犬の意地

日本代表へ羽ばたけ、中村太亮【リーグ第11節 横浜FC戦】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015 J2 第11節 千葉 vs 横浜(フクアリ)

前半 1-0 後半 2-0

合計 3-0
【得点者】 17’ 金井 貢史③(アシスト:中村 太亮③) 53’ 中村 太亮① 90+2’ 田中 佑昌①
【警告】 田中 佑昌① 中村 太亮②
プレビュー:育成のプロフェッショナル、関塚隆とミロシュ・ルス【リーグ第11節 横浜FC戦プレビュー】





■今日のスタメン


田中選手と井出選手が入れ替え、それ以外は前節から変化なし。

ベンチにDF登録の選手が3枚入っていますが、田代選手は今季もセンターハーフという扱いになりそうですね。


■[前半]セットプレーで先制、得意の形に持ち込む

昇格を狙う上でホームゲームの連敗は許されないジェフ。

イーブンな展開から、前半16分に右サイドで金井選手のスローインを受けた谷澤選手が相手選手の股を抜いて中の井出選手にパス。

井出選手のクロスは相手にブロックされてコーナーキックとなります。
セットプレーのチャンスにキッカーは中村太亮選手。

キックの瞬間、あれれ?金井選手にマークが付いていないよ!

大外、ドフリーの金井選手がダイビングヘッドで合わせてジェフが先制点。

横浜FCは今季の失点の半数がセットプレーからでしたが、「先行逃げ切り」のジェフとしては得意の形で戦える展開になりました。
金井選手はこれで今季3得点目、ペチュニク選手に次いでチーム2位タイの得点数です。

ヘディングに自信がある選手ですが、相手選手はどうしても長身選手を厳しくマークしなければならないギャップを上手く付いていますね。

この試合フル出場で出場時間が過去3年で最多となり、目指すのは出場数・得点数共にキャリアハイの数字です。


■[後半]日本代表へ羽ばたけ、中村太亮

後半6分、GKからのキックを受けた最前線の谷澤選手がキープ&ドリブル突破。

さらに町田選手とのワンツーで裏へ抜け出そうとしたところで倒れる。

もちろん、狙いはゴールではなく、前半すでに警告を受けている市村篤司選手。

200試合以上に出場する経験豊富な彼でも、演技派・谷澤にしてやられて、「反スポーツ的行為」により後半開始早々に退場処分となりました。
「ヤザワの日」だったこともあり、前半から左サイドからチャンスメイクが出来ていたジェフ。

しかし、「ジェフの左」はチームのストロングポイントではありますが、守備ではチームの弱点でもあります。

特にどの監督もキーマンに挙げる「中村太亮」は、相手クラブの守備陣が最も注意すべき選手である一方、攻撃陣が最もターゲットにすべき存在です。

それでも中村選手が主力として活躍を続けるのは、スペシャルな左足を持っているからこそ。
後半8分、直前の谷澤選手が奪い取った退場+FKのチャンスに、キッカーは中村選手。

左足から繰り出されたボールは、190センチ台の壁がジャンプしても届かない高さから、鋭く落ちてゴールイン。

丁寧に壁を作った相手GKの南選手が1歩も動けない、完璧なキックでした。
中村選手はこれが今季初得点。ホームサポーターの目の前で、スペシャルな左足を見せてくれました。

関塚監督は「(中村は)我々のストロングポイント。でも成長するにはもっと攻守にわたってできることがある」報知)と褒めたり突き放したりですが、リーグナンバーワンサイドバックにまだ伸びしろがあることは間違いありません。

現在25歳でビルドアップ・ドリブル・クロスの精度が秀でており、13年は2得点7アシスト、14年は4得点10アシスト。

今季は目標である7得点14アシストを達成し、さらにクラブを昇格させて、日本代表という高みへと羽ばたいて欲しい逸材です。



■[後半]逃げきるのではなく、勝ちきる

2点目と数的優位、この時点でほぼ試合が決まったこともあり、ジェフはペチュニク選手を温存し、19歳オナイウ選手の育成へ。

磐田やセレッソ、大宮とは違ってジェフはリーグ戦でターンオーバーをするほどの戦力的な余裕はありません。

後半26分には井出選手、同39分には町田選手に代えて、田中選手と田代選手を投入して守備力を向上。

順当にクローズを目指す采配に見えましたが、ジェフが狙っていたのは「逃げ切るサッカー」ではなく、「勝ち切るサッカー」でした。
後半ロスタイム、右サイドからのスローインから前線でオナイウ選手がボールを納められずに相手に奪われると、すぐさまチェイング。

ここは相手にマークをはがされ、ボールを繋がれますが、直後のバックパスに田代選手が鋭く反応。

トラップが乱れたところにプレスをかけて、ボールを奪うとフリーのオナイウ選手にボールが渡り、左足のシュート。

相手GKがなんとか弾くも、田中選手が左足で詰めて、交代カード3枚だけで追加点を決めました。
田中選手は今季初得点。なんと2013年11月の栃木戦以来のゴールとなりました。

今季はスタメンとして、シックスマンとして、ジョーカーとして層の薄いクラブの救世主になってくれています。

また、ゴールの起点となった田代選手は、勇人選手がいない間に良いアピールが出来たのではないでしょうか。
ジェフは前節に続いて、点差を付けてのクリーンシート達成。

相手が退場者を出したものの、連戦を考えて、ハイテンションなサッカーよりも試合のテンポを落とす展開になりました。

育てながら、例え不恰好でも勝ちきる。

今季のジェフはそんな戦いを続けていくのでしょう。


■選手短評

21 高木 駿・・・失点の少なさはリーグ2位タイ。上にはリーグ首位の金沢のみ。「僕はジェフの選手」という言葉が泣ける


13 金井 貢史・・・忍者金井くん。時計が止まっていても豊富な運動量でフリーに。スタジアムで見て楽しい選手であることを認識

20 キム ヒョヌン・・・注目の大久保哲哉とのエアバトルを完封。次の相手は百戦錬磨の平本一樹か、バイシクルゴールのアラン・ピニェイロか

2  大岩 一貴・・・今季7度目のクリーンシート。今季まだ無警告。試合中から体調不良の印象だったのが気掛かり

17 中村 太亮・・・MVPで「俺たちジェフ」。スプリント力のあるスナイパーという特異性で代表にアピール


16  佐藤 健太郎・・・同じ山形から移籍のレフティだが、相変わらず中村太亮の陰に隠れながら重要タスクを担う

5  パウリーニョ・・・広範囲のインターセプトから痺れるサイドチェンジ。シーズンの4分の1を全試合フル出場。このまま、最終節まで

14 町田 也真人・・・開始直後にヒールでダイレクトのスルーパスが出せる才能。森本が復帰したら?ペチュニクをサイドに追いやれ

26 井出 遥也・・・シュート0本、今季10試合出場でフル出場は1試合だけ。悪くないが、立ち位置的に結果が求められる

8  谷澤 達也・・・得点がないことを悩んでいるようだが、替えが効かない。中村とは前後の関係だけでなく、彼の見せ場となるFKゲッターとしても名コンビ


11 ネイツ・ペチュニク・・・本来ならやはり中盤の選手。ワントップとしても収まるが、ちょっと良さが消えている印象

19  オナイウ 阿道・・・ボールが収まらず、守備力も落ちる。レギュラーとしては考えづらい。補強のあるポジション、いつまでも勉強させては貰えない

6  田中 佑昌・・・短い時間でも結果を出し続ける新社会人の見本。ようやくゴールが決まったので、ここから量産を

3  田代 真一・・・パスセンスに体のサイズ、持っているものが良いだけに早くレギュラーとして地位を確立したいが、まずはコツコツと


監督 関塚 隆・・・2連連続の快勝で得点数はリーグトップタイ。川崎時代のように守備でリズムを作って両サイドバックがゴールを決めるチームに。他の上位クラブが苦しむ連戦で勝ち点と得失点差を稼ぐ。ここまではコンディションコーチも含めてスタッフの良さが出ている


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-294226.gif  marcos2008-294221.gif

首都圏バトル4に連勝、東京V戦のプレビューは明日更新予定です。

GW中ですが、お時間ありましたらどうぞご覧ください。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジェフ千葉 観戦記(2015)
タグ:
中村太亮
キム・ヒョヌン
関塚隆
ネイツ・ペチュニク
谷澤達也
パウリーニョ
Jリーグ
ジェフユナイテッド市原千葉
ジェフ千葉

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

日本代表へ羽ばたけ、中村太亮【リーグ第11節 横浜FC戦】

お世話になっております。

本当に森本選手はいつ復帰できるのでしょうね。
スタジアムには姿を見せているので、外からチームを見て、ペチュニク選手やオナイウ選手に足りない部分を持ち帰って欲しいです。

日本代表へ羽ばたけ、中村太亮【リーグ第11節 横浜FC戦】

お世話になっております。

GW、良い気持ちで過ごさせて貰っています。

両翼がちゃんと頼りになるのだから、やはり見ていて楽しいですね。
本当にいつ以来でしょうか・・・深井・谷澤コンビは好きでしたが。

3点目、クラブとしては阿道選手に決めて欲しかったですし、そもそも外した後に集中を切っているのは喝です。

同じく、2点目の直後に選手が緩んでしまったことも反省ですね。

背番号10、補強がマスコットだけだったことを思い出しました(笑)

日本代表へ羽ばたけ、中村太亮【リーグ第11節 横浜FC戦】

2連勝おめでとうございます。
弊は、複雑でございます。森本選手不在で、2連勝とは・・・いつ復帰するんでしょうかねぇ( ̄^ ̄)ゞ

日本代表へ羽ばたけ、中村太亮【リーグ第11節 横浜FC戦】

お世話になります.

たくさんのサポーターの前で
しっかり勝ち切れましたね.

両方のサイドバックが武器になるシーズンなんて
本当に久しぶりですね.
(右だけとか・・・・左だけとか,そんなシーズンが長かったような・・・・)

「まさかサイドバックの2得点で勝つのか」
と思ったら,田中選手が駄目押しをしてくれました.
攻撃陣も負けてらんないよね,そりゃ.
(でも,今年もDFの得点が多いですね)

阿道選手,決めきって欲しかったですけど,
まぁ,次ね.

中盤のパウリーニョ主将,サトケンさん,ユート,
ヤザーなど,選手の個性がうまくかみ合ってきましたか.


今年の背番号10が
サトミキさんとは,ビックリな補強で(笑

こんな記事も読みたい

溌剌と円熟のコラボレーション ~清水戦レビュー~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

DO! レッズVSガンバ大阪 結果~【浦和レッズファンのブログ~Do My Best!~】

【侍青の風】多摩川クラシコ、その看板に偽りなしの熱戦!【サムライブルーの風】

育成のプロフェッショナル、関塚隆とミロシュ・ルス【リーグ第11節 横浜FC戦プレビュー】【犬の意地】

最後まで諦めない、巻誠一郎のように【リーグ第10節 ロアッソ熊本戦】【犬の意地】

ゴールに見放された両者、救世主は新戦力か若き未来か【リーグ第10節 ロアッソ熊本戦プレビュー】【犬の意地】

逆転のジェフを取り戻せ【リーグ第9節 ジュビロ磐田戦】【犬の意地】

死闘~ジェフ千葉×ジュビロ磐田【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13543070

(07月22日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss