犬の意地

皮は切らすが肉切れず【リーグ第12節 東京ヴェルディ戦】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015 J2 第12節 東京V vs 千葉(駒沢陸上)

前半 0-0 後半 0-0

合計 0-0
【得点者】 なし
【警告】 佐藤 健太郎② 中村 太亮③ 大岩 一貴① 谷澤 達也④(次節出場停止)
プレビュー:中後雅喜とパウリーニョ、タイプの異なる2人の王様【リーグ第12節 東京ヴェルディ戦プレビュー】





■今日のスタメン


井出選手と田中選手が入れ替え、それ以外は前節から変化なし。

今季のジェフはこの11人+森本選手、勇人選手、井出選手が主軸で、バックアップに北爪選手とオナイウ選手。

日程を考えればターンオーバーとしたいところですが、層の薄さにより難しいというのが現状でしょうか。


■狙われた左サイド

中2日、13時キックオフのアウェイゲーム。

首都圏での戦いなので、影響が少ないことを願いましたが、やはりジェフの選手たちは疲労していましたね。

ヴェルディのシュート12本に対して、ジェフは6本とダブルスコア(ジェフのシュート4本は両サイドバック)。

ロングカウンターからペチュニク選手を狙うも質は低く、ペチュニク選手もジャッジや周囲との連携で苛立つシーンが目立ちました。
ヴェルディは、ストライカーのアラン・ピニェイロ選手ではなく、163センチのドリブラー杉本竜士選手が今季2度目の先発出場。

ターゲットはもちろんジェフの攻撃の起点であり、守備の弱点でもある中村太亮選手。

プレスのきつい中央を避け、ジェフの左サイドから攻めることで、中村選手だけでなく同サイドにいた健太郎選手、大岩選手と揃って警告を受けてしまいました。


■皮は切らすが肉切れず

途中までは退場者+失点も覚悟していましたが、それでも終盤はジェフが攻勢に。

この辺り、ズルズルと反撃の手もなく試合終了となっていた過去のジェフとは違いますね。頼もしさがあります。

怪我の森本選手が不在で、疲労の強いペチュニク選手が交代となったものの、厚みのある攻撃が出来ていましたね。
しかし、残念ながらゴールネットは揺らせずにスコアレスドロー。

ジェフが尻上がりに調子を上げたことで、決定機は同数くらいでしょうか、どちらも決め切れなかった印象です。

もっと言うと、どちらも疲れてしまっていましたね。試合を決めるだけのパワーは残っていませんでした。

まだ連戦は続きますが、美味しいお肉でも食べて、GWラストマッチを戦い抜いて欲しいと思います。


■選手短評

21 高木 駿・・・ビッグセーブもあり、育ててくれたクラブを完封。ただ、1度キャッチミスをしてからはヴェルディサポーターのターゲットにされる


13 金井 貢史・・・後半は右サイドハーフでもプレー、終盤にはなんだかFWのようになっていた。良い意味でも悪い意味でもらしさが出てきた?

20 キム ヒョヌン・・・相手が「点を取る」ことより「チャンスメイク」に注力したことで、負担は軽かったか

2  大岩 一貴・・・今季8度目のクリーンシート。初の警告。杉本竜士にしてやられ、カバーに入った健太郎がイエローを貰うシーンも

17 中村 太亮・・・とにかく彼に守備をさせるというのが、対戦する全てのクラブが狙うこと。跳ね返して違いを生み出せ


16  佐藤 健太郎・・・大岩と中村のフォローも含め、流石の黒子っぷり。勇人が戻ってきても勝負できる

5  パウリーニョ・・・さすがに「別格感」があった。高い守備力が自陣ではなく、敵陣で炸裂した時の興奮がクセになる

14 町田 也真人・・・後半早々に交代となり、その後チームが盛り返したことで立場が怪しくなった。連戦明けには森本復帰も予想されるだけに正念場

6  田中 佑昌・・・前節のゴールでレギュラー復帰、疲労の蓄積がないからか、一人元気だった印象

8  谷澤 達也・・・狙い済ましたイエローカードゲット。これで連戦・遠征を回避。彼がファウルを貰う際のサポーターのリアクションが上達している気がする


11 ネイツ・ペチュニク・・・ワントップとして体を張り続ける。休ませたいが欠かせない。相手のバックパスを奪った決定機は決めたかった

26 井出 遥也・・・途中投入、得意のドリブルで良い流れをチームにもたらした。ジョーカー適正有り?

4  北爪 健吾・・・右サイドバックで出場も、金井との連携悪く、パウリーニョにフォローされるシーンが目立った

19 オナイウ 阿道・・・終盤に投入も決定機を逃し、ボールロストも目立つ。安定を求めるには厳しい年齢だが


監督 関塚 隆・・・今季3度目の無得点試合で3位後退、大宮や福岡が迫ってきた。ハイプレスがハマらず、ロングカウンターは怖さがなかった。とはいえ悲観する内容でもなかったので、コンディション調整に注力を。得点数・失点数共にリーグ2位。このバランスがジェフの特徴になるか


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-294226.gif  marcos2008-294221.gif

首都圏バトル4の前半戦は2勝1分と無敗。「じゃない4の頂点に・・・」と言うとあまり喜べませんが。

讃岐戦のプレビューは明日更新予定です。

GW明けですが、お時間ありましたらどうぞご覧ください。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジェフ千葉 観戦記(2015)
タグ:
中村太亮
キム・ヒョヌン
関塚隆
ネイツ・ペチュニク
谷澤達也
パウリーニョ
Jリーグ
ジェフユナイテッド市原千葉
ジェフ千葉

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

皮は切らすが肉切れず【リーグ第12節 東京ヴェルディ戦】

お世話になっております。

駒沢での観戦、私は鳥のフンが直撃するというアクシデントで、ヴェルディくんを恨むと共にアウェイの厳しさを再確認しました。

選手が走れなくても、守備陣が頑張ってくれるので大崩れしないチームになりましたが、ペチュニク選手に蹴るだけのサッカーではちょっと厳しいです。

イエローが多いことは不安材料ですね。谷澤選手がすでに1試合休みましたが、中村選手にペチュニク選手と主力に累積が溜まっています。

バックアップメンバー、特に若い選手たちの台頭に期待します。

皮は切らすが肉切れず【リーグ第12節 東京ヴェルディ戦】

お世話になります.

久々にサッカー観戦で駒沢へ行きましたが,
首がめちゃめちゃ日焼けして,ヒリヒリします(笑
なんか懐かしいな,屋根の無い競技場での観戦.
(久しくアウェイ観戦に行けていないので....)

選手の足が
ガクッと動かなくなった中で,
センターバックとキーパーがよく頑張ったなと.

イエローが凄い多くて,
夏場に向けて,
この戦術で
ホントに大丈夫かな~と
ちょっと不安が...

バックアップメンバーの成長に期待しないとね.
(だからちゃんと決めてね,阿道ちゃん.....)

こんな記事も読みたい

J1 仙台 vs 東京 ユアテックスタジアム訪問記【こちらスタジアム情報局】

ゴールデンウィークは終了したが、徳島のゴール出んウィークはいつまで続く【青と緑の誇り】

福岡4-1群馬【吉塚FC日記+】

中後雅喜とパウリーニョ、タイプの異なる2人の王様【リーグ第12節 東京ヴェルディ戦プレビュー】【犬の意地】

日本代表へ羽ばたけ、中村太亮【リーグ第11節 横浜FC戦】【犬の意地】

育成のプロフェッショナル、関塚隆とミロシュ・ルス【リーグ第11節 横浜FC戦プレビュー】【犬の意地】

最後まで諦めない、巻誠一郎のように【リーグ第10節 ロアッソ熊本戦】【犬の意地】

ゴールに見放された両者、救世主は新戦力か若き未来か【リーグ第10節 ロアッソ熊本戦プレビュー】【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:219
  • 累計のページビュー:13584315

(12月15日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss