犬の意地

両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。

オフシーズンのまとめも兼ねて、恒例のポジション別整理をしてみます。

昨季のストロングポイントであるサイドアタック、その両翼を失ったジェフ。

昨季のオフは「現状維持」と呼べるでしょうが、今季は戦力ダウンが予想されるだけに、続投の鈴木監督のサッカーがより浸透し、横綱相撲が出来なくてもメンタルが落ちないクラブへと成長したいですね。

そんなわけで、昨季と同じ4-5-1のシステムで「ポゼッション重視」、「サイドアタック」、「前線からのプレッシング」を目指すメンバーを考えてみましょう。

クラブが「現状維持」どころか「戦力ダウン」ならば、昨季からの「上積み」を感じさせてくれる若手の台頭にも期待ですよ。


過去記事
2013年:2013年ジェフのレギュラー争いを考える
鈴木淳のサッカーから来季のジェフの陣容を考える その1
鈴木淳のサッカーから来季のジェフの陣容を考える 完結編
お中元の季節に夏の補強を考える
2012年:木山隆之のサッカーから今季のジェフの陣容を考える
2011年:セフ・フェルホーセンのサッカーから来季のジェフを考える
2010年:ビエルサのサッカーから今季のジェフの陣容を考える
2009年:加入発表から考える今後のジェフの補強ポイントについて

marcos2008-456578.jpg





■レギュラー候補を考えよう ~ゴールキーパー~

ゴールキーパー:
在籍:岡本 昌弘(31)、碓井 健平(27)
加入:高木 駿(25)
退団:櫛野 亮(35)、、大久保 択生(25)
※年齢は2014年中のもの。在籍は本日時点での予想。

昨季オフは佐藤慎之介選手、そして今オフは大久保選手がV・ファーレン長崎に移籍。

レンタルで同年代の高木選手を補充し年齢バランスは整えましたが、肝心の若い選手の獲得は今のところありません。

新人を狙っていたという話も聞きましたが、まあそう簡単にはいかないのでしょう。

ともあれ、GKについては岡本選手を絶対にキープする必要がありますし、彼の後釜問題についても考える必要があります。

1年で帰る気満々な高木選手にそれを期待するわけでもないでしょうから、今季はアマチュアのGKを注視していきたいですね。


■レギュラー候補を考えよう ~センターバック~

センターバック:
在籍:山口 智(36)、竹内 彬(31)、キム ヒョヌン(23)、栗山 直樹(24)
加入:田代 真一(26)
退団:青木 良太(30)


青木良太選手と契約を更新せず、田代選手を完全移籍で獲得。

ちょうどベテランと若手の間に収まる年齢バランス、また選手の個性を考えても非常に良い補強だと考えます。

町田時代にランコ・ポポヴィッチやオズワルド・アルディレスの下で2年で70試合以上に出場。

ポゼッションサッカーはもうお手の物でしょうし、実際にキックの技術があって、身長もある。

マリノスでは中澤選手と栗原選手ががっちりとレギュラーの座を掴んでいるため、J2ではありますが出場機会のありそうなジェフへの移籍は良い判断かと思います。

もちろん、ベテラン2人も簡単にはポジションを譲らないでしょうし、若いキム選手と栗山選手もいるので、ここの争いは素直に楽しみです。

ちょっと前までは手薄だったのになぁ、センターバック。


■レギュラー候補を考えよう ~サイドバック~

右サイドバック:
在籍:大岩 一貴(25)
加入:天野 貴史(28)
退団:米倉 恒貴(26)

6得点13アシストの米倉選手の穴が易々と埋まるはずもなく、レンタルで補充したのは米倉選手よりも年長の天野選手。

2010年にブレイクして中西永輔さんも付けたマリノスの背番号2を手にしましたが、そこからは怪我もあって低迷中で個人的にはバックアップの印象が強くなっています。

それでもクロスの良い選手ということで、昨季22得点のケンペス選手の得点力をキープしてくれることを期待したいところです。

その一方で守備力や高さを考えるとファーストチョイスにしたいのは大岩選手です。

センターバックも出来るのでベンチ入りはするでしょうが、それは昨季までの仕事として今季はもう1つ上を目指して欲しいと思います。

もっと言うと生え抜きの選手をベンチの置物にして、レンタルの選手ばかりに頼っていてはいつまでも強くならないでしょう。


左サイドバック:
加入:中村 太亮(25)、(山中 亮輔(21))
退団:高橋 峻希(24)、渡邊 圭二(29)、藤本 修司(26)

最も大きく入れ替わったポジション。

峻希選手が抜けてしまいましたが、元々レンタルの選手なので仕方ない。

米倉選手だってガンバ(や浦和)から話が来たら、例えJ1にいたっていつまでも引き止められるものじゃない。

よし、切り替えましょう。

獲得したのは中村選手と山中選手。

逆サイドにサイズのない天野選手が入るようであれば、ファーストチョイスは中村選手でしょう。

昇格争いのライバルとなる山形からレギュラー引き抜きに成功しましたね。

182センチの長身で、昨季はJ2で38試合2得点7アシスト。

クロス数はチームトップでドリブルやパスなど攻撃的な数値もチーム上位。

そもそも山形は昨季ジェフに次ぐリーグ4位のポゼッション率でしたし、クロスからのゴールもリーグ3位タイ(ジェフは2位)。

峻希選手と違って左サイドバックが本職と言えそうですから、慣らし運転も不要なので、まさにピンズドな補強ですね。


■レギュラー候補を考えよう ~センターハーフ~

センターハーフ:
在籍:佐藤 健太郎(30)、山口 慶(31)、佐藤 勇人(32)、佐藤 祥(20)
加入:新外国人??
退団:伊藤 大介(26)

西部謙司WEBマガジンのインタビュー記事を見ると、クラブは点を取れるセンターハーフ獲得を望んでいるようなので、まずはその選手の質がクラブ成績を左右することになりそうです。

近年、センターハーフからの得点が少なすぎますから、この考え方には賛成ですし、メンタル的に落ち込みやすいチームに活を入れてくれるような存在を望みたいと思います。

新外国人選手が攻撃的なのであれば、相方には佐藤健太郎選手でしょうか。

昨季もファーストチョイスでしたし、評価を落とす要因も見当たりません。

しかし、そうなると同じような年齢の選手がダボついているようにも見えてしまいますので、勇人選手や山口慶選手にはまたコンバートも求められる可能性がありそうです。

伊藤選手が抜けたことでプレースキッカーの担当者も気になりますね。

あとは若い選手をもう1人くらいは加えたいところです。

仲村京雅選手待ち?


■レギュラー候補を考えよう ~右サイドハーフ~

右サイドハーフ
在籍:兵働 昭弘(32)
加入:山中 亮輔(21)

本来のファーストチョイスは当然兵働選手でしょう。

古典的な10番として、まだまだ魅力はたっぷりです。

そんな兵働選手を押しのける可能性がある選手は、唯一山中選手だけでしょう。

高校時代から世代別代表で高校1年生でトップ2種登録の天才肌。

突破のスピードがあって良いキックを持っている選手で、兵働選手とは違い、現代的なアタッカー。

まだ90分持つ体力はないでしょうし、あのサイズと守備力ではサイドバックは任せられないと考えて、サイドハーフでの抜擢を。

ジャイール選手が抜けたことで、左利きの若いアタッカー不在のチームですから、ジョーカーとしても出場機会はあるでしょうが、オリンピック日本代表や柏でレギュラーを取る気ならば、兵働選手は超えなければならないはず。

才能という意味ではそれこそ倉田選手以来なので、来季の楽しみの1つですね。

彼の名を呼ぶ時にはこっそり、「俺たちの」を付けるようにしましょう。


■レギュラー候補を考えよう ~トップ下~

トップ下
在籍:町田 也真人(25)、大塚 翔平(24)、ナム スンウ(22)

若手の争いでとにかく楽しみです。

少しでも浮かれるようであればすぐにでも取りかえられます。

中でも生え抜きの町田選手は一本立ちしなければならない時期を迎えています。

工藤選手や伊藤選手に見ていた夢の続きを、是非とも見させてくださいね。


■レギュラー候補を考えよう ~左サイドハーフ~
左サイドハーフ:
在籍:田中 佑昌(28)、谷澤 達也(30)、深井 正樹(34)、井出 遥也(20)
退団:ジャイール(25)

タナカとヤザワの争いが続きそうです。

ここでは、後ろの中村選手の守備力の弱さを考えて、田中選手をファーストチョイスとしました。

どちらも実力者で不満も不安もありませんし、井出選手がそろそろ出番を掴んでくれるのではないかという楽しみもあります。

隔年で活躍する印象がある深井選手の復権もあるでしょう。

監督が続投で面子も変更がないので、大崩れはないだろうと楽観視しているポジションです。

ただ、やはり理想としてはケルンへの入団が決まった長澤和輝選手が欲しかったというのが本音です(ああいう藤田俊哉みたいなタイプが見たかった)。

ちなみに左右を入れ替えているのは私の好みです(自分で決めなさい、という意思もあります)。


■レギュラー候補を考えよう ~センターフォワード~

センターフォワード:
在籍:森本 貴幸(26)、ケンペス(31)
加入:戸島 章(23)、オナイウ 阿道(19)
退団:久保 裕一(26)

ラストです。ここまで長かったですね。

ファーストチョイスは体調万全の森本選手にしました(背番号11も渡しちゃいましょう)。

両翼をもがれたジェフに求められるのは、ケンペス選手の高さよりもアタッカーを活かす森本選手と私は考えます。

山中選手や町田選手を活かすためにも、ワンツーの起点になれることや裏へ抜け出す技術を優先しました。

そもそも、ワールドカップ日本代表を目指す選手がJ2に残るのかはわかりませんが、それを目指すならここでレギュラーを取らずにどうするのか、ということで。

新加入はオナイウ選手はまだまだ若いですが、彼がフクアリで見られるようなら、それだけでも楽しみが増えてしまいます。

ナイジェリア人のサッカー選手だったお父さんと日本人でバレーボール選手だったお母さんってロマンの塊じゃないですか。

久保選手の放出は残念ではありますが、それでも戸島選手が帰ってきてくれて再び18番を背負うでしょうから、数少なくなった降格後の生え抜き新人の大成を夢見たいと思います。

ケンペス選手はさらりと2年連続得点王でお願いします。


そんなわけで、あれこれと考えてみました。

これからジェフがどんなチームになっていくのかを楽しみに、ちばぎんカップの日を待ちたいと思います。


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

marcos2008-294226.gif  marcos2008-294221.gif  marcos2008-294248.gif

今季は20台半ばの中堅世代が多く抜けました。

このままベテランばかりのクラブになるのか、もしくは20代前半の若手たちが台頭するクラブになるのか。

もちろんベテランに頑張って欲しい気持ちはありますが、望むのは後者なのです。

若い力で勝つジェフが見たいですし、それを支えるベテランであって欲しいのです。


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジェフ千葉 エトセトラ
タグ:
森本貴幸
山中亮輔
戸島章
鈴木淳
Jリーグ
国内サッカー
ジェフユナイテッド千葉
ジェフ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える

お世話になります.

今シーズン,監督がどのようなサッカーを
どのようなスタメンを組むのかが
全く解りません・・・・

個人的には,若い選手をどんどん使って欲しいですけどね.
勝ち負け関係なく,育成に大きく舵を切って良いと思うんですよ.
(ここ数年の傭兵中年軍団から脱却しましょうよ)

両翼をもがれた・・・確かにそうですが,
でも,尾翼ですからね.(サイドバックですからね)
主翼じゃないですよね.(サイドバックですからね)
主翼は誰だったんでしょ(サイドバックですかね?)

両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える

今のところ、ジェフは相当新戦力獲得に苦労しているみたいですね。

個人的には、CBの組み合わせはキム&田代で良いと思います。あとSBには大岩を起用してもらいたいですね。

あと2列目にナム、加えて町田をフォローできる新外国人ボランチは是非ほしいですね。

やっぱりFWにも外国人がほしいですね。森本に期待したいですが、去年ずっと低調だった彼に期待し過ぎは危険に思えます。

両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える

すみません。谷澤が抜けてました。

谷澤は
OH町田(兵働・谷澤)
で考えています。

両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える

こんにちは。

今現在のメンバーならスリーバックが最適の様な気がします。
この監督はスリーバックの経験無し(意地でやらんのか?知らんけど。)なんでまぁやらんでしょうけどね。

マリノスからの移籍組は過度の期待はしていません。当たったら儲け物程度に考えておかない危険です。重度の怪我持ちの選手とスピード&判断が遅い選手ですからね。

一番期待しているのは中村選手ですかね。スリーバックの左ウイングバックなんて完全に彼向きのポジションでしょ。
山中選手はボランチ向きかな?と見てます。

GKは福岡大学の大森選手を獲得でいいのでは?藤嶋選手の影に隠れながらも九州選抜に選ばれたこともある選手なんでいいと思いますよ。それとも強化指定で早稲田大学の松澤選手にいくのか?強化指定をフル活用して専修大学の北爪選手を使う考えが有ってもいいと思います。試合に使ってジェフのサッカーに慣れてもらい、且つ卒業して直ぐにA契約。更に貢献してくれればジェフにも北爪選手にもいい関係が作れると思いますしね。

自分の希望は、3ー4ー2ー1
GK 岡本(碓井・高木)
DF 大岩(竹内)
DF キム(竹内)
DF 健太郎(田代・栗山)
RWB佑昌(天野・勇人)
LWB中村(井出)
DH 智(慶・祥)
DH 山中(ナム・健太郎)
OH 町田(兵働)
OH 大塚(ナム・深井・阿道)
TP 森本(ケンペス・戸島)

まず?と思うことは健太郎のポジションだと思います。残念ながら昨シーズンの出来ならボランチは厳しいと思います。完全に相手チームから狙われてましたからね。左バックにすることで本人に前への意識をもっと持って欲しいと。ミドルパスのセンスは有るのでそれを発揮するにはここがいいのかな?
次に智のボランチですかね。やはりスピードとスタミナを考えると厳しいことは百も承知です。極端な話、60分持ってくれればいいです。高い位置からフリーキックの選択肢にもなり得るので考えの一つとしてもいいのでは? 広島の森崎和幸の様な役割(最終ラインのカバー)を担って繰れればOKかなと思います。

まあ監督がどう思っているのか分からないであくまでも理想です。

こんな記事も読みたい

2013年:J2:30節:A:VS京都サンガF.C.(試合記録)【蹴鞠談議2】

「札幌・小野伸二」がもたらす効果は?【コンサとともに、世界へ。】

2013年:J2:29節:H:VS東京V(試合記録)【蹴鞠談議2】

2014年はどうなる?ー明けおめ【ジェフだ!千葉だ!ジェフ千葉だ!!】

未来あるクラブとなるために【犬の意地】

2013ジェフユナイテッド選手短評 背番号8 伊藤大介【犬の意地】

2013ジェフユナイテッド選手短評 背番号7 佐藤勇人【犬の意地】

2013ジェフユナイテッド選手短評 背番号6 田中佑昌【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconmarcos2008

管理人:マルコス
連絡先:jef.marcos2008◎gmail.com

当ブログはリンクフリーです。
本文引用は出典の記載をお願いします。
  • 昨日のページビュー:219
  • 累計のページビュー:13584315

(12月15日現在)

関連サイト:@jef_marcos2008

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015ドラフト有望選手ランキング トップ30【2015年プロ野球ドラフト会議展望】
  2. 巻誠一郎を追い払ったジェフのサポーター団体について
  3. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~セリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  4. ドラフト有望選手ランキング トップ50【2014プロ野球ドラフト会議予想】
  5. 両翼をもがれた2014年のメンバー構成を考える
  6. フクアリが、安全なスタジアムであるように【更新停止します】
  7. 2015年各球団のドラフト1位を予想する~パリーグ編~【プロ野球ドラフト会議】
  8. 300%アンチ柏タオマフの騒動について
  9. J1リーグ各クラブの経営状況を考える【2013年度Jクラブ経営情報】
  10. 2014年ドラフト会議を予想する【2014プロ野球ドラフト会議】

月別アーカイブ

2015
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss