情熱的氷滑芸術

【FS終えて】どうなる?女子シングル五輪代表2枠

このエントリーをはてなブックマークに追加

 まさか,フィギュアスケート全日本選手権・女子シングルのFS(Free Skating,フリースケーティング)が終わってもこのタイトルでブログ記事を書くことになるとは思いませんでした。重要選考対象者は,全日本選手権2位の 坂本花織 選手と同4位の 樋口新葉 選手で間違いないでしょう。前回のブログの予想どおり 坂本 選手が2位に入ったことで,代表選考のドラマが生まれることになります。私の中では,2人とも平昌五輪に出場してほしい気持ちでいっぱいなので,代表選考のポイントが何なのかを,私の心の中の 坂本 支持派と 樋口 支持派があたかも討論しているかのような感じで書いてみようと思います。

坂本 支持派(以下S):全日本2位といってもただの2位じゃない。SP(Short Program,ショートプログラム)1位かつ最終滑走という強烈なプレッシャーの中,ノーミスどころか GOE(Grade Of Execution,出来栄え点)もかなり高い演技をして,トータルスコア210点を超えた 坂本 選手を代表に選ばなかったら,全日本選手権って何なの?って思われるよ。

樋口 支持派(以下H):坂本 選手の成績は見事だけど,樋口 選手だって極限の緊張の中でほぼ207点って素晴らしいと思う。

S:坂本 選手は,SP,FS両方とも 樋口 選手より上位で,6.55点もの差を付けた。樋口 選手の実力なら表彰台を逃すことがあり得ないし,下位にしてもせめて3点差以内の僅差に迫ってほしかった。

H:ノープレッシャーでジュニアの 紀平梨花 選手が3位に飛び込んじゃっただけで,樋口 選手は実質的には表彰台相当だ。今シーズン,樋口 選手はグランプリシリーズ2戦で表彰台に上り,グランプリファイナルにも出場したんだ。これだけ頑張ってきて,それでも全日本選手権でこれだけの成績だったってことは考慮してほしいな。代表選考基準の指標になっている「世界ランキング(ワールドスタンディング)」「今季のランキング」「今季のベストスコア」は,全て 樋口 選手が 坂本 選手を上回っているんだし。

S:世界ランキングは過去3年分のポイントだから,昨季にシニアデビューした 樋口 選手の方が上位になるのは当然。今季のランキングは 樋口:5位,坂本:7位だけど,ポイントは 1102 対 1091 で11ポイントの僅差。今季のベストスコアは,樋口:217点,坂本:210点 だけど,樋口 選手のスコアはシーズン前哨戦のロンバルディア杯で出したもので,その後今季はこのスコアを超えられていない。

H:でもこの217点は メドベージェワ,ザギトワ の両ロシア選手に次ぐ今シーズンベスト3のスコアだよ。このポテンシャルは評価されていい。

S:樋口 選手の実力は大いに認めるけど,それならグランプリファイナルか全日本選手権でこのレベルのスコアを出してほしかった。全日本選手権で 坂本 選手が213点を出したけど,日本は他の国みたいに自国の選手権でスコアを盛るようなことはしないので,この点数を国際大会で出すことは十分可能。それに,ジャンプの回転不足があったし GOE も伸びる余地があって,あと5点くらい上乗せ可能だから,坂本 選手も 樋口 選手に匹敵するポテンシャルがあると言えるよ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

『僕は』宮原と樋口だと思います。【観戦のすゝめ】

緊急投稿:フィギュアスケート Road To 平昌 スケ連は坂本花織を選ぶ勇気があるだろうか【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

女子ジャンプ ピョンチャン五輪・メダル争いに異状あり!? 高梨沙羅、伊藤有希のライバルは!?【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconmakk

スポナビブログ終了後は,下記関連サイトに挙げた個人ブログ「マイクを持てば酔っぱらい」にて引き続き書いていきます。平昌五輪のフィギュアスケート男子シングル日本勢1&2フィニッシュを予想している私ですが,果たして本当にそんなすごいことが起きるのか? 2月まで熱く盛り上がりたいと思います。また,個人ブログはソチ五輪から4年間書き続けており,スポナビブログ参入前の記事もございます。ソチ五輪から今までを振り返る際にご覧いただけたら嬉しいです。
  • 昨日のページビュー:290
  • 累計のページビュー:592475

(01月15日現在)

関連サイト:マイクを持てば酔っぱらい

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 宇野昌磨:昨季の驚異的な活躍と,今季の華麗なる賭け
  2. 女子シングル2枠代表選考を振り返る 【スポーツ雑誌風】
  3. 涙の全日本選手権
  4. グランプリシリーズ主要選手出場大会一覧(シングル)
  5. グランプリシリーズ スコアランキング 女子シングル編
  6. なぜ平昌五輪の女子は2枠なのか? 五輪でベストな演技をするには?
  7. 羽生結弦 順調,樋口新葉 詰め甘し 【ロシア大会感想】
  8. 五輪2連覇ほぼ手中にした 羽生結弦
  9. ロシア大会(ロステレコム杯,グランプリシリーズ第1戦)プレビュー
  10. 【SP終えて】どうなる?女子シングル五輪代表2枠

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss