズVS鹿島 結果~【浦和レッズファンのブログ~Do My Best!~】

見たくないもの【リーグ第15節 ギラヴァンツ北九州戦】【犬の意地】

偉大なキャプテンとともに歩む【リーグ第15節 ギラヴァンツ北九州戦プレビュー】【犬の意地】

ゴラッソからのサンドバック化、戦国J2の混沌は続く【リーグ第14節 ツエーゲン金沢戦】【犬の意地】

クラブの歴史を作ったゴールデンコンビの再会【リーグ第14節 ツエーゲン金沢戦プレビュー】【犬の意地】

クリーンシートの申し子、高木駿【リーグ第13節 カマタマーレ讃岐戦】【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:171
  • 累計のページビュー:13549274

(08月20日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss