情熱的氷滑芸術

ロシア大会(ロステレコム杯,グランプリシリーズ第1戦)プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 例年のロシア大会は,シリーズ中盤のややホッとする時期の開催でしたが,今シーズンはシリーズ開幕戦となりました。五輪シーズンの初戦というだけでも注目度が高いですが,いきなり絶対王者&女王をはじめ素晴らしいメンバーが集結しました。

◆男子シングル

 初戦から 羽生結弦 選手と ネイサン・チェン 選手(米)の直接対決が実現するとあって,あおりたく気持ちはよくわかりますが,おそらくハイレベルな点数は出ないでしょう。2人ともシリーズ2戦目が自国の大会なので,そこでは自国の観客に良い演技を魅せようと気合いを入れてくるでしょうから,ロシア大会がそこに向けた調整の場になるのはやむを得ません。私は,羽生 選手に関しては,FS(Free Skating,フリースケーティング)で4回転ジャンプ5本が(転倒しても出来栄えが悪くても)入るかどうか,チェン 選手に関しては,FSで4回転ジャンプの GOE(Grade Of Execution,出来栄え点)が全てプラス評価にできるかどうかに注目したいと思います。

 チェン 選手は,シニア初年度の昨季,シーズン序盤からスタートダッシュをかけ,世界選手権で息切れしましたが,シーズン当初からアピールしなければならない立場だったので,これはやむを得ないこと。今季はその反省から,ロシア大会で全力を出すことはまずないでしょう。でも逆の見方をすれば,そのような状況で高得点を出せれば,本当に 羽生 選手を脅かす存在になってきます。スコアでの注目点は,チェン 選手の PCS(Program Component Score,演技構成点)。FSで87点以上,あるいは 羽生 選手と5点差以内になれば,いよいよ 羽生 選手の真の対抗馬と考えていいと思います。でも,前哨戦の滑りを見る限り,ここまでは到達しないと私は予想します。

 そんな2人の間に割って入ろうと狙っているのが コリヤダ 選手(ロシア)。自国の大会で気分が乗っているでしょうし,4Lz(4回転ルッツジャンプ)の出来栄えが素晴らしければ,2人の演技の出来次第では割って入る可能性があります。私は コリヤダ 選手のクールでいてコミカルな雰囲気が大好きなので,初戦で波乱を起こしてくれないかなと密かに期待しています。

 あと,若手では ヴァシリエフス 選手(ラトビア)に期待。コーチがかつての名選手 ランビエール 氏で,その滑りは正に ランビエール 流という雰囲気に満ちています。

 田中刑事 選手,ケガ欠場は残念…。次が2週間後の中国大会というのも運がないですね。焦らずに…と言われても,五輪シーズンのケガで焦らないなんて無理。事実上,全日本選手権一発勝負になりますので,それまでのメンタルコントロールが問われることになりそうです。

◆女子シングル

 自国大会に出場する絶対女王 メドベージェワ 選手(ロシア)。FSのプログラムを変更するというニュースが出ていますが,いったいどうなるでしょうか。おそらく,昨季か一昨季のプログラムを再演するのではないかと私は予想しています。個人的には一昨季のプログラムの方が好きで,それを現在の彼女がどう滑るのかを観てみたいところです。このFSの出来が,一番の注目点になるでしょうね。した影響がどう出るかと思われましたが,ジャパン・オープンを観る限り仕上がりは良さそうです。ただ,新プログラム「アンナ・カレーニナ」は,個人的には過去2シーズンと比べ物足りなさを感じています。グランプリシリーズに入りどこまで完成度を上げられるのかが見どころです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ご指摘ありがとうございます

⇒ HO太 さん
 メドベージェワ 選手の新プロがあの「アンナ・カレーニナ」だったんですね。ジャパン・オープンの後で記事が出たことや,テレビ放送や他の記事で 新プロ=アンナ・カレーニナ と報じている所に出くわさなかったことで,「アンナ・カレーニナ」が不本意だったのかな?と勘違いしてしまいました。確かに,新プロに関する情報が全然出てこなかったので,少し調べればわかったかもしれませんね。発信する側として,情報が正しいことは大前提でなければなりません。今後,肝に銘じて,正しい情報の発信に努めたいと思います。

ロシア大会(ロステレコム杯,グランプリシリーズ第1戦)プレビュー

連続コメント失礼します。
メドベージェワ選手のフリーは、もう変更した新プログラムがジャパンオープンで披露されましたよ。
曲は映画「アンナ・カレーニナ」からだそうです。
https://youtu.be/rzLNz93DQOM

変更前のフリーは、オンドレイ・ネペラトロフィーで滑ったこちらのプログラム。
https://youtu.be/RKkRUWGCq_U

やっぱり、ドラマチックなほうが得意なのかな?
こちらの記事によると、今季はこれに決めた模様。
https://jp.sputniknews.com/sport/201710104166969/

こんな記事も読みたい

グランプリシリーズ展望【スポーツ雑誌風】【情熱的氷滑芸術】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対明大戦1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

フィギュアスケート Road To 平昌 ボーヤン・ジン アダム・リッポン 坂本花織 長洲未来【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconmakk

スポナビブログ終了後は,下記関連サイトに挙げた個人ブログ「マイクを持てば酔っぱらい」にて引き続き書いていきます。平昌五輪のフィギュアスケート男子シングル日本勢1&2フィニッシュを予想している私ですが,果たして本当にそんなすごいことが起きるのか? 2月まで熱く盛り上がりたいと思います。また,個人ブログはソチ五輪から4年間書き続けており,スポナビブログ参入前の記事もございます。ソチ五輪から今までを振り返る際にご覧いただけたら嬉しいです。
  • 昨日のページビュー:290
  • 累計のページビュー:592475

(01月15日現在)

関連サイト:マイクを持てば酔っぱらい

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 宇野昌磨:昨季の驚異的な活躍と,今季の華麗なる賭け
  2. 女子シングル2枠代表選考を振り返る 【スポーツ雑誌風】
  3. 涙の全日本選手権
  4. グランプリシリーズ主要選手出場大会一覧(シングル)
  5. グランプリシリーズ スコアランキング 女子シングル編
  6. なぜ平昌五輪の女子は2枠なのか? 五輪でベストな演技をするには?
  7. 羽生結弦 順調,樋口新葉 詰め甘し 【ロシア大会感想】
  8. 五輪2連覇ほぼ手中にした 羽生結弦
  9. ロシア大会(ロステレコム杯,グランプリシリーズ第1戦)プレビュー
  10. 【SP終えて】どうなる?女子シングル五輪代表2枠

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss