フィギュアスケートと,体操と,サッカーと

平昌五輪シングル日本代表決定までの道のり

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィギュアスケートの平昌五輪の代表がどのように決まるかについて,スポナビブログ読者なら熟知されている方も多いとは思いますが,今シーズンの観戦における大事なポイントだと思いますので,私なりに整理してみたいと思います。

 9月は各選手の演技を観る機会がありましたが,それはあくまで前哨戦でした。10月のグランプリシリーズからいよいよ本格的な戦いがスタートします。平昌五輪までの主要大会のスケジュールを下図に示します。

平昌五輪までの大会スケジュール

 四大陸選手権は,時間軸を考えると五輪代表選手は回避すると思いますので,カッコ書きとしました。もうあと4ヶ月半で平昌五輪を迎えるなんて,あっという間ですね。

 グランプリシリーズは,6週連続で毎週末,世界各地で開催される計6回の大会の総称です。有名選手はこのうち2回に出場し,シングル男女各々成績上位者6名のみがグランプリファイナルに出場できます。成績上位とは出場大会の順位の合計が小さい順であり,例年は合計6(1位&5位,2位&4位,3位を2回)以下ならほぼ出場できます。グランプリファイナルは,男子は 羽生結弦 選手がソチ五輪のシーズンから4連覇中,女子は メドベージェワ 選手(ロシア)がシニア1年目から2連覇中であり,絶対王者・絶対女王と呼ばれる2人が無類の強さを誇っています。

 グランプリファイナルは,過去に日本の主力選手が数多く出場したので,出場はさほど難しくないかのように感じてしまいますが,けしてそうではありません。シングル女子では,宮原知子 選手が2年連続出場中ですが,昨季活躍した 三原舞依 選手や 樋口新葉 選手でさえ,グランプリファイナルには出場できませんでした。グランプリファイナルに出場することは,シーズン前半に世界のトップ6に入ることを意味しており,一流スケーターの証と言えるでしょう。後述でも触れますが,日本の代表選考においてもグランプリファイナルは重視されています。

 言わば,グランプリシリーズはグランプリファイナルの予選のようなものです。予選2戦で好成績を上げ,本選に相当するグランプリファイナルに進むのは誰か。これが10~12月の観戦のポイントになると思います。

 そのグランプリファイナルからわずか2週間後に全日本選手権があります。グランプリファイナルに出場する選手は特に,コンディション調整が過酷だろうなぁと毎年思います。全日本選手権は全選手にとって重要な大会であり,五輪の最終選考会でもありますので,緊張感はものすごいものがあると思います。特にシングル女子は,出場枠が2枠ということもあり,壮絶な戦いになることが予想されます。

 さて,平昌五輪代表の選考基準を改めて確認してみましょう。

  ① 全日本選手権の優勝者   ② 全日本選手権2位・3位   ③ グランプリファイナル出場者上位2名   ④ ワールドスタンディング上位3名   ⑤ シーズンワールドランキング上位3名   ⑥ シーズンベストスコア上位3名

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re: 平昌五輪シングル日本代表決定までの道のり

⇒ HO太 さん

丁寧な補足をいただき,ありがとうございます。できるだけ簡潔に伝えようと思い,ポイントの話や同点時の判定は割愛しました。ハイレベルな争いになるのか,それとも多くの選手が表彰台に乗ってファイナル進出ラインが下がるのか,今シーズンは全く読めませんね。

グランプリシリーズに関しては,他にもいろいろ見どころがありそうなので,シリーズ開催が近づいたら,さらに細かい観戦ポイントを書きたいと思っています。

HO太 さんがお書きのように,選手の皆さんには,ケガなく,ピーキングを考えつつ,悔いなく演じてほしいですね。

平昌五輪シングル日本代表決定までの道のり

こんにちは。
最終予選(ネーベルホルン杯)で各国の出場枠が確定し、いよいよオリンピックに向けてシーズンがスタートしましたね。
日本男子と女子に関しては、グランプリシリーズはとても重要ですね。ファイナル進出できれば五輪代表に大きく前進ですし、できなくても世界トップと戦ってどのくらい差があるか、プログラムがジャッジにどんな評価を受けるか、見極めることができます。
代表争いという点でも、ライバルたちの状況を見て全日本に臨む作戦が立てられます。男子なら4回転をどこに何本入れるか、女子なら3回転+3回転をどこに使うか等。

ファイナル進出条件ですが・・・
〉成績上位とは出場大会の順位の合計が小さい順であり,例年は合計6(1位&5位,2位&4位,3位を2回)以下ならほぼ出場できます。

一言でまとめればそんな感じですが、規則にそう書いてあるわけではないので^^;
各大会の順位に応じてポイントが与えられます。1位15点、2位13点、3位11点、4位9点、5位7点、6位5点、7位4点、8位3点。その合計ポイント上位6人が進出です。
ポイント数で並んだ場合は、最高順位が上のほうが上とします。1位&4位と2位&3位はどちらも24ポイントですが、1位&4位のほうが上になります。
最高順位でも並んだ場合は、2大会のスコア合計が大きいほうが上です。
順位合計が6以下、つまり22ポイントは大体進出の目安ではありますが、2位&3位の24ポイントでも進出できなかったケースもあります。同ポイントで並んでスコアで決まることもあるので、第5戦あたりから「xx点以上なら大丈夫?」といった計算もしながら観戦になりますね。

選手たちには、グランプリシリーズでいい演技を見せてほしいのと同時に、怪我をしないように、全日本に向けて調子を上げていってほしいです!(今からドキドキしちゃいますね)

こんな記事も読みたい

五輪シーズン初戦 雑感【専らフィギュアスケート】

ネーベルホルン杯展望【だいたいフィギュアスケート、ときどきその他】

女子「2枠」を独断と偏見で考えてみる【観るの大好き♪】

ブロガープロフィール

profile-iconmakk

スポーツ観戦を皆さんと共に楽しむためにスポナビブログに参画いたしました。ブログをご覧になる方はスポーツに詳しい方が多いと思いますが,私のブログは,最近スポーツを観始めた方がさらに楽しんで観てもらう一助になるような内容にしたいと思っています。詳しい方にはやや冗長な内容もあるかと思いますが,いろんなレベルの方の鑑賞に耐えるブログをめざして書いていこうと思います。
  • 昨日のページビュー:9881
  • 累計のページビュー:122867

(10月20日現在)

関連サイト:マイクを持てば酔っぱらい

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 宇野昌磨:昨季の驚異的な活躍と,今季の華麗なる賭け
  2. グランプリシリーズ主要選手出場大会一覧(シングル)
  3. 五輪2連覇ほぼ手中にした 羽生結弦
  4. なぜ平昌五輪の女子は2枠なのか? 五輪でベストな演技をするには?
  5. 平昌五輪シングル日本代表決定までの道のり
  6. グランプリシリーズ展望【スポーツ雑誌風】
  7. ロシア大会(ロステレコム杯,グランプリシリーズ第1戦)プレビュー
  8. 白井健三 の舞台度胸に驚嘆

月別アーカイブ

2017
10
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss